古典主義とは?

こ てんしゅぎ [4] 【古典主義】

一七,八世紀ヨーロッパにおける,古代ギリシャ・ローマの芸術のもつ形式美理知調和尊重した芸術上の立場文学ではフランスのコルネイユ・ラシーヌ・ボワロー,ドイツレッシングイギリスのポープ・ジョンソンらに代表される。クラシシズム
一八世紀後半から一九世紀半ばにかけて興った,古代ギリシャ・ローマ美術を範とするヨーロッパ美術様式。ダビッド・アングルらがその代表。ルネサンス期の古典主義と区別して,新古典主義ともいう。

古典主義

読み】:コテンシュギ
【英】:CLASSISM

語源は、古代ローマ市民の最高階級を意味するクラッシクス(classicus)。美術文学音楽建築など広い分野わたって使われ、明晰な秩序に基づく完成された表現目指す様式傾向芸術理念を意味する。17世紀フランス芸術理論として高められ、現在では一般的な様式概念としても、歴史上のある特定の時期を示す概念としても用いられる。様式概念としての考え方としては、バロック対立する表現様式として見る立場と、アルカイスム−古典主義−バロックと展開する様式発展一つ考え立場があるが、いづれもアルカイスムの素生硬表現バロック激しくダイナミック表現に対して合理的秩序に基づく統一性安定した構築性、調和のとれた静かな表現等を古典主義の特質として挙げている。代表的時代としては、紀元前5世紀ギリシアルネサンス17世紀18世紀末から19世紀初頭にかけてのフランスがある。様式概念として広く捉えた時、日本美術などの西欧美術以外の芸術に古典主義の時代を見い出したり、ピカソの「古典主義時代」など個人様式適用することがある

古典主義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/05/12 09:12 UTC 版)

古典主義(こてんしゅぎ)は、ヨーロッパでギリシャ・ローマの古典古代を理想と考え、その時代の学芸・文化を模範として仰ぐ傾向のこと。均整・調和などがその理想とされ、人間性を追及することを特色とする[1]。文脈により異なった意味合いで使用される。ロマン主義の対概念。






「古典主義」の続きの解説一覧





古典主義と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

古典主義に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「古典主義」の関連用語

古典主義のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

青海石

ナガエノスギタケダマシ

ボルボS80

SR400

ストーンウォッシュ

掛けものチョコレート

押出

Cストローク





古典主義のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
徳島県立近代美術館徳島県立近代美術館
Copyright:徳島県立近代美術館.2016
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの古典主義 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS