布とは?

ぬの [0] 【布】

織物総称古くは,絹に対して,麻・(くず)からむしなど植物の繊維で織ったものをさし,のち木綿含めていうようになった。さらにのちには,絹をも含めて織物総称となった。
建築で,平ら・平・横などの意を表す。 「 -石」 「 -羽目」 「 -丸太」 「 -基礎

きれ 【切れ】

[2] ( 名 )
刃物の切れ具合切れ味。 「ナイフの-がにぶる」
切り離した部分切れ端。 「紙-」
水気などの脱け具合。 「油の-がよい」
(「布」「裂」とも書く)布地生地。 「スカートの-が余った」
(「裂」とも書く)織物断片。また,絵巻書物などであったものの一小部分。 「古今集高野-」 「古筆-」
物事判断や処理をする能力鋭さ。 「頭の-がいい」
スポーツなどで)動き回転鋭さ。 「パンチに-がある」 「カーブの-がいい」
(人の目が)目じりの方へ切れ込んでいる具合。 「 -の長い目
(「ぎれ」の形で)名詞の下に付いて,そのもの使い終わっている意を表す。 「時間-」 「会費-」
接尾
助数詞
切ったものを数えるのに用いる。 「パンひと-」 「ひと-のハム
江戸時代一分金数えるのに用いる。 「白銀五百匁二包,小判二十五両二歩合て四十-/浄瑠璃二枚絵草紙

[1] 【幅・布

布製のものの幅(はば)数え単位並幅(約36センチメートル一枚一幅(ひとの)とする。 「四-の布団」 「三-半
接ぎ合わせた布の一枚一枚。 「主や誰きるひとなしに藤袴見れば-ごとにほころびにけり/詞花

[1] 【布】

ぬの。
布銭(ふせん)

【ふ】[漢字]

【 不 】 [音] フ ・ブ
打ち消しの意を表す。 「 《 フ 》 不可不孝不在不日 ・不正 ・不法不明不用 ・不利 ・不和不合理 」 「 《 ブ 》 不恰好(ぶかつこう)不器量不作法不用心
【 夫 】 [音] フ ・フウ
おっと。 「 夫君夫妻夫婦(ふうふ)情夫夫唱婦随一夫多妻
おとこ。成年男子。 「 夫子(ふうし) ・丈夫 ・匹夫凡夫偉丈夫大丈夫 ・美丈夫
公共労役に出る男。また,一般に労働する男。 「 夫役(ぶやく)(ふえき)) ・駅夫漁夫工夫(こうふ)坑夫水夫人夫農夫
【 父 】 [音] フ
ちち。男親。 「 父兄父子父祖父母岳父義父厳父慈父祖父
ちちおやのような人。 「 国父神父
年とった男。 「 父老漁父(ぎよふ)
【 付 】 [音] フ
あたえる。 「 付与給付交付
よせる。たのむ。 「 付議付託
つける。つく。そえる。 「 付加付記付箋(ふせん)付則付属付着付録添付
【 布 】 [音] フ ・ホ
ぬの。 「 布衣(ふい)(ほい)) ・布巾(ふきん)布帛(ふはく)絹布湿布上布綿布毛布
配置する。 「 布陣布石布置
一面に散らす。並べる。散布塗布分布
広く行きわたらせる。 「 布教布告布施(ふせ)公布弘布(こうふ)(ぐぶ)) ・宣布頒布(はんぷ)流布(るふ)
おしひろげる。 「 布衍(ふえん)
【 巫[音] フ
みこ。かんなぎ。 「 巫覡(ふげき)巫蠱(ふこ)巫術巫女
【 扶 】 [音] フ
たすける。ささえる。 「 扶育扶助扶養扶翼
【 府 】 [音] フ
役所。 「 府中府庁官府政府幕府
みやこ。中心となるところ。 「 在府出府首府都府
人の集まるところ。 「 学府
ものの集まるところ。 「 怨府(えんぷ)
くら。文書財宝を入れるくら。 「 府庫秘府
地方公共団体の一。 「 府下府政
国の行政機関。 「 内閣府大宰府だざいふ鎮守府
【 怖 】 [音] フ
おそれる。おののく。こわい。 「 畏怖(いふ)恐怖
【 斧[音] フ
おの。まさかり。 「 斧鉞(ふえつ)斧鑿(ふさく)石斧雷斧
【 附 】 [音] フ
つく。つけ加える。 「 附加附記附言附箋(ふせん)附則附帯附着附録
つき従う。 「 附随附属附和親附 」 〔「付」とも書く。法律官庁などの表記では「附則」「附属」などには「附」を用いる〕
【 俘[音] フ
とりこ。捕虜。 「 俘囚俘虜
【 訃 】 [音] フ
人の死の知らせ。 「 訃音(ふいん)訃報
【 負 】 [音] フ
戦いにまける。まかす。 「 勝負
おう。せおう。 「 負荷負薪(ふしん)負担
こうむる。身にひきうける。 「 負債負傷
たのむ。たよりとする。 「 自負抱負
より小さい数。また,物理学で,電位の低いほう。マイナス。 「 負数正負
【 赴 】 [音] フ
向かって行く。おもむく。 「 赴援赴任
【 風 】
⇒ ふう〔風〕 [漢]
【 俯[音] フ
うつむく。ふせる。 「 俯瞰(ふかん)俯仰俯伏
【 浮 】 [音] フ
うく。うかぶ。 「 浮沈浮標浮遊浮揚浮力
はかないよりどころがない。 「 浮言浮世浮説
一定ていない。 「 浮動浮浪
【 埠[音] フ
はとば。船着き場。 「 埠頭
【 婦 】 [音] フ
結婚した女性。 「 賢婦産婦主婦新婦妊婦夫婦
おんな。女性。 「 婦女婦人毒婦裸婦
【 符 】 [音] フ
わりふ。文字を記し,二つに割って後日証拠したもの。 「 符契符合符節節符
証拠となる券や。 「 切符(きつぷ)免罪符
神仏守り札。 「 護符呪符(じゆふ)神符
記号。 「 符号符丁音符
【 傅[音] フ
もり。もりやくつきそうかしずく。 「 傅育師傅太傅
【 富 】 [音] フ ・フウ
とむ。ゆたか。 「 富家(ふか)(ふうか)) ・富強富国富有富裕富貴(ふうき)(ふつき)) ・貧富 ・豊富 」
とみ。財産。 「 巨富国富
富士」の略。 「 富岳
【 普 】 [音] フ
多くのものに通じている。並み。 「 普段 ・普通 」
普魯西プロシア」の略。 「 普墺(ふおう)戦争普仏戦争
【 腑[音] フ
こころ。心のなか。 「 肺腑
【 孵[音] フ
卵をかえす。卵がかえる。 「 孵化孵卵
【 腐 】 [音] フ
くさる。くさらす。 「 腐朽腐臭腐食腐肉腐敗腐爛(ふらん)防腐
ふるくさい。 「 腐儒陳腐
心をなやます。 「 腐心
大豆加工した食品。 「 豆腐
【 敷 】 [音] フ
しく。ならべる。敷設
ひろく行きわたらせる。おしひろげる。 「 敷衍(ふえん)
【 膚 】 [音] フ
はだ。からだの表皮。 「 完膚肌膚(きふ)雪膚髪膚皮膚
うわつらだけの。あさはかな。 「 膚浅
【 賦 】 [音] フ
わりあて。 「 月賦年賦
与える。さずける。 「 賦与
天からさずかるうまれつき。 「 賦質賦性天賦稟賦(ひんぷ)
詩歌作る。また,詩や歌。 「 早春賦
漢文文体一つ。 「 詩賦辞賦
【 譜 】 [音] フ
物事系統だてて書き並べたもの。 「 譜図印譜家譜棋譜系譜年譜皇統譜
音楽曲節符号で書いたもの。 「 暗譜音譜楽譜曲譜採譜


【布】(ぬの)

植物の繊維や、動物体毛を織って作ったもの。

初期航空機は翼、胴体ともほぼ全て全て木製フレーム骨格)に羽布を張ったものだった。だが、次第応力外皮構造に取って代わられてゆく。
しかしながら動翼においては第二次世界大戦ごろまで使われていた。
さらに、フェアリー・ソードフィッシュでは全体ホーカー・ハリケーンでは胴体後部金属フレーム張りという構造が使われていた。


読み方:ヌノnuno

古代に用いられた、麻・などの繊維で織った織物


材料

天然素材
素材 特徴
木綿コットン 吸湿性保温性に優れた扱いやすい布。繊維が強いので、洗濯漂白が簡単にできるが、シワになりやすい。ドライクリーニングが必要なものもあるが、アイロン通常高温スチームアイロンで。
麻(リネン サラサラした肌触りで、放熱、放湿性に富む。丈夫で長持ちするので、衣類だけでなくキッチンクロスのようなリネン類にも使用される。洗濯家庭用の漂白剤はさけ、水洗いおすすめアイロン高温スチームで。
絹(シルク なめらかな感触光沢魅力摩擦弱く水分を含んだ状態で摩擦をするとけば立つので、ウォッシャブル以外は水洗いをさける。紫外線に当たると黄色変色し、水分与えるとシミになり縮むので保管には注意が必要。アイロンドライ中低温で。
毛(ウール 主に動物の毛から取っ繊維で、伸縮性、弾性保温性に富んでいる。水分含ませこするとフェルト化するアイロン当て布をしてスチームの中温で。
化学繊維
素材 特徴
レーヨン 絹に似せてつくられた再生繊維で、絹に似た美し光沢感触特長吸湿、放湿性がよく、熱に強いが、水分を含むと強度が低くなるほか、部分的にぬれると汚れが残ることもある。アイロンスチームで中温かドライ低温
ポリエステル 摩擦強度強く耐久性優れている水洗いでき、速乾性もあり、シワになりにくい。吸湿性が低いので、にぬれても乾きやすいが、静電気が起きる。テカリ防止のためアイロン当て布をする。
ナイロン 弾力性に富み、強度が高い。日光に当たると黄変するので、陰干しする。伸縮加工しやすいので、ストッキング水着などに用いられる。アイロン低温で。
アクリル ウール比べ摩擦強く耐久性耐光性優れている吸湿性が低いので、にぬれても乾き早いアイロン高温にすると溶けることがあるので低温で。
ポリウレタン 引っ張る伸びるゴムのような性質があるので、混紡ストレッチ素材利用される。水洗い場合優しく手洗いか、洗濯機ネットに入れる。スチームアイロンはさけ、ドライ低温で。

作者倉阪鬼一郎

収載図書恐怖症異形コレクション
出版社光文社
刊行年月2002.5

収載図書鳩が来る家
出版社光文社
刊行年月2003.1
シリーズ名光文社文庫


読み方:ぬの

  1. 粗目役人ノコトヲ云フ。〔第五類 官吏官舎之部・石川県
  2. 取締りの怠慢なる役人の事。注意の行届かない役人のこと。〔石川県
  3. 取締緩慢な役人のこと。注意の行届かない役人のことをいう。

分類 石川県

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

読み方:ヌノnuno

所在 高知県土佐清水市

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

読み方
ぬの
ふさき

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/11/14 22:33 UTC 版)

(ぬの)とは多数の繊維を薄く広い板状に加工したものを指す。作り方によって織物編み物メリヤス生地)、レースフェルト不織布に分けられ、使用している繊維の種類、織り方、編み方により性質が決まる。古代日本では植物繊維で作られた物のみを指し、絹織物毛織物は「布」とは呼ばれていなかったが、現在は繊維の材質に関わらず布と呼ぶ。衣類装飾などに使用される。歴史上では、貴重な材質の布は、一種の貨幣としても流通した。






「布」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2012/02/22 10:56 UTC 版)

発音

名詞

  1. (ぬの)綿といった繊維から織り上げたもの。衣服などの材料となる。

熟語


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.





布と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「布」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

布のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ボーンヤード

アイロン

B-52

シンブル

第1空挺団

シンブル

シリアルナンバー

ログキャビンキルト





布のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日本ヴォーグ社日本ヴォーグ社
Copyright (c) NIHON VOGUE-SHA Co., Ltd. All Right Reserved
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2016 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの布 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2016 Weblio RSS