オランダ黄金時代の絵画とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > オランダ黄金時代の絵画の意味・解説 

オランダ黄金時代の絵画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/09/17 05:05 UTC 版)

オランダ黄金時代の絵画(オランダおうごんじだいのかいが)は、オランダが世界的な影響力を持っていた、ネーデルラント諸州の独立戦争である八十年戦争(1568年から1648年)の終わりから17世紀(オランダ黄金時代[1]を中心として、オランダ人画家たち、あるいはオランダで活躍した外国人画家たちによって描かれた絵画[2]。八十年戦争でスペインからの独立を宣言したネーデルラント連邦共和国は当時のヨーロッパで最も富裕な国で、貿易、学問、芸術の最先端国家だった。連邦共和国を構成した北部の州は、南部の州に比べると芸術分野で優っているとはいえなかった。しかし戦争による混乱と住民の大規模な移動はそれまでの君主制やカトリック的伝統の破壊につながり、オランダ芸術はこれらの大きな変革の結果、素晴らしい成果となって結実した。


  1. ^ 1702年がオランダ黄金時代の終焉だとする説がある:Slive はオランダ黄金時代を1600年 - 1675年と1675年 - 1800年に分けて著述している(p. 296, 294, 32)
  2. ^ 日本で「オランダ絵画」と呼称される絵画は、この時代に描かれたものをさすことが一般的である。
  3. ^ Fuchs, 104
  4. ^ 現存しているのはそのうちの1%程度で、価値ある絵画は10%程度だった (Lloyd, 15)
  5. ^ MacLaren によると、ヤン・ステーンは宿屋を経営しており、アルベルト・カイプは裕福な家庭から妻を迎えたため経済的な心配はなかった。一方カレル・デュジャルディンは画家として生計を立てるのを諦めたと考えられている
  6. ^ Franits, 217 and ff. on 1672 and its effects.
  7. ^ Prak, 241
  8. ^ Lloyd, 97
  9. ^ Fuchs, 43
  10. ^ Franits' book is largely organized by city and by period; Slive by subject categories
  11. ^ Fuchs, 76
  12. ^ See Slive, 296-7 and elsewhere
  13. ^ Fuchs, 107
  14. ^ Fuchs, 62, R.H. Wilenski, Dutch Painting, "Prologue" pp. 27-43, 1945, Faber, London
  15. ^ Fuchs, 62-3
  16. ^ Fuchs, 43
  17. ^ Slive, 13-14
  18. ^ Fuchs, 62-69
  19. ^ Franits, 65. Catholic 17th century Dutch artists included Abraham Bloemaert and Gerard van Honthorst from Utrecht, and Jan Steen, Paulus Bor, Jacob van Velsen, plus Vermeer who probably converted at his marriage.[1] Jacob Jordaens was among Flemish Protestant artists.
  20. ^ Slive, 22-4
  21. ^ Fuchs, 69-77
  22. ^ Fuchs, 77-78
  23. ^ Trip family tree. ゾフィアの祖父、祖母をレンブラントが肖像画に描いている
  24. ^ Ekkart, 17 n.1 (on p. 228).
  25. ^ Shawe-Taylor, 22-23, 32-33 on portraits, quotation from 33
  26. ^ Ekkart, 118
  27. ^ Ekkart, 130 and 114.
  28. ^ Ekkart (Marike de Winkel essay), 68-69
  29. ^ Ekkart (Marike de Winkel essay), 66-68
  30. ^ Ekkart (Marike de Winkel essay), 69-71
  31. ^ Ekkart (Marike de Winkel essay), 72-73
  32. ^ Fuchs, 42 and Slive, 123
  33. ^ Franits, 1, mentioning costume in works by the Utrecht Caravagggisti, and architectural settings, as especially prone to abandon accurate depiction.
  34. ^ Franits, 4-6 summarizes the debate, for which Svetlana Alpers' The Art of Describing (1983) is an important work (though see Slive's terse comment on p. 344). See also Franits, 20-21 on paintings being understood differently by contemporary individuals, and his p.24
  35. ^ On Diderot's Art Criticism. Mira Friedman.p. 36
  36. ^ Fuchs, 39-42, analyses two comparable scenes by Steen and Dou, and p. 46.
  37. ^ Franits, 24-27
  38. ^ Franits, 34-43. Presumably these are intended to imply houses abandoned by Catholic gentry who had fled south in the Eighty Years War. His self-portrait shows him, equally implausibly, working in just such a setting.
  39. ^ Fuchs, 80
  40. ^ Franits, 164-6.
  41. ^ MacLaren, 227
  42. ^ Franits, 152-6. Schama, 455-460 discusses the general preoccupation with maidservants, "the most dangerous women of all" (p. 455). See also Franits, 118-119 and 166 on servants.
  43. ^ Slive, 189 – the study is by H.-U. Beck (1991)
  44. ^ Slive, 190 (quote), 195-202
  45. ^ Derived from works by Allart van Everdingen who, unlike Ruysdael, had visited Norway, in 1644. Slive, 203
  46. ^ a b Slive, 225
  47. ^ Rembrandt owned seven Seghers; after a recent fire only 11 are now thought to survive – how many of Rembrandt's remain is unclear.
  48. ^ Slive, 268-273
  49. ^ Slive, 273-6
  50. ^ Slive, 213-216
  51. ^ Slive, 279-281. Fuchs, 109
  52. ^ Fuchs, 113-6
  53. ^ and only a few others, see Slive, 128, 320-321 and index, and Schama, 414. The outstanding woman artist of the age was Judith Leyster. Other female artists are described here
  54. ^ Fuchs, 111-112. Slive, 279-281, also covering unseasonal and recurring blooms.
  55. ^ クラースは光の反射の表現にすぐれていたことで有名だった。
  56. ^ Slive, 212
  57. ^ See Reitlinger, 11-15, 23-4, and passim, and listings for individual artists
  58. ^ See Reitlinger, 483-4, and passim
  59. ^ Slive, 319
  60. ^ Slive, 191-2
  61. ^ Slive, 144 (Vermeer), 41-2 (Hals), 173 (Steen)
  62. ^ 娼婦を買うためのコインであり、この絵画が売春宿の情景であることを意味している
  63. ^ Slive, 158-160 (coin quote), and Fuchs, 147-8, who uses the title Brothel Scene. Franits, 146-7, citing Alison Kettering, says there is "deliberate vagueness" as to the subject, and still uses the title Paternal Admonition.
  64. ^ Reitlinger, I, 11-15. Quote p.13


「オランダ黄金時代の絵画」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

オランダ黄金時代の絵画に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「オランダ黄金時代の絵画」の関連用語

オランダ黄金時代の絵画のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

キャロル

菊池水源

二渡新田用水

金沢 真

暑寒別天売焼尻国定公園

石炭船

スピア・ポイント

第二しょうどしま丸





オランダ黄金時代の絵画のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのオランダ黄金時代の絵画 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS