ロココとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 様子 > 様式 > ロココの意味・解説 

株式会社ロココ

ロココの事業は、システムソリューション事業システム運用サポート事業ヘルプデスク事業の3つからなり、これらを組み合わせお客様最適な「情報通信人材」のソリューション提供する事により、経営効率化創造力向上を協力サポートします。
システムソリューション事業では、お客様専属プロジェクトチームビジネス環境最適システム開発し、構築運用サポートまでトータルに提供します。又、独自に開発したDTP制作自動化するパッケージソフトMetaWorksを発売し、ソフトウェアソリューション組み合わせ最適サービス提案しております
システム運用サポート事業では、システムネットワークなどIT関連知識スキルを持つ専門スタッフが、お客様社内常駐し、テクニカルサービスを提供します。
ヘルプデスク事業では、24時間365日いつでもどこからでもロココのコールセンターお客様のお困りごと電話などで対応し、問題解決サポートします。

事業区分 システム運用管理 システム設計開発
代表者 長谷川一
本社所在地 542-0086
大阪府 大阪市中央区 西心斎橋2-1-5日本生命御堂筋八幡町ビル3F
企業URL http://japan.zdnet.com/company/20018741/
設立年月日 1994年06月07日
上場区分 非上場
従業員数 349
決算期 3月
資本金 50,000,000
売上高 1,820,000,000


※「ZDNet Japan 企業情報に関するお問い合わせこちら

ロココ

読み】:ロココ
【英】:ROCOCO

18世紀ヨーロッパ流行した装飾様式バロック様式続き新古典主義先立つ様式で、広く当時建築彫刻絵画工芸など美術全体にわたる様式バロックとロココとは、直線を嫌い、ゆがんだ、凝った装飾を好む点では共通しているが、バロック力強さ比べて、ロココはむしろ優美軽快であり、S字形曲線、非相称装飾シノワズリ中国趣味)を中心とした異国趣味が目立っている。社会背景としては、バロック時代壮麗な宮殿対する、新時代社交場である優雅サロン勃興、有力な宮延の婦人たちの趣味影響などがあった。例えば、暗く重いビロードに代って明るい色の絹織物や錦が流行したのも婦人たちの好みよるものであった。絵画ではヴァトーブーシェフラゴナールなど、彫刻ではファルコネピガル建築では、フランスにおけるガブリエル装飾したヴェルサイユ宮の諸室、ボフランの建てたオテル・ド・スービーズなど、ドイツ・オーストリアではキュヴィイエバイエルンの宮延にこの様式もたらすなどした。

ロココ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/05/13 16:19 UTC 版)

ロココRococo)とは、美術史で使われた用語で、バロックに続く時代の美術様式を指す。18世紀ルイ15世フランス宮廷から始まり、ヨーロッパの他国にも伝えられ、流行した。






「ロココ」の続きの解説一覧





ロココと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

ロココに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ロココ」の関連用語

ロココのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ヴォクシー

フォグシール

SDXC

エゾマツ

加圧水型原子炉

出雲そば

のこぎり

750形





ロココのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ZDNetZDNet
Copyright ASAHI INTERACTIVE, Inc. All Rights Reserved.
徳島県立近代美術館徳島県立近代美術館
Copyright:徳島県立近代美術館.2016
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのロココ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS