青騎士とは?

Weblio 辞書 > 文化 > 美術用語 > 青騎士の意味・解説 

青騎士

読み】:アオキシ
【英】:DER BLAUE REITER
別称】:ブラウエライター

1911年ドイツ革新的目的を持つ芸術家たちがつくった緩やかな組織グループにつけられた名称。グループ起こりは、1911年カンディンスキーが、「新芸術家協会」の第3回展に出品拒否されたことから、フランツ・マルクらと、ミュンヘンタンホイザー画廊対抗展を組織し、参加したグループ彼の小作品「青い騎士にちなんで「青騎士(ブラウエ・ライター)」と命名した。参加者にはマッケクレーなどがいた。第2回展は1912年ミュンヘンで、版画中心に開かれたがこれにはブリュッケメンバー参加し、また国際美術展の先駆ともいうべき性格のものであった。1914年第一次大戦勃発による解散した。グループには統合するような様式教義はみられないが、内面的意欲多様に形づくる形態差異を示すことが共通の精神的基盤といえるまた、グループ同名機関紙発行したが、ここではヨーロッパ前衛芸術家作品の他に、民芸品児童画などの作品評価し、現代的芸術観の礎石となった。

青騎士

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/02/11 02:46 UTC 版)

青騎士(ブラウエ・ライター、ドイツ語: der Blaue Reiter)は、1912年ヴァシリー・カンディンスキーフランツ・マルクが創刊した綜合的な芸術年刊誌の名前であり、またミュンヘンにおいて1911年12月に集まった主として表現主義画家たちによる、ゆるやかな結束の芸術家サークルである。日本語では「青騎手」とも訳される。




  1. ^ 高階秀爾(監修)『まんが西洋美術史3』美術出版社 1994年 p.78 ISBN 4-568-26003-5
  2. ^ Ibid. p.p.78-79
  3. ^ マリサ・ヴォルピ・オルランディーニ(著), 乾由明(訳)『カンディンスキーと青騎士』ファブリ/平凡社 昭和49年 p.13
  4. ^ 西田秀穂 年刊誌《青騎士》の表紙絵 「東北大学文学部研究年報」1966年通号16 p.41
  5. ^ 『カンディンスキーと青騎士』p.13
  6. ^ Wassily Kandinsky: Über das Geistige in der Kunst, zit. nach Taschenbuchausgabe München 2002, S. 93 から翻訳
  7. ^ カンディンスキー/マルク(編)、岡田素之・相澤正己(訳)『青騎士』白水社 2007 p.5 ISBN 978-4-560-02713-4
  8. ^ 『カンディンスキーと青騎士』p.19 および 『青騎士』
  9. ^ アルノルト・シェーンベルク作曲。高音ソプラノチェレスタハルモニウムハープのための声楽曲、Op.20。メーテルリンクフランス語原詩はFeuillage du cœurと題し、詩集『温室(仏: Serres chaudes)』に収録。ドイツ語訳はカール・アントン・クランメルおよびフリードリヒ・フォン・オッペルン=ブロニコヴスキー。






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

青騎士に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「青騎士」の関連用語

青騎士のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

段落ちコンロ

鬱金

Megane Renault Sport

デレクター・バドック・ホワイト

日野レインボー

特大型運搬車

フェリーあざれあ

小笠原国立公園





青騎士のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
徳島県立近代美術館徳島県立近代美術館
Copyright:徳島県立近代美術館.2016
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの青騎士 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS