プレリュードとは?

Weblio 辞書 > 工学 > 大車林 > プレリュードの意味・解説 

プレリュード

英語 Prelude

プレリュードとは英語で前奏曲序曲前兆先導するなどの意味をもつ。ベルノ店系列専売車として産声上げた。初代1978年11月発売初代アコード(76年5月発売)をベースとしたが、ホイールベースアコードが2380mmに対して2320mmと短く、ノッチバックの2ドアクーペモデルだった。1800ccエンジンCVCCにより昭和53年排ガス規制適合ミッションは2速ATと5速MTがあった。定員4名。

79年10月、全タイプ標準だった電動サンルーフを省き、低価格としたTグレード追加。また従来2速だったATが3速に進化した。

80年1月ガラスサンルーフ車を設定電動スライディングタイプで、サンシェードも付いた。5月に1.8LエンジンCVCC-Ⅱとし、一部にハロゲンヘッドランプをオプション設定した。

81年10月エンジン関係の見直しと、クルーズコントロール、エレクトロニックナビゲーターなど装備充実すると同時に新車型XXRを追加シリーズ最上級モデルで、アルミホイール、4輪ディスクブレーキなどを標準装備

2代目82年11月デビューした。ホイールベースは2450mmと長くなり、全長4295mm、全幅1690mm、全高1295mmと大型化した。1.8Lエンジンは、2キャブレーター/12バルブ型を採用、ATは4速フルオートロックアップ付き進化した。FF車のフロントサスペンションがダブルウイッシュボーン変わったリトラクタブルヘッドランプ新型特徴だった。83年11月XJグレード追加84年10月にはマイナーチェンジによってブロンズガラス赤色リヤガーニッシュの採用があった。

85年6月DOHC・2Lの新エンジンを載せたタイプ2.0Siを追加した。タイヤサイズアップブレーキ径を大きくしたモデル

87年4月フルモデルチェンジで3代目に進んだ。ヘッドランプはリトラクタブルだが、フロントバンパーから上にラジエーターへのエアインテークのないことが新型識別ポイントだった。ホイールベースが2565mmとなり、全長も4460mmに延びた。4WS(4輪操舵)を導入したことがニュースだった。このシステム機械的作動し、低速逆位相に、高速では同位相となった。ブレーキ一部グレードALB(ABS)が付いた。エンジンは2Lで、SOHC12バルブ・110psとDOHC16バルブ・145psの2種88年8月人工皮革エクセーヌ内装材に使ったモデル設定した。

89年11月マイナーチェンジバンパーやリヤパネルを変えてスポーツ感を強調ステアリングホイールとメーターパネルのデザイン変更した。新たにヘッドランプ露出したインクスというモデル追加また、あらゆる路面状況で高い性能発揮するTCVシステム搭載車をリリースした。

91年9月フルモデルチェンジで、4代目進化5ナンバー車から3ナンバー車に変わったホイールベース2550mm、全長4440mmと旧型より短くなったが、全幅が1765mmに増えた。ヘッドランプ露出し、3角のテールランプ新型証しだった。エンジン直4DOHC16バルブPGM-FIの2.2Lで、VTEC型の200psと160psユニット搭載4WS仕様もあり、従来機械式から電子制御進歩した。92年9月サンルーフクルーズコントロール標準装備からセットオプションに変更93年9月ヘッドランプまわりを新デザインにした。94年9月、全グレード全面グリーンガラス採用1年ごとのマイナーチェンジだった。

96年11月、5代目変わった新型アダルトのためのクーペ目標とした。従来型と比較するとホイールベース35mm延びたが、全幅は15mm狭くなった。搭載エンジン直4DOHC16バルブVTEC・2.2Lの200ps、その高性能版・220ps、そして160psと135psの4タイプがあった。ミッションは5速MTと、シーケンシャル・スポーツシフトのSマチック設定タイプSというモデルには、コーナリング時に外側駆動力大きくするATTSという新システム取り入れた。4WSモデルも選べた。このあと98年9月SiR-Sスペックという車種追加や、ツインマップ・ふらつき運転検知機能付きDVDカーナビオプション設定するなどの変更を行ったが、2000年9月生産中止公表現役を終えた。

プレリュード

プレリュード_2

プレリュード_3

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

プレリュード

前奏曲。もともとは歌劇など曲のはじめに演奏される曲のことであったが、ショパンスクリャービンドビュッシーに代表される作曲者によって、独立した様式の曲として広まっていった。

シャルパンティエ :プレリュード (「テ・デウム」より)

英語表記/番号出版情報
シャルパンティエ :プレリュード (「テ・デウム」より)Prelude H.146作曲年: 1690?年  出版年: 1957年 

作品解説

執筆者: PTNA編集部

原曲宗教曲テ・デウム〉の中の器楽合奏曲(弦楽器トランペットティンパニ等)。シャルパンティエ17世紀活躍したフランス作曲家であるが、彼のテ・デウム〉は20世紀になってからウィーン出版された。その中のプレリュードはオルガン曲など様々な編曲親しまれている。


ラヴェル:プレリュード

英語表記/番号出版情報
ラヴェル:プレリュードPrélude作曲年: 1913年  出版年: 1913年  初版出版地/出版社Durand 

作品解説

2007年6月 執筆者: 和田 真由子

1分強で演奏される、わずか27小節小品1913年パリ音楽院のピアノ・コンクールのために初見演奏用の課題曲として作曲され、ジャンヌ・ルルー嬢に献呈された。彼女は、そのコンクール一位獲得した15歳少女である。ラヴェルはその演奏すばらしさ感動し、「ほんの心ばかりの贈り物といって、この曲を捧げた。「ゆっくりと、そして表情をこめて」、自由なリズム演奏する。


プレリュード


ショパン:プレリュード 嬰ハ短調

英語表記/番号出版情報
ショパン:プレリュード 嬰ハ短調Prelude cis-Moll Op.45 CT190作曲年: 1841年  出版年: 1841年  初版出版地/出版社: Mechetti、 Schlesinger  献呈先: Princesse Elisabeth Tchernischeff

作品解説

執筆者: PTNA編集部

 ショパンには、《24曲のプレリュード》とは別に単独のプレリュードが2曲ある。そのうちのひとつ。
 ノクターン風の性格をもち、つぎつぎと巧みに転調してゆくあたりに、強い即興性が表れている。ゆったりとした簡素旋律であるが、転調鮮やかな彩り与えている。ショパンは「かつて転調これほどうまくいったことはない」とこの曲について語ったという。


プレリュード

作者草生すみれ

収載図書不確かさのなかに
出版社新風舎
刊行年月2006.1


プレリュード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/04/16 06:53 UTC 版)

プレリュード (Prelude)




「プレリュード」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「プレリュード」の関連用語

プレリュードのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

トルセンAタイプ

エンジン回転数感応式パワーステアリング

ガスタービン

プレセア

正弦半波衝撃パルス

モスポート・パーク

ブレーキアシスト

ルノー





プレリュードのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
ヤマハミュージックメディアヤマハミュージックメディア
Copyright(C) 2000-2018 YAMAHA MUSIC MEDIA CORPORATION. All Rights Reserved.
ヤマハミュージックメディア音楽用語ダス
社団法人全日本ピアノ指導者協会社団法人全日本ピアノ指導者協会
Copyright 1996-2018 PianoTeachers' National Association of Japan
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのプレリュード (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS