バルビゾン派とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 関係 > グループ > バルビゾン派の意味・解説 

バルビゾン派

読み】:バルビゾンハ
【英】:ECOLEZDE BARBISON

パリ東南フォンテーヌブロー北西にある小村バルビゾンを、1830年頃からテオドール・ルソーコローら若い画家たちが訪れ風景を描いていた。そして、1835年ルソー続いてミレーコロートロワイヨンドービニーデュプレらが、1840年代にかけて相次いで移住し、風景画を描くグループ形成した。この集団をバルビゾン派というが、それぞれ独自の画風をもっており、ミレーコローなど、同じバルビゾン派としてひとまとめにするのが難し作家もいる。しかし、おおむねコンスタブルボニントンらのイギリス風景画や、17世紀オランダ風景画からの影響が強い。当時一般的となっていたイタリア旅行もせず、主にバルビゾン制作した彼らにとって、自然は、ほとんど崇拝対象に近いものであった。また、風景それ自体興味示し古典的規範反抗するその態度は、当時としてはかなり革新的なものであった。すぐ後に続く写実主義や、印象派与え影響少なくはない。

バルビゾン派

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/09/10 14:12 UTC 版)

バルビゾン派(バルビゾンは、École de Barbizon)は、1830年から1870年頃にかけて、フランスで発生した絵画の一派である。フランスのバルビゾン村やその周辺に画家が滞在や居住し、自然主義的な風景画や農民画を写実的に描いた。1830年派とも呼ばれる。






「バルビゾン派」の続きの解説一覧





バルビゾン派と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「バルビゾン派」の関連用語

バルビゾン派のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

鋳鉄ホーローシンク

路面凹凸あり

スタグホーン

フエ

1目ゴム編み

どうじま号

ベリーサ

ライトロースト





バルビゾン派のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
徳島県立近代美術館徳島県立近代美術館
Copyright:徳島県立近代美術館.2016
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのバルビゾン派 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS