印象派とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会運動 > 一派 > 印象派の意味・解説 

いん しょうは -しやう- [0] 【印象派】


印象派

19世紀半ばフランスで起こった芸術運動対象自然に見え再現重視した伝統的絵画価値観破壊し、対象捉える輪郭線も固有色も否定し、筆触意識的に残し、純粋に絵画独自の問題焦点当て創作した。やがて、人の精神性表現することが中心命題となった20世紀絵画先駆的役割を果たした。

印象主義

読み】:インショウシュギ
【英】:IMPRESSIONNISME
別称】:印象派

19世紀後半フランスに起きた最も重要な絵画運動で、その影響は欧米をはじめ日本にまで及ぶ。1874年春にモネピサロシスレードガルノワールセザンヌ等を中心とする画家官展サロン対抗して団体展を開いた際、新聞記者ルロワモネの「印象日の出」をもじって彼らを印象派と呼んだ。印象派という名称はこのことに由来し印象主義という用語もそこから派生した。印象主義は写実主義受継いで特に外光派戸外制作を重んじ、かつマネ啓発されて明る色彩用いて外界事物を光をあび、空気で包まれた印象として表現した。光の変化応ず色調変化空気のゆれ動き効果的に描くために、固有色を否定し、筆触小さく分割し、色調原色還元したことが技法上の特徴とされる。印象主義は必ずしも体系化された理論をともなわず、組織的にはゆるやかな結びつきにとどまったため、1880年代以降画家個性進展円熟したがい、またスーラゴーガンなど新世代登場ともあいまって多様化様相深めた。

後期印象派

読み】:コウキインショウハ
【英】:POST-IMPRESSIONISM
別称】:印象派

1910年イギリス美術批評家ロジャー・フライによって組織され、ロンドンのグラフトン・ギャラリーで開催された「マネと後期印象派展」に由来する語で、セザンヌゴッホゴーガンの3人を指すものである。印象派や新印象派とは異なる大画家で、後世多大影響を及ぼした者という意味内容で、特定の美術運動を指すものではない。しかし、近年ではアメリカ美術史家ジョン・リウォルドが、新印象派ルドン含めて、おもにアンデパンダン系統画家たちを総括する用語としてこれを使用したりもしている。

新印象主義

読み】:シンインショウシュギ
【英】:NEO IMPRESSIONNISM
別称】:印象派

19世紀末のフランス絵画運動新印象派、ディヴィジヨニスム(分割主義)ともいう。1886年最後の印象派展で初め明瞭な姿を現わし、スーラとシャニックによって代表される。シュヴルールやシャルル・アンリなどの光学理論色彩論触発され、印象主義継承しつつこれをさらに科学的追求して、画面に一層の明るさと輝き与えようとした。技法としては、パレット画布上で混色避け視覚混合徹底したことが最大特色である。スーラ古典的秩序追求により印象主義おろそかにしたフォルムを再び絵画中にとり戻し造型秩序画面構築したことは絵画史上における意義として特筆される。科学性と理論性の追求という特色により、キュビズム未来派大きな影響与えた。

印象派

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/04/27 04:47 UTC 版)

印象派(いんしょうは)または印象主義(いんしょうしゅぎ)は、19世紀後半のフランスに発した絵画を中心とした芸術運動英語版であり、当時のパリで活動していた画家たちのグループが起源である。フランスの保守的な美術界からの激しい批判にさらされながらも、独立した展覧会を連続して開催することで、1870年代 - 1880年代には突出した存在になった。この運動の名前はクロード・モネの作品『印象・日の出』に由来する。この絵がパリの風刺新聞「ル・シャリヴァリフランス語版」で、批評家ルイ・ルロワ英語版の槍玉に挙げられ、その結果「印象派」という新語が生まれた[1]




  1. ^ シルヴィ・パタン; 村上伸子訳 『モネ-印象派の誕生』 (1版) 創元社、2010年、42頁。ISBN 978-4-422-21127-5
  2. ^ 海野 弘 『パトロン物語-アートとマネーの不可思議な関係』 (初版) 角川書店、2002年6月10日、62-71頁。ISBN 4-04-704087-8 
  3. ^ 島田紀夫 2004, p. 22-25.
  4. ^ テオドール・ジェリコー-メデュース号の筏-(画像・壁紙)” (2008年3月17日). 2014年11月2日閲覧。
  5. ^ ≪7月28日-民衆を導く自由の女神≫”. 2014年11月2日閲覧。
  6. ^ 島田紀夫 2004, p. 27.
  7. ^ 広義の写実主義は西洋美術の伝統であり、アカデミーや新古典派も見えるとおりに描きながら理想的な形へ整えていく写実描写を実践している。ここで紹介しているのは、そのような理想化は一切しないで、ありのままに捉えようとする運動としての19世紀の写実主義(レアリスム)のこと。
  8. ^ 「美術検定」実行委員会 2008, p. 67.
  9. ^ 島田紀夫 2004, p. 80.
  10. ^ 「美術検定」実行委員会 2008, p. 68.
  11. ^ 島田紀夫 2004, p. 26-27.
  12. ^ Nathalia Brodskaya, Impressionism, Parkstone International, 2014, pp. 13-14
  13. ^ a b Samu, Margaret. "Impressionism: Art and Modernity". In Heilbrunn Timeline of Art History. New York: The Metropolitan Museum of Art, 2000 (October 2004)
  14. ^ [The Art Book, 1994 Phaidon Press, page 33, ISBN 91-0-056859-7 http://uk.phaidon.com/store/art/the-art-book-mini-format-9780714836256/]
  15. ^ Bomford et al. 1990, pp. 21–27
  16. ^ Greenspan, Taube G. "Armand Guillaumin", Grove Art Online. Oxford Art Online, Oxford University Press
  17. ^ Seiberling, Grace, "Impressionism", Grove Art Online. Oxford Art Online, Oxford University Press
  18. ^ Denvir (1990), p.133
  19. ^ Denvir (1990), p.194
  20. ^ Bomford et al. 1990, p. 209
  21. ^ Denvir (1990), p.32
  22. ^ Rewald (1973), p. 323
  23. ^ クリストフ・ハインリヒ; ABC Enterprises Inc. (Mikiko Inoue)訳 『モネ』 TASCHEN、2006年、32頁。ISBN 978-4-88783-012-7
  24. ^ Gordon; Forge (1988), pp. 11–12
  25. ^ Distel et al. (1974), p. 127
  26. ^ Richardson (1976), p. 3
  27. ^ Denvir (1990), p. 105
  28. ^ Rewald (1973), p. 603
  29. ^ Rewald (1973), pp. 475–476
  30. ^ Bomford et al. 1990, pp. 39–41.
  31. ^ Renoir and the Impressionist Process[リンク切れ]. The Phillips Collection, retrieved May 21, 2011
  32. ^ a b Wallert, Arie; Hermens, Erma; Peek, Marja (1995). Historical painting techniques, materials, and studio practice: preprints of a symposium, University of Leiden, the Netherlands, 26-29 June, 1995. [Marina Del Rey, Calif.]: Getty Conservation Institute. p. 159. ISBN 0-89236-322-3.
  33. ^ a b Stoner, Joyce Hill; Rushfield, Rebecca Anne (2012). The conservation of easel paintings. London: Routledge. p. 177. ISBN 1-136-00041-0.
  34. ^ Stoner, Joyce Hill; Rushfield, Rebecca Anne (2012). The conservation of easel paintings. London: Routledge. p. 178. ISBN 1-136-00041-0.
  35. ^ Rosenblum (1989), p. 228
  36. ^ Metropolitan Museum of Art
  37. ^ a b c Levinson, Paul (1997) The Soft Edge; a Natural History and Future of the Information Revolution, Routledge, London and New York
  38. ^ Sontag, Susan (1977) On Photography, Penguin, London
  39. ^ Gary Tinterow, Origins of Impressionism, Metropolitan Museum of Art,1994, page 433
  40. ^ Baumann; Karabelnik, et al. (1994), p. 112.
  41. ^ 新関 (2000: 74-78)。
  42. ^ ゴーギャンは、出展したが、カタログ作成には間に合わず記載されていない。新関 (2000: 75)。
  43. ^ モネは、出展を希望しなかったので、カイユボットが借り集めて出展した。新関 (2000: 75-76)。
  44. ^ マリー・ブラックモン、メアリー・カサット、ベルト・モリゾの女性3名はポスターへの名前掲載を拒否したのでポスター上は15名。新関 (2000: 76)。







印象派と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「印象派」の関連用語

印象派のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

マスカルポーネ

西教寺

サイドローディング

新宮美歩

高圧ナトリウムNAV-TS型

帰雁水月図鐔

第二しょうどしま丸

ホローチョコレート





印象派のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
横浜美術学院横浜美術学院
Copyright © 2016 横浜美術学院 AllRights Reserved.
徳島県立近代美術館徳島県立近代美術館
Copyright:徳島県立近代美術館.2016
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの印象派 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS