水戸黄門 (第14-21部) 水戸黄門 (第14-21部)の概要

水戸黄門 (第14-21部)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/06 05:34 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
水戸黄門 第14 - 21部
ジャンル 時代劇
原作 葉村彰子(原案)
脚本 各項目を参照
監督 各項目を参照
出演者 西村晃
里見浩太朗(第3部から、第17部まで)
あおい輝彦(第18部より、第28部まで)
伊吹吾郎(第28部まで)
中谷一郎(第1部から、第27部まで)
高橋元太郎(第2部から、第28部まで)
宮園純子(第3部から、第26部まで)
山口いづみ(第9部から、第17部まで)
由美かおる(第16部より、第28部まで,かげろうお銀役として)
せんだみつお(第16部-第17部)
野村将希(第17部より、第28部まで) ほか
オープニングああ人生に涙あり
エンディング 同上
製作
制作 C.A.L
(放送局:TBS
放送
音声形式モノラル放送
放送国・地域 日本
第14部
放送期間1983年10月31日 - 1984年7月9日
放送時間月曜日20:00 - 20:54
放送枠ナショナル劇場
放送分54分
回数37
第15部
放送期間1985年1月28日 - 1985年10月21日
放送時間同上
回数39
第16部
放送期間1986年4月28日 - 1987年1月19日
放送時間同上
回数39
第17部
放送期間1987年8月24日 - 1988年2月22日
放送時間同上
回数26
第18部
放送期間1988年9月12日 - 1989年5月1日
放送時間同上
回数33
第19部
放送期間1989年9月25日 - 1990年4月16日
放送時間同上
回数29
第20部
放送期間1990年10月22日 - 1991年 10月7日
放送時間同上
回数48
第21部
放送期間1992年4月6日 - 1992年 11月9日
放送時間同上
回数32
テンプレートを表示

注釈

  1. ^ その後、2002年に主人公・5代目光圀役として復帰。
  2. ^ 当ドラマでの芸名は娃娃(ワーワ。Baby/Dollといった意味)。本名は黄麗瑾。1967年ベトナム生まれ、出身は台湾高雄市。日本デビューは1987年のEP「夢に抱かれて/湯西川情歌」(RHS-308)。ドラマ終了後は愛鈴として歌手に専念。なお同じ娃娃の芸名を使っていた金智娟 (zh) (en) とは別人。
  3. ^ 後にBS-TBS版で光圀を演じる。
  4. ^ 前任者河合勝巳の夫人である。

出典

  1. ^ これが伊上が脚本家として最後に執筆した引退作となった。


「水戸黄門 (第14-21部)」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「水戸黄門 (第14-21部)」の関連用語

水戸黄門 (第14-21部)のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



水戸黄門 (第14-21部)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの水戸黄門 (第14-21部) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS