Bill Clintonとは? わかりやすく解説

Bill Clinton

William Clinton
(42) Bill Clinton
(ビル・クリントン)
民主党 (1993-2001)

( )内の年は在任期間

ビル・クリントン

(Bill Clinton から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/30 06:52 UTC 版)

ウィリアム・ジェファーソン・クリントン英語: William Jefferson Clinton[1]1946年8月19日 - )は、アメリカ合衆国政治家。第42代アメリカ合衆国大統領(在任: 1993年1月20日 - 2001年1月20日)。短縮形名はビル・クリントンBill Clinton[注釈 1]。愛称はババ[3]民主党に所属し、第50代アーカンソー州司法長官、第40・42代アーカンソー州知事を歴任した。第二次世界大戦終結後に出生した最初の大統領である。


注釈

  1. ^ ウィリアムの愛称はビルである[2]
  2. ^ 在職中、1996年4月3日に発生したアメリカ空軍IFO-21便墜落事故で逝去。
  3. ^ 宗教・宗派によって呼び方が異なるため大司祭とした。
  4. ^ スキャンダルの暴露はマスコミによって濃淡があり、メロン財閥に親和的なマスコミが最も積極的だったとされる[21]
  5. ^ ヒラリーとの関係は、後に「戦略的パートナーシップ」と呼ばれるようになった

出典

  1. ^ ブリタニカ国際大百科事典
  2. ^ ウィズダム英和辞典
  3. ^ Bubba, 南部英語で「兄弟」と言う意味。
  4. ^ American Presidents with Irish Ancestors”. Directory of Irish Genealogy. 2022年1月29日閲覧。
  5. ^ The Clinton Wars, Sidney Blumenthal, Farrar, Straus and Giroux, 2003
  6. ^ BBC News - EUROPE - 'Third Way' gets world hearing” (英語). bbc.co.uk. 2016年2月29日閲覧。
  7. ^ 広瀬隆 『世界石油戦争 燃えあがる歴史のパイプライン』 2002年6月 (NHK出版) 系図17 イギリスの中東イスラム支配者の大系図
  8. ^ Bob Woodward, The Agenda, Simon and Schuster,1994年, 59頁
  9. ^ オバマの医療改革の行方(富士通総研2009年3月2日)2012年5月31日
  10. ^ 日米構造協議 - 深刻化する日米自動車摩擦 - トヨタ自動車75年史・第5節第2項。
  11. ^ バイデン大統領、ディナーは「八芳園」/歴代大統領初来日時のおもてなし一覧”. 日刊スポーツ (2022年5月23日). 2022年5月23日閲覧。
  12. ^ 坂本義和 / 中村研一、知恵蔵 (2007年). “エンゲージメント”. コトバンク. 朝日新聞社、VOYAGE GROUP. 2019年12月27日閲覧。
  13. ^ “FBI Probes Businessman As Possible Chinese Agent” (英語). CNN. (1997年5月12日). オリジナルの2009年4月23日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090423050727/http://www.cnn.com/ALLPOLITICS/1997/05/12/chinese.donor/ 
  14. ^ 冷泉彰彦『「反米」日本の正体 』、文春新書(2015年)P.28
  15. ^ “クリントン元米大統領、94年北朝鮮核危機に核施設精密打撃を準備”. 中央日報. (2017年2月7日). http://japanese.joins.com/article/506/225506.html 
  16. ^ “【時視各角】戦争を決心してこそ戦争はない=韓国(2)”. 中央日報. (2013年2月18日). http://japanese.joins.com/article/546/168546.html 
  17. ^ 歴代米国大統領の訪日(2015年10月3日時点のアーカイブ
  18. ^ 船津靖『パレスチナ―聖地の紛争』(中公新書)154 - 160ページ
  19. ^ Kosovo cyber-war intensifies: Chinese hackers targeting US sites, government says” (英語). CNN (1999年5月12日). 2017年5月29日閲覧。
  20. ^ クリントンがハーレムにお引越し 恩赦疑惑はどうなった?(2001年4月20日時点のアーカイブ) - WORLD NEWS cafe、2001年3月2日
  21. ^ 『アメリカの経済支配者たち』 広瀬隆著、集英社新書(1999年12月) ISBN 9784087200072
  22. ^ 好みは「経済的に恵まれない少女」、アドレス帳に100人以上 エプスタイン被告
  23. ^ 仲晃 著「ケネディはなぜ暗殺されたか」133-134P
  24. ^ クリントン元大統領の人気、就任当初並みの高さに 米(CNN 2012年7月31日
  25. ^ 2009年の訪朝秘話公開…クリントン元大統領の硬い表情の理由 中央日報
  26. ^ 大使館からのニュース(2013年2月14日時点のアーカイブ) - 米国大使館 2013年2月6日
  27. ^ “クリントン元米大統領らが熱弁”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2013年11月18日) 
  28. ^ “クリントン元米大統領「日本に必要なのは平和への存在感」”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ社). (2013年11月19日) 
  29. ^ “Bill Clinton, Not Hun Sen, Booked to Speak at Tokyo Summit” (英語). The Cambodia Daily (The Cambodia Daily). (2013年11月5日). オリジナルの2013年11月6日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131106053038/http://www.cambodiadaily.com/news/bill-clinton-not-hun-sen-booked-to-speak-at-tokyo-summit-46603/ 
  30. ^ オバマ大統領、クリントン元大統領を含む16人に自由勲章を授与(2014年8月10日時点のアーカイブ) ウォール・ストリート・ジャーナル日本版
  31. ^ Obama, Bill Clinton pay tribute to John F. Kennedy USA TODAY(英語)
  32. ^ 【米大統領選2020】 大統領を直接選ぶ「選挙人」とはどういう人か”. BBC (2020年4月29日). 2021年1月2日閲覧。
  33. ^ Congratulations for Biden from America's politicians and celebrities”. ロイター (2020年11月8日). 2021年1月2日閲覧。
  34. ^ “クリントン元米大統領が入院 「コロナではない感染症」と広報担当”. BBC News. BBC. (2021年10月15日). https://www.bbc.com/japanese/58921866 2021年10月15日閲覧。 
  35. ^ “クリントン元米大統領が退院 感染症で12日に入院”. 朝日新聞. (2021年10月18日). https://www.asahi.com/articles/ASPBL2282PBLUHBI001.html 2021年10月18日閲覧。 
  36. ^ マイケル・ユー「ホワイトハウスの職人たち」新潮社 2006 p.177より出典
  37. ^ The height differences between all the US presidents and first ladies ビジネス・インサイダー


「ビル・クリントン」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

Bill Clintonのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



Bill Clintonのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
在日米国大使館在日米国大使館
この記事は「在日米国大使館」ホームページ内の、「歴代大統領のポートレート」の情報を転載しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのビル・クリントン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS