ご成婚パレード三色旗掲揚問題とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ご成婚パレード三色旗掲揚問題の意味・解説 

ご成婚パレード三色旗掲揚問題

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/19 09:24 UTC 版)

ご成婚パレード創価学会旗掲揚問題(ごせいこんパレードそうかがっかいきけいようもんだい)とは1993年6月9日に行われた皇太子徳仁親王親王妃雅子のご成婚パレードの道中に国旗に混ざり創価学会の旗が振られていた問題[1]。内容は一部婚約内定についても記載するが称号はご成婚前であってもここでは「親王妃雅子」として記載する。


  1. ^ 『週刊読売』が1993年7月1日臨時増刊号p20華麗ジューンプリンセス雅子さま<ご結婚の日の朝、ご自宅から皇居へ向かわれる雅子さまをお見送りする人たち>
  2. ^ 昭和天皇の侍従長を務めた入江相政は2代続けて平民からの入内は慎むべきと発言し旧皇族旧華族が賛同した経緯や徳川義寛(同昭和天皇侍従長)も皇太子徳仁親王の親王妃候補について新宗教(創価学会)を信仰する人間は親王妃(未来の皇后)としていかがなものかとの考えを示すなど反発もあった
  3. ^ 昭和天皇は、当時の宮内庁長官・富田朝彦へ「慎重にすぎて好きな人が居なくなったり、徒に時を過ごしてもよくない。難しいと思うがよろしく頼む」「私は本人同士がよいならそれでよい」、「浩宮のこと、その後は?」と繰り返し伝えていたことが明らかとなっている “昭和天皇の言葉、富田メモから(4)「太く短くか、細く長くか」”. 日本経済新聞朝刊: p. 39. (2006年7月24日)
  4. ^ 講談社『美智子さまと皇族たち』(河原敏明・1994年)44項~46項
  5. ^ 『週刊読売』が1993年7月1日臨時増刊号p20華麗ジューンプリンセス雅子さま<ご結婚の日の朝、ご自宅から皇居へ向かわれる雅子さまをお見送りする人たち>


「ご成婚パレード三色旗掲揚問題」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ご成婚パレード三色旗掲揚問題のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ご成婚パレード三色旗掲揚問題のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのご成婚パレード三色旗掲揚問題 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS