油絵具とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 美術 > 絵具 > 油絵具の意味・解説 

油絵具

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/04/20 16:41 UTC 版)

油絵具(あぶらえのぐ)は、顔料乾性油などから作られる絵具で、油彩に用いられる。油絵具は乾性油が酸化し硬化することにより定着する。




[ヘルプ]
  1. ^ American Society for Testing and Materialsの略、美術・工芸材料における慢性的な健康への害に関するラベル表示
  2. ^ 殆ど全てが、スタンドリンシードオイルであるが、ホルベイン工業株式会社の製品には、スタンドポピーオイルを含むものがある。
  3. ^ 普通、ウォルナットオイル(胡桃油)を加工したものである。
  4. ^ フランキンセンス(乳香)とは異なる。
  5. ^ 美術予備校の売店等で販売されている「ミネラルスピリット」冠名の商品がある。ただし、不快臭のあるものは絵画用途には適さない。具体的には、粗悪な溶剤の使用によって、絵画に亀裂を生じた例が知られている。


「油絵具」の続きの解説一覧





油絵具と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「油絵具」の関連用語

油絵具のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

千代川

クラウン

ラーテナウ

キングコブラ

ボーイング式747-400D型

装鞍所

柳生和紙

杉本哲哉





油絵具のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの油絵具 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS