アンフォルメルとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 状態 > 動向 > アンフォルメルの意味・解説 

アンフォルメル [3]フランス informel】

1950年代に展開された絵画における抽象表現主義の一動向表現過程そのもの重視し,物質性と描く行為とを前面押し出した。フランス批評家タピエ命名。デュビュッフェ・フォートリエ・マチュー・ボルスらが代表的画家。非定形絵画

アンフォルメル

定形という意味のフランス語非公式なという意味もある。戦後ヨーロッパ前衛芸術運動で、アメリカアクション・ペインティング同時期。代表的作家は、フォートリエデュビュッフェヴォルスなど。彼らはプロ画家としての経歴を持たず、既成絵画概念素材価値観かかわりをもたず、美術以外の数学物理哲学などで理論武装した激烈主張を持っていた。戦後前衛芸術普遍性確立大きな功績を果たした。

アンフォルメル

読み】:アンフォルメル
【英】:INFORMEL

もとは「非定形なもの」という意味。美術の世界では、アンフォルメル絵画、アンフォルメル芸術というように用いられ、定着している。第二次世界大戦後、約10年間、世の中では抽象絵画運動さかんになった。この抽象への指向が、アメリカでは抽象表現主義とよばれ、フランス中心とするヨーロッパにおいてはアンフォルメルとよばれたのである。アンフォルメルという言葉は、フランス批評家ミシェル・タピエによって1950年名付けられ、1952年には「アンフォルメルの意味するもの」と題する展覧会がもたれた。この運動の中心となった作家は、ヴォルスデュビュッフェマチュー、リオベル、ミショーらで、彼らはこれまでの美学を棄て「もう一つ芸術」を創ろうとした。つまりこれまでの抽象与えてきた構成的、幾何学的なイメージ脱却し、理性では把えられない意識下の心の状態から生み出されるものを表現しようとした。それらは抒情的で非幾何学的であるがゆえに、アンフォルメルとよばれた。日本にも後日紹介されて、前衛芸術多大影響与えた。

アンフォルメル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/10/20 02:00 UTC 版)

アンフォルメルフランス語:Art informel、非定型の芸術)は、1940年代半ばから1950年代にかけてフランスを中心としたヨーロッパ各地に現れた、激しい抽象絵画を中心とした美術の動向をあらわした言葉である。同時期のアメリカ合衆国におけるアクション・ペインティングなど抽象表現主義の運動に相当する。






「アンフォルメル」の続きの解説一覧





アンフォルメルと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

アンフォルメルに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「アンフォルメル」の関連用語

アンフォルメルのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

JAXAの追跡管制網

ヒダハタケ

ピンプラグ

ひまし油

上村亘

ウェット クリスタル

カンプトサウルスの一種

プラント





アンフォルメルのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
横浜美術学院横浜美術学院
Copyright © 2016 横浜美術学院 AllRights Reserved.
徳島県立近代美術館徳島県立近代美術館
Copyright:徳島県立近代美術館.2016
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアンフォルメル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS