無政府共産主義 無政府共産主義の概要

無政府共産主義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/01 10:28 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

元来「anarchy」は「不当な支配者(archon)・支配階級(hier-archy)の無い(an-)状況」を意味し、これを「無政府」と訳すと問題になることがある。 anarchism は govern (統治)そのものを非難しない。 anarchy における govern が人民の直接民主制で決定された政策を遂行するということであれば、人民直属の遂行組織は government(政府)と呼ばれても不合理ではない。すると、その anarchy 系の government で異なるのは、人民直属であるという点。一方の、諸国について一般に呼ぶ government というものは、「民主主義」とされているものでも、実際には人民直属ではなく、当選した政治家達は人民から独立し、独自の意思決定によって上意下達で人民を統治する組織としての government を形成する。それとは別の government の在り方を anarchist communism は提唱するといえる。

資本主義と国家という上意下達の権威制の廃止、および「能力に応じて働き、必要に応じて受け取る」という共産制、それを目指すのは、マルクス主義と同じである。異なるのは、共産制達成までの過程における国家の役割の解釈。マルクシズム派が革命中における労働者層による国家の「乗っ取り」と以降の緩やかな消滅を求めるのに対し、アナキズム派は革命同時の国家解体を求める。

無政府共産主義の暴動無政府主義(en:Insurrectionary anarchism)などの潮流は、エゴイスト無政府主義利己主義的な無政府主義)であり、無政府共産主義を個人自由の実現のための最良の社会システムだとする[5][6][7]急進的個人主義的無政府主義に強い影響を受けている。多くの無政府共産主義者は無政府共産主義によって、個人と社会の相反する両者の溝が埋まると捉えている[8][9][10]

無政府共産主義は、フランス革命後の急進的な社会主義者の傾向から生み出された[11][12]が、第一インターナショナルイタリア支部で初めて思想として確立された[13]ピョートル・クロポトキンの論理的考察は、後に労働組合肯定派と暴動無政府主義者の分裂時に重要な意味を持った[14]

これまでの歴史上、最も知られている「無政府共産主義社会」、現在無政府共産主義と呼ばれる思想に基づいていて、世界中の注目を集め、無政府共産主義の歴史的な解釈をつくった社会の例は、スペイン内戦勃発で起きたスペイン革命中のアナキストが実権を握った地域と、ロシア革命中、ネストル・マフノが指導したマフノ運動のウクライナ革命反乱軍の影響下にあった自由地区である。スペイン革命中のスペインのアナキストの指導と尽力で1936年から、アラゴンと、アンダルシアとレバンテの一部を支配し、アナキスト・カタルーニャ(en:Anarchist Catalonia)を守ってきたが、フランコ政権ナチス・ドイツイタリア王国ソ連から支援されたスペイン共産党による抑圧といった複合的脅威と、資本主義諸国やスペイン共和国政府からの経済・軍事的な制裁措置によって容赦なく滅ぼされた。ロシア革命中には、ネストル・マフノをはじめとするアナキストは、1919年から1921年赤軍よって滅ぼされるまで、ウクライナ革命反乱軍を使って、フリー・テリトリーをつくり、守ろうとした。




  1. ^ From Politics Past to Politics Future: An Integrated Analysis of Current and Emergent Paradigms Alan James Mayne Published 1999 Greenwood Publishing Group 316 pages ISBN 0-275-96151-6. Books.google.com. (1999年). ISBN 9780275961510. http://books.google.com/?id=6MkTz6Rq7wUC&pg=PA131&dq=Communist+anarchism+belives+in+collective+ownership 2010年9月20日閲覧。 
  2. ^ Anarchism for Know-It-Alls By Know-It-Alls For Know-It-Alls, For Know-It-Alls Published by Filiquarian Publishing, LLC., 2008 ISBN 1-59986-218-2, 9781599862187 72 pages. Books.google.com. (2008-01). ISBN 9781599862187. http://books.google.com/?id=jeiudz5sBV4C&pg=PA14&dq=Communist+anarchism+believes+in+common+ownership#PPA13,M1 2010年9月20日閲覧。 
  3. ^ Fabbri, Luigi. "Anarchism and Communism." Northeastern Anarchist #4. 1922. 13 October 2002. http://dwardmac.pitzer.edu/anarchist_archives/worldwidemovements/fabbrianarandcom.html
  4. ^ Makhno, Mett, Arshinov, Valevski, Linski (Dielo Trouda). "The Organizational Platform of the Libertarian Communists". 1926. Constructive Section: [1]を参照
  5. ^ Christopher Gray, Leaving the Twentieth Century, p. 88.
  6. ^ "Towards the creative Nothing" by en:Renzo Novatore
  7. ^ Bob Black. Nightmares of Reason.
  8. ^ "Communism is the one which guarantees the greatest amount of individual liberty — provided that the idea that begets the community be Liberty, Anarchy...Communism guarantees economic freedom better than any other form of association, because it can guarantee wellbeing, even luxury, in return for a few hours of work instead of a day's work." (日本語訳:共産主義は個人の最大の自由を保障する。それは自由でアナーキーな共同体というアイデアがもたらされるからだ。1日中の労働の代わりに数時間の労働で健康や安らぎが保障されるため、共産主義は他のいかなる形態の社会よりも経済的自由を保障する。) "Communism and Anarchy" ピョートル・クロポトキン
  9. ^ This other society will be libertarian communism, in which social solidarity and free individuality find their full expression, and in which these two ideas develop in perfect harmony.(日本語訳:この新たな社会は、社会の団結と自由な個人が最大限実現し、その両者が完璧に調和する、リバタリアン共産主義である。)Organisational Platform of the Libertarian Communists by Dielo Truda (Workers' Cause)
  10. ^ "I see the dichotomies made between individualism and communism, individual revolt and class struggle, the struggle against human exploitation and the exploitation of nature as false dichotomies and feel that those who accept them are impoverishing their own critique and struggle."(日本語訳:個人主義と共産主義の間に生まれた2つの概念、個人の反乱と階級闘争、搾取に対する抵抗と誤った二分法への自然な抵抗を私は知り、それらを受け入れている者たちが彼らの判断と闘争を悪いものにしてしまっていると気づいた。)"MY PERSPECTIVES" by Willful Disobedience Vol. 2, No. 12
  11. ^ a b c d Robert Graham, Anarchism - A Documentary History of Libertarian Ideas - Volume One: From Anarchy to Anarchism (300CE to 1939), Black Rose Books, 2005
  12. ^ "Chapter 41: The “Anarchists”" in The Great French Revolution 1789-1793 by Peter Kropotkin
  13. ^ Nunzio Pernicone, "Italian Anarchism 1864 - 1892", pp. 111-113, AK Press 2009.
  14. ^ "This inability to break definitively with collectivism in all its forms also exhibited itself over the question of the workers' movement, which divided anarchist-communism into a number of tendencies.""Anarchist-Communism" by Alain Pengam
  15. ^ Joseph Déjacque, De l'être-humain mâle et femelle - Lettre à P.J. Proudhon par Joseph Déjacque (フランス語)
  16. ^ Déjacque, Joseph, Anarchism: A Documentary History of Libertarian Ideas - Volume One: From Anarchy to Anarchism (300CE-1939)], ed. Robert Graham; includes English translations from The Revolutionary Question and his 1857 letter to Proudhon.
  17. ^ "l'Echange", article in Le Libertaire no 6, September 21, 1858, New York. [2]
  18. ^ Nettlau, Max (1996). A Short History of Anarchism. Freedom Press. p. 145. ISBN 0900384891 
  19. ^ Nettlau, Max (1996). A Short History of Anarchism. Freedom Press. p. 162. ISBN 0900384891 
  20. ^ a b Barbrook, Richard. “The Hi-Tech Gift Economy”. First Monday. http://firstmonday.org/issues/issue3_12/barbrook/. 
  21. ^ Markus Giesler, Consumer Gift Systems (PDF)
  22. ^ {{Countless Exchanges in the Gift Economy Transaction.net 1999-05-24}}






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「無政府共産主義」の関連用語

無政府共産主義のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



無政府共産主義のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの無政府共産主義 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS