素描とは?

そ びょう -べう [0] 【素描】

( 名 ) スルフランス dessin
鉛筆木炭などの単色の線などで物の形を表した絵。本来は創作予備的下絵として描かれた。また,彩画対比されることもある。デッサン
物事全容把握するために要点を簡単に書き記すこと。また,その文。 → 粗描補説


素描


素描

読み】:ソビョウ
【英】:DRAWING

紙などの表面に、人物風景などを、単色の線で描き出したもの。陰影色彩がつけられる場合もあるが、主体線描である。用具としては、チョーククレヨン木炭、メタル・ポイント・ペン・鉛筆などがある。制作目的ないし動機により、クロッキースケッチエスキース下絵、エボーシュ、カルトン,エテュードなどの名称で呼ばれるが、いずれにせよ本来絵画図案を描くといった創作のための予備的準備段階産物であり、ギリシア・ローマの時代から言い続けられてきたように、建築彫刻絵画をはじめ工芸類を含むあらゆる造形基礎となるものである造形教育の手段としてもその効用認められている。しかし、近代ではその特有の芸術的価値認識され、素描自体目的とする作品が現われて、独立した絵画一分野としてみなされるようになっている20世紀のものでは、瀟洒さと的確さで知られるマチスや、ゆるぎない形と創意満ちピカソのものが有名である。なお、素描とドローイングなどにはニュアンス相違があるが、普通はフランス語デッサンとほぼ同義に用いられている。

素描

作者司修

収載図書版画
出版社新潮社
刊行年月2000.3


素描

作者藤沢周

収載図書焦痕
出版社集英社
刊行年月2005.2


素描

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/11/21 01:13 UTC 版)

素描(そびょう、すがき)、デッサンフランス語: dessin)、ドローイング英語: drawing)とは、物体の形体、明暗などを平面に描画する美術制作技法、過程、あるいは作品のこと。これに準ずるものを指す場合もある。これについては後述する。




[ヘルプ]

補注

  1. ^ 『構図の源泉20―現代作家が語る私の構図』視覚デザイン研究所 1997.02 ISBN 4881081276 ISBN 978-4881081273
  2. ^ 『リアリズム絵画入門』 野田弘志著 芸術新聞社 2010/2/26 ISBN 4875861907 ISBN 978-4875861904
  3. ^ 例えば、新日曜美術館のルソーを取り扱った回、横尾忠則など
  4. ^ 鉛筆デッサン, 造形ファイル, 武蔵野美術大学, 2016年2月18日閲覧.
  1. ^ 技術的には反射率や分光反射率として知られる
  2. ^ 照明の明るさや物体の向きなどで変化する
  3. ^ ここでの「画用紙」は広義ではなく狭義の専用紙を指す


「素描」の続きの解説一覧





品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「素描」の関連用語

素描のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

橈骨

コノテガシワ

ヘリコプター

渋井陽子

くまで

排土板

スーパースポーツ

6極 i.LINK端子





素描のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
横浜美術学院横浜美術学院
Copyright © 2016 横浜美術学院 AllRights Reserved.
徳島県立近代美術館徳島県立近代美術館
Copyright:徳島県立近代美術館.2016
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの素描 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS