綜合主義とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 綜合主義の意味・解説 

綜合主義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/01/14 14:32 UTC 版)

綜合主義(そうごうしゅぎ)は、1880年代末頃、ポール・ゴーギャンエミール・ベルナールシャルル・ラヴァルルイ・アンクタンらによって提唱された芸術運動。フランス語Synthétisme(サンテティスム)の訳語。色彩を分割しようとする印象主義への反発として現れた、ポスト印象主義の一潮流といえ、2次元性を強調した平坦な色面などに特徴が見られる。




  1. ^ 高階 (2008: 204-05)。
  2. ^ 高階 (2008: 216-19)。
  3. ^ a b Synthetism”. Visual-arts-cork.com. 2016年1月13日閲覧。
  4. ^ Synthetism”. Encyclopædia Britannica. 2016年1月13日閲覧。
  5. ^ 高階 (2008: 220-21)。
  6. ^ 高階 (2008: 218-19)。
  7. ^ 高階 (2008: 219)。


「綜合主義」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「綜合主義」の関連用語

綜合主義のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

静的アンバランス

ワインセラー

村田経芳

ゲンコツ

八女和紙

B727

急性障害

おれんじ九州





綜合主義のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの綜合主義 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS