轟悠 受賞歴

轟悠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/29 23:31 UTC 版)

受賞歴

脚注

[脚注の使い方]

参考文献

  • 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡りつづけて(舞台編)』 阪急コミュニケーションズ、2014年。ISBN 978-4-484-14600-3
  • 『TAKARAZUKA REVUE 2016/轟悠ステージヒストリー』 宝塚クリエイティブアーツ、2016年、46-47頁。ISBN 978-4-908135-73-6
  • 『轟悠 舞台写真集/轟悠の軌跡 全舞台年表 1985-2021』 宝塚クリエイティブアーツ、2021年、140-159頁。ISBN 978-4-86649-162-2
  • 『星組公演 婆娑羅の玄孫 プログラム/轟悠ステージヒストリー』 宝塚クリエイティブアーツ、2021年。

外部リンク


出典

  1. ^ a b c 『宝塚おとめ 2021年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2021年、7頁。ISBN 978-4-86649-158-5
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 人吉球磨アンバサダーズ インタビュー::轟悠 宝塚歌劇団 人吉球磨地方復興支援プロジェクト。
  3. ^ a b c d e f g h i j 宝塚歌劇 轟悠、小池修一郎氏が特別顧問に就任 現役生徒では2人目 デイリースポーツ。
  4. ^ a b c d e f g h i 宝塚歌劇団 轟悠と小池修一郎氏が特別顧問就任 スポニチAnnex。
  5. ^ a b c d e f g h i j k 轟悠と小池修一郎氏が宝塚理事を退任、特別顧問に 日刊スポーツ。
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n o “宝塚・轟悠が退団会見「自分の心に素直に従う」と理由を語る”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2021年3月18日). https://hochi.news/articles/20210318-OHT1T50076.html 2021年3月20日閲覧。 
  7. ^ a b c d e f 轟悠が宝塚退団会見「自然に」「正直な気持ち」 日刊スポーツ。
  8. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p ラヴィック役で芸術祭賞優秀賞/専科轟悠(2):タカラジェンヌ夢の軌跡 ENAK。
  9. ^ a b c d e f g h i j k l m n “男役の教科書”轟悠、宝塚退団会見 決断は突然「気持ちが心に下りてきて」 スポニチAnnex。
  10. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as at au av aw ax ay az ba bb bc bd be bf bg bh bi bj bk bl bm bn bo bp bq br bs bt bu bv bw bx by bz ca cb cc cd ce cf cg ch ci cj ck cl cm cn co cp cq cr cs ct cu cv cw cx cy cz da db dc dd de df dg dh 『TAKARAZUKA REVUE 2016/轟悠ステージヒストリー』 宝塚クリエイティブアーツ、2016年、46 - 47頁。ISBN 978-4-908135-73-6
  11. ^ a b “男役のお手本”轟悠ラスト舞台初日 未来担う後輩へ「立派になれよ」 日刊スポーツ。
  12. ^ a b 宝塚専科・轟悠の主演作「シラノ―」大阪で開幕「応援してくださる方々から逆にエネルギーをいただく形」 スポーツ報知。

注釈

  1. ^ 8/28〜9/19のみ。
  2. ^ 6/10〜20のみ。






固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「轟悠」の関連用語

轟悠のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



轟悠のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの轟悠 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS