マニエリスムとは?

マニエリスム [4]フランス maniérisme】

極度技巧的作為的傾向をもち,時に不自然なまでの誇張非現実性に至る美術様式ルネサンスからバロックへの移行期生まれ,ポントルモ・ブロンツィーノ・グレコなどにみられる。マニリズモ。

マニエリスム

読み】:マニエリスム
【英】:MANIERISME

盛期ルネサンス完成された古典主義芸術のあとを受けて、ほぼ1520年頃から17世紀初頭にかけて、主として絵画中心にヨーロッパ全体風靡した芸術様式20世紀初頭になってから独立した様式として認められ、16世紀中葉から後半支配した芸術様式として重要視されている。その表現は、極度洗練された技巧曲線多用した複雑な構成歪んだ遠近法を用いた構図明暗コントラスト入り組んだ奥行表現による効果異常なプロポーションや色づかいなどを特色としている。これらは、ラファエロミケランジェロ完成された力強い表現対す傾倒デューラーなどによる北方ゴシック影響混乱時代社会不安芸術愛好家君主積極的な保護などを背景として生まれといえる。その本質については、ルネサンスからバロックへの過渡期様式反古典主様式16世紀ヨーロッパ全体精神的危機反映した様式ルネサンス文化継続的発展人間の持つ非合理なものへの衝動など様々な見方がある。

マニエリスム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/07/30 19:10 UTC 版)

マニエリスム (: Manierismo ; : Maniérisme ; : Mannerism) とはルネサンス後期の美術で、イタリアを中心にして見られる傾向を指す言葉である。美術史の区分としては、盛期ルネサンスバロックの合間にあたる。イタリア語の「マニエラ(maniera:手法・様式)」に由来する言葉である[1]。ヴァザーリはこれに「自然を凌駕する行動の芸術的手法」という意味を与えた[1]






「マニエリスム」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「マニエリスム」の関連用語

マニエリスムのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

姫風蝶草

K004

小西祥子

キャップ

地方自治法施行60周年記念 静岡県分 1,000円銀貨幣

ポケット線量計

真名井の清水

ワークトップ





マニエリスムのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
徳島県立近代美術館徳島県立近代美術館
Copyright:徳島県立近代美術館.2016
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのマニエリスム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS