西洋美術史とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 西洋美術史の意味・解説 

西洋美術史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/08/23 18:32 UTC 版)

西洋における美術歴史について概説する。




  1. ^ 先エトルリア文化であるヴィッラノーヴァ文化の時代を加える場合もある[69]
  2. ^ キリスト教を主題とした現存する最古の美術品は紀元2世紀から3世紀にかけてのもので、イエス時代を含めそれ以前のものについては発見されていない[87]
  3. ^ 15世紀のルネサンス時代に生きた画家が見ることが出来たローマ時代の壁画としては、トラヤヌス浴場の下から発掘されたドムス・アウレアぐらいであったとされている[145]
  4. ^ 両者の担当区分については議論が交わされてきたが、平面性を重視した構図を採用した部分がフーベルト、アダム、イヴの仰瞰像および現実的な奥行き感を表現した受胎告知の部分がヤンの手によるものであるとするのが今日の定説となっている[162]
  5. ^ スフマート自体はつたないながらも先に描いた『岩窟の聖母』で使用が試みられている[175]
  6. ^ 水晶宮は1851年にロンドンで開かれた万国博覧会の会場として建設されたものであり、現在は解体されて残っていない[254]
  7. ^ 『オランピア』はティツィアーノの『ウルビーノのヴィーナス』に代表されるルネサンス以来の伝統的な横たわるヴィーナスの構図を借用しつつ現代パリの高級娼婦を描き出した作品である[258]
  1. ^ a b c d 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 6.
  2. ^ 『西洋美術史要説』 1981, pp. 4-5.
  3. ^ 『西洋の美術 視覚とその時代』 2001, p. 7.
  4. ^ 『西洋美術史要説』 1981, p. 5.
  5. ^ a b 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 7.
  6. ^ 『西洋美術史要説』 1981, p. 6.
  7. ^ a b c 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 8.
  8. ^ 『西洋の美術 視覚とその時代』 2001, p. 18.
  9. ^ 『西洋美術史要説』 1981, p. 10.
  10. ^ 『西洋美術史要説』 1981, p. 11.
  11. ^ 『西洋美術史要説』 1981, p. 9.
  12. ^ a b 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 9.
  13. ^ 『西洋美術史要説』 1981, p. 30.
  14. ^ a b c d 『西洋の美術 視覚とその時代』 2001, p. 27.
  15. ^ 『西洋美術史入門』 2012, p. 146.
  16. ^ 『西洋の美術 視覚とその時代』 2001, p. 26.
  17. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, pp. 9-10.
  18. ^ a b c d 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 10.
  19. ^ 『西洋の美術 視覚とその時代』 2001, pp. 27-28.
  20. ^ 『西洋の美術 視覚とその時代』 2001, p. 28.
  21. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 11.
  22. ^ 『西洋美術史要説』 1981, pp. 31-32.
  23. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 12.
  24. ^ 『西洋美術史要説』 1981, p. 32.
  25. ^ a b c d 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 14.
  26. ^ 『西洋美術史要説』 1981, p. 35.
  27. ^ 『西洋美術史要説』 1981, p. 38.
  28. ^ a b 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 15.
  29. ^ a b c d e 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 16.
  30. ^ 『西洋美術史要説』 1981, p. 14.
  31. ^ 『古代エジプト ファラオ歴代誌』 2006, p. 22.
  32. ^ 『エジプト美術』 1973, p. 9.
  33. ^ 『古代エジプト ファラオ歴代誌』 2006, p. 45.
  34. ^ 『エジプト美術』 1973, p. 12.
  35. ^ 『古代エジプト ファラオ歴代誌』 2006, p. 42.
  36. ^ 『西洋美術史要説』 1981, p. 19.
  37. ^ 『西洋美術史要説』 1981, pp. 19-20.
  38. ^ 『古代エジプト ファラオ歴代誌』 2006, p. 112.
  39. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, pp. 16-17.
  40. ^ 『西洋美術史要説』 1981, pp. 21-22.
  41. ^ a b c 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 17.
  42. ^ 『西洋美術史要説』 1981, p. 23.
  43. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 18.
  44. ^ a b 『古代エジプト ファラオ歴代誌』 2006, p. 160.
  45. ^ 『エジプト美術』 1973, p. 88.
  46. ^ a b c d e 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 19.
  47. ^ 『西洋美術史要説』 1981, p. 26.
  48. ^ a b 『エジプト美術』 1973, p. 96.
  49. ^ 『西洋美術史要説』 1981, p. 28.
  50. ^ a b c d e f 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 22.
  51. ^ 『古代ギリシャ』 2012, p. 15.
  52. ^ a b c d 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 23.
  53. ^ a b c d e f 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 24.
  54. ^ 『西洋美術への招待』 2003, p. 1.
  55. ^ a b c d 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 25.
  56. ^ a b c d 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 26.
  57. ^ 『古代ギリシャ』 2012, p. 36.
  58. ^ 『古代ギリシャ』 2012, p. 53.
  59. ^ 『古代ギリシャ』 2012, p. 57.
  60. ^ a b c 『西洋美術への招待』 2003, p. 35.
  61. ^ a b c d e f 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 27.
  62. ^ 『西洋美術史入門』 2012, p. 148.
  63. ^ a b c d e 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 28.
  64. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 29.
  65. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, pp. 29-30.
  66. ^ a b 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 30.
  67. ^ a b c d 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 31.
  68. ^ a b 『イタリアを知るための55章』 1999, p. 16.
  69. ^ 『エトルリア文明 - 古代イタリアの支配者たち』 1994, p. 134.
  70. ^ 『エトルリア文明 - 古代イタリアの支配者たち』 1994, pp. 134-135.
  71. ^ 『イタリアを知るための55章』 1999, pp. 15-16.
  72. ^ a b c 『西洋美術史入門』 2012, p. 150.
  73. ^ a b c d 『エトルリア文明 - 古代イタリアの支配者たち』 1994, p. 136.
  74. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, pp. 31-32.
  75. ^ a b c 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 32.
  76. ^ 『ローマ人の世界』 1996, p. 134.
  77. ^ 『ヨーロッパの中世美術』 2009, p. 38.
  78. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, pp. 32-33.
  79. ^ a b 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 33.
  80. ^ 『ローマ人の世界』 1996, p. 135.
  81. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, pp. 33-35.
  82. ^ a b 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 35.
  83. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, pp. 35-36.
  84. ^ a b c 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 36.
  85. ^ a b c 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 38.
  86. ^ 『ヨーロッパの中世美術』 2009, pp. 15-17.
  87. ^ a b 『西洋美術への招待』 2003, p. 37.
  88. ^ 『西洋美術への招待』 2003, p. 38.
  89. ^ a b c 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 39.
  90. ^ a b 『西洋美術史入門』 2012, p. 152.
  91. ^ 『ヨーロッパの中世美術』 2009, p. 17.
  92. ^ a b c 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 40.
  93. ^ a b c d 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 42.
  94. ^ a b 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 44.
  95. ^ a b c d 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 46.
  96. ^ a b c d 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 47.
  97. ^ a b c 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 48.
  98. ^ 『ヨーロッパの中世美術』 2009, p. 9.
  99. ^ a b c d 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 50.
  100. ^ a b 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 51.
  101. ^ a b 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 52.
  102. ^ a b c d e f 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 54.
  103. ^ a b 『西洋美術への招待』 2003, p. 65.
  104. ^ a b 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 55.
  105. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, pp. 55-57.
  106. ^ a b 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 57.
  107. ^ a b c 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 58.
  108. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, pp. 57-58.
  109. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, pp. 58-60.
  110. ^ a b c d e f 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 60.
  111. ^ a b 『西洋美術史入門』 2012, p. 154.
  112. ^ a b 『増補新装 西洋美術史』 2002, pp. 60-61.
  113. ^ a b c d e 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 61.
  114. ^ 『西洋美術への招待』 2003, p. 3.
  115. ^ a b c d 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 62.
  116. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, pp. 62-64.
  117. ^ a b c d e f g h i 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 64.
  118. ^ 『西洋絵画史 WHO'S WHO』 2005, p. 1、3、5.
  119. ^ 『ルネサンスとは何であったのか』 2008, pp. 89-93.
  120. ^ 『西洋美術史入門』 2012, p. 156.
  121. ^ 『ルネサンスとは何か。』 2012, p. 56.
  122. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, pp. 64-67.
  123. ^ a b c d e 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 67.
  124. ^ 『西洋絵画史 WHO'S WHO』 2005, p. 21.
  125. ^ a b c 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 68.
  126. ^ 『西洋絵画史 WHO'S WHO』 2005, p. 15.
  127. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 70.
  128. ^ 『ルネサンスとは何であったのか』 2008, pp. 70-76.
  129. ^ 『ルネサンスとは何か。』 2012, p. 20.
  130. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, pp. 70-71.
  131. ^ a b c d e 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 71.
  132. ^ 『ルネサンスとは何であったのか』 2008, p. 255.
  133. ^ 『ルネサンスとは何であったのか』 2008, p. 265.
  134. ^ 『西洋美術の歴史』 2001, p. 225.
  135. ^ 『西洋美術の歴史』 2001, p. 227.
  136. ^ a b c d e f 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 72.
  137. ^ a b 『西洋美術の歴史』 2001, p. 218.
  138. ^ 『ルネサンスとは何であったのか』 2008, p. 258.
  139. ^ 『西洋美術の歴史』 2001, p. 219.
  140. ^ 『西洋美術の歴史』 2001, p. 220.
  141. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 74.
  142. ^ 『ルネサンスとは何であったのか』 2008, p. 256.
  143. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, pp. 74-75.
  144. ^ a b 『西洋美術の歴史』 2001, p. 228.
  145. ^ 『ルネサンスとは何であったのか』 2008, pp. 72-74.
  146. ^ a b 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 75.
  147. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 76.
  148. ^ 『ルネサンスとは何であったのか』 2008, p. 264.
  149. ^ a b c d e f g 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 77.
  150. ^ 『ルネサンスとは何であったのか』 2008, p. 259.
  151. ^ 『西洋美術の歴史』 2001, p. 231.
  152. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, pp. 77-78.
  153. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 78.
  154. ^ 『西洋美術の歴史』 2001, p. 233.
  155. ^ a b 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 79.
  156. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, pp. 79-80.
  157. ^ a b 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 80.
  158. ^ 『ルネサンスとは何であったのか』 2008, p. 149.
  159. ^ 『ルネサンスとは何であったのか』 2008, pp. 124-125.
  160. ^ a b c d 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 81.
  161. ^ 『ルネサンスとは何か。』 2012, p. 32.
  162. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, pp. 81-82.
  163. ^ a b c 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 82.
  164. ^ a b c d e 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 83.
  165. ^ 『ルネサンスとは何か。』 2012, p. 114.
  166. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, pp. 83-84.
  167. ^ a b c d e f 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 84.
  168. ^ a b c 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 86.
  169. ^ 『西洋美術の歴史』 2001, p. 241.
  170. ^ a b c d 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 87.
  171. ^ 『ルネサンスとは何であったのか』 2008, pp. 216-218.
  172. ^ 『ルネサンスとは何であったのか』 2008, p. 279.
  173. ^ a b c d e f 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 88.
  174. ^ 『ルネサンスとは何か。』 2012, p. 40.
  175. ^ 『西洋美術の歴史』 2001, pp. 242-244.
  176. ^ 『ルネサンスとは何か。』 2012, p. 42.
  177. ^ 『ルネサンスとは何か。』 2012, p. 48.
  178. ^ 『西洋美術の歴史』 2001, p. 247.
  179. ^ 『西洋美術の歴史』 2001, p. 249.
  180. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, pp. 88-90.
  181. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, pp. 90-92.
  182. ^ 『ルネサンスとは何であったのか』 2008, p. 292.
  183. ^ 『西洋美術の歴史』 2001, p. 253.
  184. ^ a b c 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 92.
  185. ^ 『ルネサンスとは何か。』 2012, pp. 51-52.
  186. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, pp. 92-93.
  187. ^ 『ルネサンスとは何であったのか』 2008, pp. 232-233.
  188. ^ a b c 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 93.
  189. ^ 『西洋美術の歴史』 2001, p. 257.
  190. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, pp. 93-95.
  191. ^ a b c d e f g 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 95.
  192. ^ a b c d e f g h i j 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 96.
  193. ^ 『ルネサンスとは何であったのか』 2008, p. 287.
  194. ^ a b c d e 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 97.
  195. ^ a b c d e 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 98.
  196. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, pp. 98-99.
  197. ^ a b c d e f g 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 99.
  198. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, pp. 99-100.
  199. ^ a b c d 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 100.
  200. ^ 『西洋の美術 視覚とその時代』 2001, p. 177.
  201. ^ a b c d e f g h 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 102.
  202. ^ a b 『西洋の美術 視覚とその時代』 2001, p. 157.
  203. ^ 『西洋の美術 視覚とその時代』 2001, pp. 158-159.
  204. ^ a b c 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 103.
  205. ^ 『西洋の美術 視覚とその時代』 2001, p. 160.
  206. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, pp. 103-104.
  207. ^ a b c 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 104.
  208. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, pp. 104-106.
  209. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, pp. 106-107.
  210. ^ a b c d e 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 107.
  211. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, pp. 107-108.
  212. ^ a b 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 108.
  213. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 109.
  214. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 110.
  215. ^ a b c d e 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 111.
  216. ^ a b c d 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 112.
  217. ^ 『西洋の美術 視覚とその時代』 2001, p. 196.
  218. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, pp. 112-113.
  219. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 113.
  220. ^ a b c d e f 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 114.
  221. ^ a b c 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 120.
  222. ^ a b c d 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 115.
  223. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, pp. 115-117.
  224. ^ a b 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 117.
  225. ^ 『西洋の美術 視覚とその時代』 2001, pp. 210-212.
  226. ^ 『西洋の美術 視覚とその時代』 2001, pp. 216-217.
  227. ^ a b 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 118.
  228. ^ 『西洋の美術 視覚とその時代』 2001, p. 217.
  229. ^ a b c d 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 119.
  230. ^ a b c d e f 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 122.
  231. ^ 『西洋の美術 視覚とその時代』 2001, p. 222.
  232. ^ a b c d e f g 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 123.
  233. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, pp. 123-124.
  234. ^ a b c d 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 124.
  235. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, pp. 124-125.
  236. ^ a b 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 125.
  237. ^ a b c d e f g 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 126.
  238. ^ 『西洋の美術 視覚とその時代』 2001, p. 220.
  239. ^ a b c d 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 128.
  240. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, pp. 128-130.
  241. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 130.
  242. ^ a b 『増補新装 西洋美術史』 2002, pp. 130-131.
  243. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, pp. 131-132.
  244. ^ a b c 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 132.
  245. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, pp. 132-133.
  246. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 133.
  247. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, pp. 133-134.
  248. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 134.
  249. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, pp. 134-135.
  250. ^ a b 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 135.
  251. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, pp. 135-136.
  252. ^ a b c 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 136.
  253. ^ a b c d e 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 138.
  254. ^ a b c d 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 139.
  255. ^ a b c d e f g 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 140.
  256. ^ a b c 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 141.
  257. ^ a b c 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 142.
  258. ^ a b 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 143.
  259. ^ 『印象派の誕生』 2010, p. 57.
  260. ^ 『西洋美術史入門』 2012, p. 172.
  261. ^ a b c d e 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 144.
  262. ^ a b c 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 145.
  263. ^ 『印象派の誕生』 2010, p. 155.
  264. ^ 『西洋美術史入門』 2012, p. 174.
  265. ^ a b c 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 147.
  266. ^ a b 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 149.
  267. ^ a b c 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 154.
  268. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, pp. 154-155.
  269. ^ a b c 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 155.
  270. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 152.
  271. ^ a b c d e 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 156.
  272. ^ a b c d e f g h 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 157.
  273. ^ a b 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 170.
  274. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 171.
  275. ^ a b 『20世紀の美術』 2012, p. 86.
  276. ^ 『20世紀の美術』 2012, pp. 86-87.
  277. ^ 『20世紀の美術』 2012, p. 87.
  278. ^ 『20世紀の美術』 2012, p. 96.
  279. ^ a b c d e f g 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 159.
  280. ^ 『20世紀の美術』 2012, p. 88.
  281. ^ a b 『20世紀の美術』 2012, p. 99.
  282. ^ 『20世紀の美術』 2012, p. 169.
  283. ^ 『20世紀の美術』 2012, p. 6.
  284. ^ a b 『20世紀の美術』 2012, pp. 6-7.
  285. ^ a b 『20世紀の美術』 2012, p. 9.
  286. ^ a b c d 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 160.
  287. ^ 『20世紀の美術』 2012, pp. 11-13.
  288. ^ 『20世紀の美術』 2012, pp. 14-15.
  289. ^ a b 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 161.
  290. ^ 『20世紀の美術』 2012, p. 23.
  291. ^ a b 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 162.
  292. ^ 『20世紀の美術』 2012, p. 26.
  293. ^ a b c d 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 163.
  294. ^ 『20世紀の美術』 2012, pp. 32-33.
  295. ^ 『20世紀の美術』 2012, p. 36.
  296. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 164.
  297. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, pp. 164-165.
  298. ^ a b 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 165.
  299. ^ 『20世紀の美術』 2012, p. 44.
  300. ^ a b c d e 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 166.
  301. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, pp. 166-167.
  302. ^ 『シュルレアリスム』 2011, pp. 235-236.
  303. ^ a b c 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 167.
  304. ^ 『シュルレアリスム』 2011, pp. 7-8.
  305. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, pp. 167-168.
  306. ^ 『シュルレアリスム』 2011, pp. 233-234.
  307. ^ a b 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 168.
  308. ^ 『20世紀の美術』 2012, p. 68.
  309. ^ a b c 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 174.
  310. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 172.
  311. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, pp. 172-173.
  312. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 173.
  313. ^ 『西洋美術の歴史』 2001, p. 442.
  314. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 175.
  315. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 195.
  316. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 196.
  317. ^ 『20世紀の美術』 2012, p. 191.
  318. ^ a b 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 190.
  319. ^ a b 『20世紀の美術』 2012, p. 160.
  320. ^ 『増補新装 西洋美術史』 2002, p. 190-191.
  321. ^ 『20世紀の美術』 2012, pp. 160-162.






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「西洋美術史」の関連用語

西洋美術史のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

珪蒼鉛石

パリジャン

大雪山旭岳の山の生き物

アゲマキ

ジェラールカマンベール4P

金型

3000形車両

George Bush





西洋美術史のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの西洋美術史 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS