ポップアートとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 美術 > アート > ポップアートの意味・解説 

ポップアート [4] 【pop art】

1960年代アメリカ中心として広まった前衛芸術広告漫画などの大衆的図像作品素材としてとりいれたもの。

ポップ・アート

まさに戦後アメリカ象徴のようなポップアートだが、実は1950年代イギリス生まれである。しかし、マスメディアによって日々生産消費される大衆文化、つまり、広告漫画女優写真加工された食品類、注目を集める政治家の顔などを、そのまま作品として提示したポップアートは、まさにアメリカのために産み落とされた芸術表現であった。

ポップ・アート

読み】:ポップ・アート
【英】:POP ART

ポピュラー・アート(大衆芸術)に由来する言葉で、1950年代後半以降、とくに1960年代イギリスアメリカ盛んになった現代芸術の最も特徴的動向のひとつ。イギリスでは、1952〜55年ロンドンICA現代芸術研究所)に集まったインディペンデント・グループの中で理論化され、メンバー批評家ローレンス・アロウェイがポップという言葉を用い始めた。マスメディア広告関心示しアメリカ大衆文化影響を受け、伝統既成権威への反発ハイ・カルチャーサブ・カルチャー区別取り払ったことなどが特徴としてあげられ、リチャード・ハミルトンキタイホックニーなどの作家がいる。アメリカでは、抽象表現主義反発する風潮の中で現れジャスパー・ジョーンズロバート・ラウシェンバーグ先駆者としてあげられる。ありふれたイメージキッチュを用い、また、ダダに根ざしていたため、しばしばネオ・ダダとも呼ばれる大衆社会マス・メディア大量生産消費社会関心持ちここからアセンブリッジ芸術ハプニング派生している。

ポップ・アート

作者ジョー・ヒル

収載図書20世紀幽霊たち
出版社小学館
刊行年月2008.9
シリーズ名小学館文庫


ポップアート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/04/14 02:57 UTC 版)

ポップアート(pop art)は、現代美術の芸術運動のひとつで、大量生産・大量消費社会をテーマとして表現する。雑誌広告漫画、報道写真などを素材として扱う。1950年代半ばのイギリスでアメリカ大衆文化の影響の下に誕生したが、1960年代アメリカ合衆国ロイ・リキテンスタインアンディ・ウォーホルなどのスター作家が現れ全盛期を迎え、世界的に影響を与えた。











ポップアートと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ポップアート」の関連用語

ポップアートのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

日本初の人工衛星打ち上げ

走行性能曲線図

モモイロペリカン

グランディス

ウオッシュ加工

108号車

ED403

二層同時舗設式アスファルトフィニッシャ





ポップアートのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
横浜美術学院横浜美術学院
Copyright © 2016 横浜美術学院 AllRights Reserved.
徳島県立近代美術館徳島県立近代美術館
Copyright:徳島県立近代美術館.2016
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのポップアート (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS