SOHOとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > SOHOの意味・解説 

SOHO

読み方:ソーホー
別名:Small Office/Home Office

パソコンなどの情報通信機器駆使して、自宅小さなオフィスなどで仕事をする事業者会社との間でネットワークを結んで仕事を行うことも多い。

SOHOの拡大は、時間コスト削減貢献するとされている。日本においてSOHOは増加傾向にあるが、2013年7月現在、SOHOの明確な定義は確立されていない

近年ではSOHO向けの低価格プリンターなどが発売されている。またSOHOと企業をつなぐマッチングサイトやSOHO検定試験なども存在する。

SOHO(そーほー)

自宅などで行う新し業務形態(SOHO)

SOHOは、パソコンなどの情報通信機器利用した、個人レベル新し就業形態である。住所録作成などデータ入力分野では企業アウトソーシング進み、SOHOはそれを請け負うという形で発展してきた。

SOHOはインターネット業務上のやり取り行い自宅事務所として在宅勤務するE-ビジネスである。注文納品E-mail上で打ち合わせをするなど、インターネットフル活用することが特徴である。

従来企業下請け的な色合い強かったが、最近画像処理音声処理などの専門的業務をこなす人もいる。

開業コストが安いことから、SOHOのベンチャービジネス増加している。それにつれて仕事あっせんをする<SOHO支援ビジネス>も増えている。国内のSOHO人口100万人とも推計される。特に、育児家事との両立が可能なことから女性のSOHOが急増しており、全体の7割を占める。

一方、SOHOでは「報酬額が取り決めと違う」などのいざこざが増えている。特に口約束でのトラブルが多いようである。対策として、業務契約文書メールで行うなど、<証拠>が残るようにしたほうが無難である。

(2000.01.13更新


SOHO

【英】:Small Office Home Office

小規模事業所自宅兼用事業所の意味.。
 ベンチャー企業起業家小さなオフィス事業を行ったり、自宅オフィスとして利用してビジネスを行うことを意味しており、情報ネットワーク網の進展インターネット普及、ニュービジネスへの関心個人の高度な専門知識能力の高まり及び出産後の女性家庭内での勤労意欲の高まり等がこの様なビジネスあり方を可能にしている。今後さらにこの傾向には拍車がかかると言われており、この分野でのフランチャイズ・ビジネスのチャンスフランチャイザージー双方にとって大きなものがある

SOHO

 スモールオフィス・ホームオフィス(Small Office & Home  Office)の略語で、一般には「パソコン等の情報通信機器利用して、小さな貸しオフィス自宅等で仕事を行っている、個人企業家や自営業者」を指す言葉として使用されている。

SOHO

フルスペル:Small Office/Home Office
読み方ソーホー

SOHOとは、パソコンネットワーク利用して、郊外小さな事務所自宅などを事業所とし活動する業務形態のこと、あるいは、そのような事業所のことである。

事業所大小かかわらず、IT(情報技術)を活用して業務を営むというニュアンス強く持つが、必ずしも明確な定義があるわけではない。SOHOはインターネット普及伴って急速に広まりつつある業務形態で、都心事務所構えなくても、あるいは社に出勤しなくても、取引先とのやりとりが可能であることや、事務所構えることなく起業することが可能であることなどがメリットとなる。また、退勤に生じる時間的経済的ロス省けるという利点もある。特に米国においては、すでにSOHOは業務形態ひとつとして確立されている。

他面SOHOでは、業務が何かと手軽になる一方で直接に人と接す機会が減ることによる業務管理コミュニケーション確立の困難というデメリット抱えている。


SOHO 【Small Office & Home Office】

スモールオフィス(Small Office)、ホームオフィスHome Office)の略で在宅勤務小規模オフィス形態を示す。この両者違いは明確ではないが、一般的にスモールオフィスは独立した個人自営業)が在宅勤務をしたり、小さなオフィス構え仕事をすることをいい、ホームオフィス組織体属すワーカーが、自宅利用してオフィス持ち在宅勤務をすることをいう場合が多い。

SOHO

Small Office/Home Officeの略。自宅小規模事務所で、コンピュータネットワークを介して仕事を行うワークスタイルのこと。または、そのような仕事場住宅を「SOHO」と呼んでいる。

SOHO

スモールオフィス・ホームオフィスの略。パソコンなどの情報通信機器利用して、小さなオフィス自宅一部オフィスにしてビジネスを行っている事業者を指す事が多い。いわゆる在宅勤務の事。

Small Office/Home Office

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/06/15 01:33 UTC 版)

(SOHO から転送)

Small Office/Home Office(スモールオフィス・ホームオフィス)、略してSOHO(ソーホー)とは、「パソコンなどの情報通信機器を利用して、小さなオフィスや自宅などでビジネスを行っている事業者」といった意味で使われる場合が多い。

概要

SOHOという言葉の定義は正式に確立されておらず、官公庁や各種団体により様々な定義づけがされている。個人事業または社員が一人の会社という業態をたびたび連想される。テレワーク在宅勤務、マイクロビジネスなどと同義語で使われる場合もある。

SOHOの実態を捉え難くしている理由のひとつに、各種メディアがその言葉の響きや字面だけで判断し、内職在宅ワークテレワークの一)、フリーランス、マイクロビジネス、ベンチャー起業)、中小企業などと厳密に区別せず、これらと同義のものとして勝手に紹介していることがあげられる。また、SOHOという言葉を定義する際に「事業形態、事業規模、ワークスタイル、ライフスタイル、人、モノ、場所、職種」など、どの側面に重きを置くかで、広義にも狭義にも自由に定義づけができてしまうからである。一方、事業者側も失業同然の実態でありながら、名刺1枚でSOHOを取り繕うことすらある。

ベンチャーとの違い

小規模事業者という意味では、「スタートアップ」や「アーリーステージ」にあるベンチャー企業もまた同じく小規模であり、場合によっては社長の自宅をオフィスにしていることもあるが、大半のベンチャーは最終的には株式公開を到達地点にしており、SOHOとは拡大志向の有無によって明確に区別される。身の丈SOHOという言葉があるように、SOHOは通常拡大志向を持たない、と言われている。もちろん売上を求めないわけではないが、積極的な事業拡大を目指して資金調達に奔走するのがベンチャーの典型的な一側面であるのに対して、SOHOワーカーは自分1人にできる範囲でより着実な、あるいはより面白い仕事を自分のペースでこなそうとする、という傾向があるといわれている。

自治体とSOHO

2000年ごろからSOHOの育成を、何らかの形で制度化している自治体が現れてきている。産業振興部局の中にSOHO担当課を設置して開業相談に応じるのをはじめ、開業から一定期間、格安の事務所スペースを提供したり、関連セミナーなどの啓蒙イベントを開催したりしている。またインキュベーターと呼ばれる開業・起業支援組織を第三セクターで運営しているケースも見受けられる。多くの場合、優遇措置を受けるには事業計画書の提出が必要であり、信用調査機関の審査を受けることになる。申込者側も商工系の各種融資制度(国民生活金融公庫など)との併用を試みるのが一般的である。

悪徳商法

マルチ商法連鎖販売取引)」、「内職商法」において、SOHO在宅ワーク、在宅ビジネスなどと称し、ネット上や新聞広告、直接電話等で勧誘を行い、悪質商法を行っている場合もある。「あなたもSOHOで起業できる」という謳い文句で、高価な開業セットや健康食品などの代理店販売商材、教材を売りつけるという手口(詐欺商法)である。

中国におけるSOHO

SOHOの語は北京CBDなどを中心に普及しているが、この付近の再開発事業を「SOHO中国有限公司」が一部担っており、テナントを数多く入居させる大規模な商業ビルに対して「SOHO」の名が冠せられている。代表的な例としてSOHO現代城や建外SOHOがあり、これらは日本では六本木ヒルズに近い印象の建造物群である。このことからSOHOの語はブランド化しており、若干ニュアンスが異なる。


ソーホー (ニューヨーク)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/04/28 09:40 UTC 版)

(SOHO から転送)

ソーホー(SoHo)は、ニューヨーク市のマンハッタン島南部(ダウンタウン)にある地域である。芸術家デザイナーが多く住む町として知られていたが、近年は高感度な高級ブティックレストラン街となっている。

グリーン・ストリートのキャストアイアン建築
現在のソーホー(ハウストン通り沿い)
キャストアイアン建築(E.V. Haughwout Building、1857年竣工)。

場所

ソーホーという地名は芸術家の町として盛り上がった1970年代ごろに登場したもので、語源は、ハウストン通りの南South of Houston Street、ヒューストンとは発音しない)という意味であり、より早くから繁華街として有名だったロンドンソーホーを意識してもいる。範囲は、北はハウストン通り、東はラファイエット通りとセンター通り、南はキャナル通り、西はウェスト・ブロードウェーといった具合である。

さらに以下の地区と隣接する。

概要

後にソーホーと呼ばれることになる地区では、19世紀半ばに農地が市街地化して劇場街・商業街・娼館街として栄え、キャストアイアン建築(cast-iron、鋳鉄建築[1])が立ち並ぶようになった。しかしニューヨークの拡大と市の中心の北遷に伴い、この地区は衰退し、変わって繊維・衣服工場倉庫などが入居して低賃金で移民労働者をこき使うようになった。第二次世界大戦後は、繊維工場の市外移転などで空き家が目立つようになり、1950年代には倉庫や低賃金の零細工場(スウェットショップ)などが入居するだけの荒廃した地区となっていた。

この地区は芸術家の町として1960年代から1970年代に掛けて注目されるようになった。当時は19世紀半ばに建てられたキャストアイアン建築が多く空いており、賃料が非常に安かった。上層階にあるロフト天井も高くも大きく、明るい部屋で大きな作品の制作ができるため、次第にお金のない芸術家やデザイナーたちのロフトやアトリエに転換されていった。

ロフトは本来工場であり居住目的には使用できず、ソーホーは住居地区でもないため、彼らの居住は不法居住であった。ニューヨーク市は居住用建物の基準に合わないロフトを不法占拠している芸術家を排除して、ソーホーをもとの工業地に戻そうとしたが、結局1971年にはニューヨーク市文化局などの公認を受けた芸術家に対して、ロフトでの居住と制作活動を認めるようになった。

ソーホーには、芸術家の集うレストランギャラリーライブハウスができ、多くの歴史に残る個展や朗読会などが開かれていた。1980年代以降、カウンターカルチャーの聖地であったソーホーにあこがれた富裕なヤッピーたちが住むようになったほか観光客も集まるようになり、のどかな雰囲気は急速に失われていく。

ヤッピーや観光客相手の超高級レストランや高級ブランドの路面店が進出してくると、街はにぎやかになる一方喧騒がひどくなり、落ち着いて仕事や美術鑑賞のできる雰囲気ではなくなり、さらに致命的なことに地価が急騰した。やがて芸術家たちもギャラリーも、古くからの貧しい住民たちも家賃が払えなくなり、もっと賃料の安い地区に追い出されてしまった。ギャラリー街は主にチェルシー地区へ移転した。芸術家やデザイナーらはその他ロウワー・イースト・サイド地区・トライベッカ地区、ノーホー地区、ノリータ地区、ハーレム地区へ移り、さらにそれらの地区も高級化してしまい、現在はマンハッタンをも出てブルックリンにまで移りつつある。

21世紀の今日、世間に広まったイメージに反してソーホーには芸術家はほとんど住んでおらず、金持ち相手のギャラリーやブティック、高いレストラン、若い高給ビジネスマンの住まいが中心の地区となった。

ジェントリフィケーション

ニューヨークではここ何十年かでおなじみになってしまったことだが、安い地区に若者が集まった後でそこが有名になり、地価が上がり、住民が追い出されて、最後には進出してきた高級店や高級アパートしか残らないといったジェントリフィケーション(高級化現象)が玉突き状に起こっている。

アメリカやヨーロッパにおいて、行政当局による老朽・貧困化したインナーシティ再開発のため、芸術文化をきっかけにしたジェントリフィケーション(都心部の再生のための高級化)戦略をとることが多いが、往々にして地価高騰で追い出される古くからの住民や、荒廃後に住民となった移民と摩擦を起こすことが多い。ソーホーは、こうした都心再生戦略のモデルや、ジェントリフィケーションに伴う摩擦の原点となった。

ニューヨーク市ではこうした高級化によって住民が追い出されないようにするために、1982年に住民の家賃を抑制した「1982年ロフト法」を制定した。この条例の効果や、芸術家の共同所有するロフトが残ることから、一定の数の旧住民や芸術家はいまもソーホーに残っている。

歴史地区

ソーホー地区のグリーン・ストリート(Greene Street)には、1869年から1895年にかけてつくられたキャストアイアン建築群があり、市の歴史地区に指定されている。1960年代には高速道路計画が持ち上がったため一帯は撤去される運命にあったが、当時のニューヨークでは1963年ペンシルバニア駅取り壊しなど相次ぐ歴史的建築の撤去をきっかけに建築保存運動が盛り上がっており、ソーホーでもキャストアイアン建築保存運動が起こった。これが功を奏して高速道路計画は撤回され、グリーン・ストリートは1973年に歴史地区となっている。

その他の代表的な芸術家街

脚注

  1. ^ 鉄骨構造の一種で、建築物躯体や装飾に鋳鉄品を使用した建築様式。産業革命の興ったイギリスから広まり、アメリカにも19世紀中盤には伝わっていた。

外部リンク



ソーホー (ロンドン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/10/13 23:47 UTC 版)

(SOHO から転送)

座標: 北緯51度30分47秒 西経0度07分52秒 / 北緯51.513度 西経0.131度 / 51.513; -0.131

ソーホー
英語: Soho
Gardeners hut Soho Square 032.jpg
Soho Square‎
ソーホーの位置
ソーホー

 グレーター・ロンドンにおけるソーホーの位置
英式座標 TQ295815
ロンドン特別区 ウェストミンスター
セレモニアル
カウンティ
グレーター・ロンドン
リージョン ロンドン
構成国 イングランドの旗 イングランド
イギリスの旗 イギリス
郵便地域 LONDON
郵便番号 W1
市外局番 020
警察 メトロポリタン
消防 ロンドン
救急医療 ロンドン
欧州議会 ロンドン
イギリス議会 Cities of London and Westminster
ロンドン議会 ウェスト・セントラル
都市一覧: イギリス • イングランド • ロンドン

ソーホー(Soho)は、ロンドンシティ・オブ・ウェストミンスターにある一地区であり、ウエスト・エンドの一角をなす。20世紀中のソーホーは性風俗店や映画産業施設が並ぶ歓楽街として栄えた長い歴史をもつ。1980年代初頭以降、当地区は高級レストランやメディア関連企業が立ち並ぶファッション街へと大きく変貌し、性産業の店舗はそのほとんどがソーホーから姿を消した。今では、おしゃれなお店が密集し、ゲイバーやレズビアンバーが連なる賑やかなゲイエリアとしても有名だ。

歴史

1536年までは現在のソーホー地区一帯は放牧農場だったが、ヘンリー8世によってホワイトホール宮殿が王立公園として当地に整備された。"Soho"の名が最初に現れたのは17世紀のことである。大多数の権威はその名は昔の狩りの叫び声に由来すると信じている[1][2][3][4]。最初にこの名がロンドンのこの地域を指して用いられてから半世紀経った頃、1685年ジェームズ2世反乱を起こしたモンマス公ジェームズ・スコットはセッジムーアの戦いで部下を招集する際の掛け声として"soho"を使った[5]

1660年代、イングランド王チャールズ2世はソーホーの広場をヘンリー・ジャーミンへ下賜された。彼はその22エーカー (89,000 m²)のうちの19エーカーをJoseph Girleへ貸し与え、Girleは建設の許可を得た後、1677年に即座に借地権と許諾をレンガ職人のリチャード・フリスへ譲渡した。フリスは開発を始めた。

1698年、ウィリアム3世はこの地域の大部分を占める王室の自由保有不動産をポートランド伯爵ウィリアム・ベンティンクへ下賜した。同時に、16世紀から17世紀に王立地の一区画だった地区の南部はセント・アン行政教区へ編入されたり、レスター伯ロバート・シドニーへ分割譲渡されたりした。

レスター伯やポートランド伯のような土地の所有者がブルームズベリー、メリルボーン、メイフェア等の近隣地区を巻き込んで大々的な地区の開発を実施し、最善の経営に努めたにもかかわらず、ソーホーは決して富裕層向けのファッション街となることはなかった。1688年にフランスからユグノーの移民が殺到した後は、当地はロンドンのフランス人地区として知られるようになった[6]。ソーホー・スクエアにあるフランス人教会は17世紀にユグノーによって創立された。18世紀中頃までには、ソーホー・スクエアあるいはジェラード・ストリートに住んでいた貴族階級の人々は転出していった。ソーホーの特徴は、裕福で流行の先端をいくロンドンからは無視され続けたことを軸に、近隣地域の再開発不足などから形成された。

19世紀半ばまでに、上流階級の家庭はみな転出していき、代わりに売春婦と音楽ホールと小規模の劇場が転入してきた。20世紀初頭には外国籍の人々が安価な飲食店を出すようになり、その近隣は知識人や作家、芸術家向きの流行の場所となった。1930年代から1960年代初期にかけては、ソーホーのパブは毎晩、酔っ払いの作家や詩人、芸術家であふれており、決して出世できるほどまでに節制していることはなく、パブの主人らが彼らを定着させたのもちょうどこの頃だとの伝承がある。

作家のディラン・トマスやジャズ・ミュージシャンのジョージ・メリー等に代表される、壁画に描かれたより詳しいソーホーの特徴は、ブロードウィック・ストリート上のカーナビー・ストリートとの交差点に表れている。

架空の世界では、ロバート・ルイス・スティーヴンソンジキル博士とハイド氏の奇妙な物語の作中で、ヘンリー・ジキル博士にソーホーの一角へエドワード・ハイドの家を建てさせている。[7]

ソーホーの地名は、香港のソーホー地区やニューヨークのソーホー地区、ブエノスアイレスのパレルモ・ソーホー等、世界各地で娯楽・飲食店街を表す語として使われている。

ギャラリー

脚注・出典

  1. ^ 'Estate and Parish History', Survey of London: volumes 33 and 34: St Anne Soho (1966), pp. 20-6 accessed: 17 May 2007
  2. ^ Adrian Room, A Concise Dictionary of Modern Place-Names in Great Britain and Ireland, page 113
  3. ^ John Richardson, The Annals of London, page 156
  4. ^ Brewer's Dictionary of Phrase and Fable, page number varies according to edition
  5. ^ Arthur Mee, The King's England: London, page 233
  6. ^ Henry Barton Baker (1899). Stories of the streets of London. Chapman and Hall Ltd.. p. 229. http://books.google.com/books?id=vmQvAAAAMAAJ&pg=PA229. 
  7. ^ Strange Case of Dr. Jekyll and Mr. Hyde by Robert Louis Stevenson, 1886

外部リンク





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

SOHOに関連した本

SOHOに関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「SOHO」の関連用語

SOHOのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




SOHOのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2014 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2014 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2014 時事用語のABC All Rights Reserved.
人事コンサルティングのアクティブ アンド カンパニー人事コンサルティングのアクティブ アンド カンパニー
Copyright© 2014 Active and Company Ltd. All rights reserved.
フランチャイジングJPフランチャイジングJP
Copyright(C)1999-2014 franchising.jp All rights reserved
農林水産省農林水産省
Copyright:2014 The Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries of Japan
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2014 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリSOHOの記事を利用しております。
三幸エステート三幸エステート
Copyright 2014 Sanko-estate,All Rights Reserved.
SUUMO(スーモ)SUUMO(スーモ)
COPYRIGHT 2014 RECRUIT CO.,LTD
リクルート SUUMO(スーモ)住宅用語大辞典
リフォーム ホームプロリフォーム ホームプロ
Copyright(c)2001-2014 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのSmall Office/Home Office (改訂履歴)、ソーホー (ニューヨーク) (改訂履歴)、ソーホー (ロンドン) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS