綜合主義とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 綜合主義の意味・解説 

綜合主義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/01/14 14:32 UTC 版)

綜合主義(そうごうしゅぎ)は、1880年代末頃、ポール・ゴーギャンエミール・ベルナールシャルル・ラヴァルルイ・アンクタンらによって提唱された芸術運動。フランス語Synthétisme(サンテティスム)の訳語。色彩を分割しようとする印象主義への反発として現れた、ポスト印象主義の一潮流といえ、2次元性を強調した平坦な色面などに特徴が見られる。




  1. ^ 高階 (2008: 204-05)。
  2. ^ 高階 (2008: 216-19)。
  3. ^ a b Synthetism”. Visual-arts-cork.com. 2016年1月13日閲覧。
  4. ^ Synthetism”. Encyclopædia Britannica. 2016年1月13日閲覧。
  5. ^ 高階 (2008: 220-21)。
  6. ^ 高階 (2008: 218-19)。
  7. ^ 高階 (2008: 219)。


「綜合主義」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「綜合主義」の関連用語

綜合主義のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

コーヒークーポン

マリボー

沼ヶ森水源の森

ケーブルカー

デ・ハビランド式DHC-6-300型

馬力規制

ウォーターカップ

Golf





綜合主義のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの綜合主義 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS