WEEE指令とは?

WEEE指令

フルスペル:Waste Electrical and Electronic Equipment Directive
読み方ウィーしれい
別名:WEEE DirectiveDirective on WEEE

WEEE指令とは、電気電子機器家電製品廃棄物分別収集し、再利用を図らねばならないという趣旨指令のことである。欧州連合EU)がヨーロッパ共通の規制として2003年3月制定発効した。

WEEE指令は単に「WEEE」と呼ばれることも多い。WEEEWaste Electrical and Electronic Equipment)はそれ自体廃棄された電子機器電気機器」といった意味であり、廃棄物を指す。日本では「電子ごみ」と訳されることも多い。

WEEE指令では、廃棄物埋め立て処分焼却処分に伴う堆積および焼却負荷軽減推進され、それと共にリサイクル流れ生むことによる資源消費環境汚染との低減目指されている。

WEEE指令はEC条約の第175条に追加されている。WEEE指令と同様の環境指令として、RoHSローズ)も追加されている。

WEEE指令の規制によって、ヨーロッパ連合加盟国は、電気・電子機器廃棄物一般廃棄物とは分別して別個の回収システム確立する必要が生じた。製品生産する者は、WEEE指令が指示する一定の基準を満たして認証を受けた管理システムによって製造する必要がある

WEEE指令は欧州制定されたものであるが、日本においても、ヨーロッパへ製品輸出している立場としてWEEE指令の指針準拠する動き進んでいる。

情報と社会のほかの用語一覧
家電:  スマホ家電  スマート家電  電子ごみ  WEEE指令  WEEE
関係法令:  エコポイント  違法ダウンロード刑事罰化

WEEE(指令)

Wastre from Electrical and Electronic Equipment 電気電子機器廃棄物リサイクル指令
2004年8月スタートしたEU欧州連合)において廃棄される電気電子機器リサイクル促進に関する指令リサイクルを困難にする物質制限RoHSにより定められた。

WEEE指令

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/04/17 03:50 UTC 版)

WEEE指令(ウィーしれい、ダブリュートリプルイーしれい、英: Waste Electrical and Electronic Equipment Directive、WEEE Directive)は、廃電気・電子製品(WEEE)に関する欧州連合(EU)の指令である。単に、WEEE(ウィー)とも呼ばれる。2003年2月にRoHS(ローズ)指令と共に公布施行された。その後、2012.7.4改正した。


[ヘルプ]


「WEEE指令」の続きの解説一覧





WEEE指令と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「WEEE指令」の関連用語

WEEE指令のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

HDD

Galaxy Note 8

Magic Trackpad

EV SSL証明書

iOS 11

ARROWS X LTE

arrows SV F-03H

Excel





WEEE指令のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2017 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリWEEE指令の記事を利用しております。
プラスチック処理促進協会プラスチック処理促進協会
Copyright(C) Plastic Waste Management Institute All Rights Reserved.
発泡スチロール協会発泡スチロール協会
Copyright (c) 2017 Japan Expanded Polystyrene Association All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのWEEE指令 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS