梅田芸術劇場 梅田芸術劇場の概要

梅田芸術劇場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/06/30 09:52 UTC 版)

梅田芸術劇場
Umeda Arts Theater
梅田芸術劇場があるちゃやまちアプローズ(大阪市北区)
情報
通称 梅芸
正式名称 梅田芸術劇場
旧名称 劇場・飛天
梅田コマ劇場
完成 1992年
開館 1992年11月2日
開館公演 孤愁の岸
客席数 メインホール:1,905
シアター・ドラマシティ:898
延床面積 15,957m²
設備 売店飲食店
用途 演劇ミュージカル
運営 株式会社梅田芸術劇場
所在地 530-0013
大阪市北区茶屋町19番1号
位置 北緯34度42分30.91秒 東経135度29分55.07秒 / 北緯34.7085861度 東経135.4986306度 / 34.7085861; 135.4986306座標: 北緯34度42分30.91秒 東経135度29分55.07秒 / 北緯34.7085861度 東経135.4986306度 / 34.7085861; 135.4986306
アクセス 交通アクセスを参照
公式サイト 梅田芸術劇場

メインホール(旧・梅田コマ劇場)

前身となる「梅田コマ劇場」は1956年11月16日、株式会社梅田コマ・スタジアムによって開場した。現在の「HEP FIVE」の東半分の位置にあり、「梅田コマ・ゴールド」「梅田コマ・シルバー」の2つの映画館も併設していた。長らく「ウメコマ」の愛称で親しまれたが、建物の老朽化などもあり、1992年9月28日の『夫婦善哉』公演を最後に閉場した(劇場跡地には、西接していた「阪急ファイブ」が拡張される形で1998年11月28日、HEP FIVEが開業)。

1992年11月2日、現在地に移転し「劇場・飛天」として再開場した。「梅田コマ劇場」の飛躍発展的移転という位置づけであることや、「コマ」の名称が示す円形舞台を採用しなかったため、敢えて劇場名から「コマ」の名称を外した。だが、移転前の「梅田コマ劇場」と比べ、駅からの移動距離が長くなったことで思うように集客が伸びず、加えて、改称後も「コマ」のイメージが強く「飛天」の名称が浸透しなかったことから、2000年4月に劇場名を再び「梅田コマ劇場」に戻した。2005年4月1日に阪急電鉄がシアター・ドラマシティと併せて買収し、「梅田芸術劇場」(梅芸)としてリニューアルオープン。旧梅田コマ劇場はそのメインホールとなり、現在に至る。

客席の天井中央には、大きなシャンデリアがある。開演前には、低く下ろし、開演と同時に天井に引き上げる仕掛け(現在は常時引き上げた状態)である。客席数:1905席、高さ:11m、間口:21m、奥行:19m。

シアター・ドラマシティ

  • ミュージカル公演のほか、落語会「朝日東西名人会」の会場としても使用される。
  • 不定期で、宝塚歌劇団の公演にも使用される。主として宝塚バウホールと同じように、若手主体の実験的公演が中心である。
  • 客席数:898席、高さ:6.7m、間口:16m、奥行:14.5m。





「梅田芸術劇場」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

梅田芸術劇場に関連した本

梅田芸術劇場に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「梅田芸術劇場」の関連用語

梅田芸術劇場のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

BlackBerry Passport Silver Edition

バーボン・サワー

アカアシガメ

掃海艦「やえやま」型

明色舗装

デオ600系

裏筋

FXDL





梅田芸術劇場のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの梅田芸術劇場 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2015 Weblio RSS