エレウシスの秘儀 キュケオンの作用に関する議論

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > エレウシスの秘儀の解説 > キュケオンの作用に関する議論 

エレウシスの秘儀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/24 07:14 UTC 版)

キュケオンの作用に関する議論

麦角菌の感染によって変色した小麦

ホメーロス風讃歌』の「デーメーテール讃歌」第210行に、デーメーテールがケレオスの館で提供された赤ワインを拒否し、水と大麦ペニーロイヤルミントから作られたキュケオンを受け入れるという場面がある[注釈 10]。ギリシアをはじめとした古代には、魔術や宗教上の目的のために媚薬などの薬を用いることは比較的よく見られた[81]。ケレーニイは、クレタ島でアヘンが生産されていたことは間違いなく、デーメーテール女神の信仰はクレタ島からエレウシスにケシの栽培をもたらしたかもしれないとして、ケシから採取されるオピオイドが密儀に用いられた可能性を指摘している[82]。また、古代ローマの詩人オウィディウスによると、コレーがハーデースにさらわれたときに摘んでいたのはケシの花だったとする[83]

ロバート・ゴードン・ワッソン(1898年 - 1986年)、テレンス・マッケナ(1946年 - 2000年)、アルバート・ホフマン(1906年 - 2008年)ら民族菌類学の研究者たちは、エレウシスの秘儀で用いられる飲料キュケオンにはエンセオジェン英語版もしくは幻覚剤としての効果があり、密儀の信仰の力はこれに由来していると主張している[84]。ワッソンらによれば、キュケオンには大麦やライ麦などに寄生する菌類である麦角菌が含まれており、アルカロイドの一種であるエルゴタミンあるいはLSDの前駆物質となるエルゴメトリンを成分として含有する。先行する断食によって準備された入信者たちが速やかに感化を受けたことは、セットとセッティングの関係で説明される。これにより、キュケオンの向精神薬作用が深遠な霊的・知的効果をもたらし、啓示的な精神状態へと促進された可能性がある[84]。紀元前415年に、アテナイの貴族アルキビアデスが私邸においてキュケオンを友人たちに振る舞い、エレウシスの秘儀への冒涜行為として非難された。このことは、キュケオンに幻覚剤的な作用があったことを間接的に示す証拠とされている[85]

これに対し、ブルケルトはこれらの主張には確たる証拠がなにもなく、麦角中毒の症状は不快で陶酔感をもたらすものではないこと、加えて薬物摂取のような個人的体験を千人規模の集団入信者に当てはめることはふさわしくないとして、否定的な見解を明らかにしている[86]。また、J・ニグロ・サンソネーゼ英語版(1946年 -)は1994年、エレウシスの秘儀は人間の神経系の深部感覚が呼吸制御によってトランス状態を誘発するという仮説を発表している[87]

現代において麦角菌が寄生した大麦を用いてキュケオンを調製する試みは、決定的とはならなかったものの、アレクサンダー・シュルギンアン・シュルギンは、エルゴメトリンリゼルグ酸アミド(エルジン)の双方にLSDに似た効果があることが知られていると述べている[88]。マッケナは、他にも密儀に使われたかもしれないものとして、マジックマッシュルームシビレタケの仲間、あるいはベニテングタケなどの候補を挙げている[85]

キュケオンの精神作用に関するもう一つの説は、クサヨシ属アカシアなど地中海地域に見られる多くの野生植物に含まれるジメチルトリプタミン(DMT)である。DMTを経口摂取で作用させるためには、モノアミン酸化酵素阻害薬(MAOI)と組み合わせなければならないが、MAOIはこれも地中海全域で生育しているシリアン・ルー英語版に含有されている[89]


注釈

  1. ^ コレーはペルセポネーの別称で、「娘」または「乙女」の意味。
  2. ^ エレウシスの地名の起源として想定されていた英雄名エレウシーノスあるいはエレウシースの神殿[11]
  3. ^ デスポイナ女神はデーメーテールとポセイドーンの娘で、デーメーテールは放浪中に女神を身ごもったと伝えられている[36]
  4. ^ 『挽歌』断片10
  5. ^ 断片719 Dindorf, 348 Didot
  6. ^ en:George E. Mylonas(1898年 - 1988年)はギリシャの考古学者。
  7. ^ イアッコスとはアテナイ及びエレウシスにおけるバッカスの密儀に関わる神の名前であり、その名を冠した騒々しい祭の歌あるいは儀式の叫び声が人格化したものと考えられている。バッコイやイアッコスはいずれもディオニューソスと関係がある呼び名だが、密儀におけるディオニューソスの役割については議論がある[75]
  8. ^ 研究者によっては、子宮や陽根あるいは蛇の模型など農耕文化に特徴的な性的シンボリズムに結びついた遺物であったと信じている者もいるが、いずれも仮説の域を出ない[77]
  9. ^ Dietrichによれば、「力強いポトニア(女主人)が偉大な息子を産んだ」[2]。ポトニアはミュケナイの女神の称号であり[78]、おそらく同様の意味を持つ前ギリシア語を起源に持つ[79]
  10. ^ なお、ホメーロス叙事詩では別の表現となっている。『イーリアス』(XI, 638 - 641)では、プラムニアのワイン、大麦及び粗挽きのヤギのチーズで作られるとし、『オデュッセイアー』(X, 234)では、これに魔女キルケーが蜂蜜を加え、魔法の薬を注いでいる。
  11. ^ デメトリオスはデーメーテールの男性形。
  12. ^ ヨハネによる福音書 XII. 20-26

出典

  1. ^ 西郷 2003, p. 51.
  2. ^ a b Dietrich 1975, pp. 166,167.
  3. ^ Burkert 1985, p. 285.
  4. ^ a b c d エリアーデ 1991, p. 177.
  5. ^ a b c 片山 1985, p. 237.
  6. ^ a b 白石 2000, pp. 40-41.
  7. ^ Dietrich 1975, pp. 16-21.
  8. ^ エリアーデ 1991, p. 046.
  9. ^ エリアーデ 1991, p. 042.
  10. ^ 安村 1994, pp. 40-41.
  11. ^ 片山 1985, p. 187.
  12. ^ Nilsson 1940, p. 470.
  13. ^ エリアーデ 1991, p. 186.
  14. ^ Newton, Joseph Fort. The Builders p.24
  15. ^ 山川 2009, p. 2-3.
  16. ^ 山川 2009, p. 18.
  17. ^ Schachermeyer 1967, p. 141.
  18. ^ 片山 1985, p. 19.
  19. ^ Karl Kerenyi (1976年). “Dionyusos. Archetypal image of indestructible life”. Princeton University Press. p. 23. 2017年11月3日閲覧。
  20. ^ エリアーデ 1991, p. 044.
  21. ^ 高橋 1996, pp. 61-62.
  22. ^ アポロドーロス 1953, p. 166-167(3巻15・4-15・5).
  23. ^ 高津 1960, pp. 63-64.
  24. ^ アポロドーロス 1953, p. 173(摘要1・3).
  25. ^ 高津 1960, p. 123.
  26. ^ パウサニアス 1991, p. 77(1巻38・3).
  27. ^ 高橋 1996, p. 51.
  28. ^ Smith 1875.
  29. ^ 白石 1999, p. 73.
  30. ^ Kevin Klinton (1993), Greek Sanctuaries: New Approaches, Routledge, p.11
  31. ^ 庄子2011, p. 81.
  32. ^ 沼 & 1995-09, p. 59.
  33. ^ 桑山 2010, pp. 1-2.
  34. ^ edu/academic/clas/pathways/sleusis/ehis2.htm Eleusis: Pathways to Ancient Myth”. Calvin. edu. 2017年11月3日閲覧。
  35. ^ a b Kloft 2010, p. 25.
  36. ^ パウサニアス 1991, p. 540(8巻25・5).
  37. ^ a b 庄子2011, p. 76.
  38. ^ アポロドーロス 1953, p. 37(1巻5・2).
  39. ^ 高津 1960, p. 175.
  40. ^ a b c 安村 1994, p. 32.
  41. ^ a b 福田 1982, p. 142.
  42. ^ 片山 1985, pp. 10-49.
  43. ^ ブルケルト 1985, p. 204.
  44. ^ フレイザー 1951, p. 139以下(44章).
  45. ^ 西郷 2003, p. 53-54.
  46. ^ 片山 1985, p. 235.
  47. ^ 片山 1985, pp. 235-236.
  48. ^ 久木田 1995, pp. 20-21.
  49. ^ ブルケルト 1985, pp. 192,207.
  50. ^ 片山 1985, pp. 237-238.
  51. ^ a b 庄子 2011, p. 75.
  52. ^ a b 安村 1994, p. 42.
  53. ^ エリアーデ 1991, p. 175.
  54. ^ 沼 1995, p. 31.
  55. ^ 片山 1985, p. 194.
  56. ^ ケレーニイ 1974, p. 265.
  57. ^ 片山 1985, p. 48.
  58. ^ Gagné, Renaud (2009). “Mystery Inquisitors: Performance, Authority, and Sacrilege at Eleusis” (英語). Classical Antiquity 28 (2): 211–247. doi:10.1525/CA.2009.28.2.211. ISSN 0278-6656. http://ca.ucpress.edu/content/28/2/211. 
  59. ^ Filonik, Jakub (2013). “Athenian impiety trials: a reappraisal” (英語). Dike 16: 46–51. doi:10.13130/1128-8221/4290. ISSN 1128-8221. http://riviste.unimi.it/index.php/Dike/article/view/4290. 
  60. ^ 秋山 1997, p. 18.
  61. ^ a b エリアーデ 1991, p. 178.
  62. ^ 安村 1994, p. 40.
  63. ^ org./fathers/050105. htm Hippolytus, en:Refutation of all Heresies, in ANF, vol. 5; 5,3
  64. ^ エリアーデ 1991, pp. 180-184, 049.
  65. ^ 高津 1960, p. 63.
  66. ^ a b 秋山 1997, p. 26.
  67. ^ a b Mylonas 1961, pp. 239,243.
  68. ^ Karl Kerenyi. Eleusis - Archetypal image of Mother and Daughter Bollingen Foundation 1967, p. 48
  69. ^ 白石 1999, p. 81-82.
  70. ^ 高津 1960, p. 241.
  71. ^ 白石 2000, p. 8.
  72. ^ a b 西郷 2003, pp. 54-55.
  73. ^ 白石 2000, pp. 6-14.
  74. ^ 白石 2000, pp. 9-10.
  75. ^ エリアーデ 1991, p. 050.
  76. ^ 白石 2000, pp. 12-13.
  77. ^ エリアーデ 1991, p. 181.
  78. ^ Mylonas Mycenae and the Mycenean world p.159
  79. ^ Chadwick: The Mycenean world P.92
  80. ^ Boardman, Griffin, and Murray 1986.
  81. ^ Collins, Derek. Magic in the Ancient Greek World. Wiley, 2008
  82. ^ Karl Kerenyi.Dionysos. Archetypal image of indestructible life. p.24
  83. ^ グレーヴス 1955, p. 81.
  84. ^ a b Wasson, Ruck, Hofmann 1978.
  85. ^ a b テレンス・マッケナ 2003, pp. 166-171.
  86. ^ Burkert, op. cit. Ch.4
  87. ^ Sansonese 1994, pp. 195-215.
  88. ^ Shulgin 1997.
  89. ^ Metzner 1997.
  90. ^ 秋山 1997, pp. 30-31.
  91. ^ 久木田 1995, pp. 19-20.
  92. ^ Julian Carrillo Sanz. “Eleusis: música y misterios a tu alcance”. 2017年11月18日閲覧。
  93. ^ Julie Kovacs, The nightmare continues in With the People from the Bridge. Exercise Bowler, Issue 21, 2015. http://exercisebowler.com/issue21.htm


「エレウシスの秘儀」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「エレウシスの秘儀」の関連用語

エレウシスの秘儀のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



エレウシスの秘儀のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのエレウシスの秘儀 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS