ヴェネツィア派とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ヴェネツィア派の意味・解説 

ヴェネツィア派

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/03/25 06:32 UTC 版)

ヴェネツィア派ルネサンス時代、特に15世紀後半から16世紀にかけてヴェネツィア共和国とその周辺で活躍した美術の流派。絵画、彫刻、建築など様々な分野でその特徴は見受けられるが、一般的には絵画の流派を指す。絵画においてはデッサンを重視したフィレンツェ派とは異なり、画面を色を使って構築し、流動的で詩的な雰囲気で人間の感覚に直接訴えかける効果を追求した。[1][2]




  1. ^ ブリタニカ国際大百科事典小項目事典“ベネチア派”[アクセス日:2010.8.19]
  2. ^ 高階秀爾監修『[カラー版]西洋美術史』美術出版社、2008年、229頁。
  3. ^ ピーター・ハンフリー著、高橋朋子訳、2010年、112頁。
  4. ^ ピーター・ハンフリー著、高橋朋子訳、2010年、9頁。
  5. ^ 『華麗なる18世紀イタリアヴェネツィア絵画展』産経新聞社、2001年、12-17頁。
  6. ^ Brown, 1997, pp33-34.
  7. ^ 石鍋真澄監修『ルネサンス美術館』小学館、2008年、176-180頁。
  8. ^ 高階秀爾監修、中山公男、佐々木英也責任編集『NHKルーブル美術館III:神の王国と人間の都市 中世からルネサンスへ』日本放送出版協会、1985年、179-180頁。
  9. ^ 木村重信、高階秀爾、樺山紘一監修、1992年、93頁。
  10. ^ 木村重信、高階秀爾、樺山紘一監修、1992年、11-12頁。
  11. ^ 木村重信、高階秀爾、樺山紘一監修、1992年、12-13頁。
  12. ^ a b c 木村重信、高階秀爾、樺山紘一監修、1992年、13頁。
  13. ^ 木村重信、高階秀爾、樺山紘一監修、1992年、74-75頁。
  14. ^ 木村重信、高階秀爾、樺山紘一監修、1992年、34-36頁。
  15. ^ 高階秀爾監修『[カラー版]西洋美術史』美術出版社、2008年、75頁。
  16. ^ 山下史路『ヴェネーツィアと芸術家たち』文春新書、2005年、159頁。
  17. ^ ピーター・ハンフリー著、高橋朋子訳、2010年、120頁。
  18. ^ a b Venetian Drawing (c.1500-1600)
  19. ^ Colorito: Venetian Renaissance Painting
  20. ^ 松井美智子「エル・グレコとヴァザーリ(I)─初期男性裸体素描の再検討を中心に」、39頁。
  21. ^ a b c d e The J. Paul Getty Museum From Line to Light: Renaissance Drawing in Florence and Venice
  22. ^ a b c d ジャンドメニコ・ロマネッリ「ヴェネツィアの肖像」『世界遺産ヴェネツィアの旅:魅惑の都市、千年の都』東映、TBSテレビ、2011年、pp8-15。
  23. ^ ミシェル・フイエ『イタリア美術』文庫クセジュ、白水社2012年、16頁。






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

ヴェネツィア派に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ヴェネツィア派」の関連用語

ヴェネツィア派のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

A5528K

S-1032

天竜奥三河国定公園

清湯スープ

K 1200 R Sport

Grover Cleveland

菱台

KTR700型





ヴェネツィア派のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのヴェネツィア派 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS