ASPとは? わかりやすく解説

アスプ【asp】

読み方:あすぷ

エジプト・リビア地方にすむコブラ科毒ヘビ一種エジプトコブラ


エー‐エス‐ピー【ASP】


エー‐エス‐ピー【ASP】


エー‐エス‐ピー【ASP】


ASP(えーえすぴー)

ネットワーク経由でソフトをレンタルする事業者

インターネットなどを通じてビジネス用のアプリケーション・ソフト提供する利用者は、事業者サーバーアクセスして各種のソフトウェア利用するアプリケーション・サービス・プロバイダの略称。

アプリケーション・ソフトデータなどは、すべて事業者側のサーバー上に置かれるインストールをはじめシステム管理最新版への更新などは事業者側で行うので、利用者は、わずらわしい設定手間取ったり、トラブル巻き込まれたりしないのがメリットだ。使いたいときにだけ、サーバーアクセスすればよい

利用者は、ASPを利用することで、パッケージ製品として販売されているアプリケーション・ソフト買わなくても済む。通常は、利用頻度などに応じた賃貸契約で、パッケージ製品購入するコスト費用に比べ安く抑えられるとあって人気出ている。

情報システム部門に人や資本注ぎ込む余裕のない中小企業などに需要がある考えられソフトウェア開発会社のほか、大手情報通信企業メーカーもASP市場へ参入を始めた。今後ブロードバンド進展で、インターネットを通じたソフト利用拡大するため、サービス価格中心に競争激化する見られている

関連キーワード「IT」
関連キーワード「ブロードバンド

ASP インダストリ・コンソーシアム・ジャパン

(2001.08.02更新


ASP

ASPとは、(1)Active Server Pages(2)Affiliate Service Provider、あるいは(3)Application Service Providerの略称である。

(1)
フルスペル:Active Server Pages
読み方エーエスピー

ASPとは、Webページの「動的に生成することができる機能のことである。Microsoftから提供されているもので、WebサーバーIIS」(Internet Information Server)の拡張機能として用いることができる。

JavaScriptVBScript記述されスクリプト言語や、ActiveXコントロールなどのコンポーネントは、通常Webブラウザスクリプトごと送られブラウザにおいて処理される。ASPにおいてはスクリプト等の解釈・処理がサーバー側で行われ、その処理結果のみがブラウザ送られる

サーバー処理され処理結果のみが返ってくる仕組み採用することにより、データデータベースに格納したり、データベースコンテンツ連動させたりといった、サーバー側での処理を動的に反映できるダイナミックなコンテンツ生成可能になる

(2)
フルスペル:Affiliate Service Provider
読み方エーエスピー

この場合のASPとは、インターネット上商品の販売サービスなどを行っているECサイトと、そのサイト広告掲載しているアフィリエイトサイトとの間を仲介している、広告代サービスのことである。ASPのサービス利用する事で、ECサイトとの提携から報酬受け取りまでをアフィリエイトサービスプロバイダを通じて容易に行うことができる。

(3)
フルスペル:Application Service Provider
読み方エーエスピー

この場合のASPとは、インターネットを通じてアプリケーション顧客提供する事業者のことである。

ASPは、自社保有するサーバーアプリケーションソフトインストールし、そのアプリケーションソフトインターネット越しにレンタルしている。顧客クライアント)はWebブラウザ用いてアプリケーションアクセスし、自分の業務利用することができる。

ASPによってアプリケーションレンタル利用することには導入費用手間などを大幅に削減することができるメリットがあるユーザーパソコンには個々のアプリケーションソフトインストールする必要がなくなるので企業内情報システム部門の負担であるアプリケーションのインストール管理、および、そのアップグレードなどを独自に行わなくて済むようになる。これとほぼ同様の理由でアプリケーション提供する企業からもASPが歓迎される傾向にあり、従来のように業務横断ソフトウェアERP)などの大規模な業務システムだけでなく、ワープロソフト表計算ソフトといったごく基本的なアプリケーションもASPによって流通するケース増えてきている。

WWWのほかの用語一覧
クラウドコンピューティング:  Windows Azure  Zyncro
サーバー:  JSP  ASP  Apache  アクセスログ  BizTalk Server

1‐メチル‐4‐[4‐(ジメチルアミノ)スチリル]ピリジニウム

分子式C16H19N2
慣用名 4-(4-(Dimethylamino)styryl)-N-methylpyridinium、4-[4-(Dimethylamino)styryl]-1-methylpyridinium、p-DPD、1-Methyl 4-[4-(dimethylamino)styryl]pyridiniumDSM、4-[4-(ジメチルアミノ)スチリル]-N-メチルピリジニウム、ASP+、4-[4-(Dimethylamino)styryl]-N-methylpyridinium
体系名:4-[2-[4-(ジメチルアミノ)フェニル]エテニル]-1-メチルピリジニウム、4-[2-[4-(ジメチルアミノ)フェニル]ビニル]-1-メチルピリジニウム、1-メチル-4-[2-[4-(ジメチルアミノ)フェニル]エテニル]ピリジニウム、1-メチル-4-[2-[4-(ジメチルアミノ)フェニル]ビニル]ピリジニウム、1-メチル-4-[4-(ジメチルアミノ)スチリル]ピリジニウム、4-[4-(ジメチルアミノ)スチリル]-1-メチルピリジニウム、4-(4-(ジメチルアミノ)スチリル)-N-メチルピリジニウム、1-メチル4-[4-(ジメチルアミノ)スチリル]ピリジニウム


アスパラギン酸


Asp

Asp → (アミノ酸) アスパラギン酸, D

アスパラギン酸

Aspartic acid, Asp, D

非必須アミノ酸一つで、多くL型存在する動物植物存在し、特にサトウキビテンサイ多く含まれる神経伝達物質としても働く。

Name L-Aspartic acid1)
CAS No.56-84-8
MeSH 68001224
Molecular Formula C4H7NO4
Molecular Weight 133.103
m.p.230-300
pK1(25)1.99
pK2(25)9.90
pKR(25)3.90
Asp

<jmol asp.pdb.gz 250 250></jmol>

CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
Bio Wikiの記事を複製・再配布した「分子生物学用語集」の内容は、特に明示されていない限り、次のライセンスに従います:
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported


Asp

名前 アスプ

ASP

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/09 14:12 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

ASP

ASP

コンピュータ関連

経済関連

その他

Asp



ASP

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/07 15:57 UTC 版)

Ciklone」の記事における「ASP」の解説

ASPは以下のプラン提供しているフリー無償利用可能Free Plan Basic Plan Professional Plan Team Plan Enterprise Plan

※この「ASP」の解説は、「Ciklone」の解説の一部です。
「ASP」を含む「Ciklone」の記事については、「Ciklone」の概要を参照ください。


ASP

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/30 07:23 UTC 版)

恋と選挙とチョコレート」の記事における「ASP」の解説

過激な報道部で、正式名称は「Anti Suppression Paper」(抗抑制紙)。治安部の秘密裏に処理されていた副部長大沢不祥事など暴いて、今までの「学園問題」と学園世論火を付けた部。自治委員会忌々しく思っており、場合によっては廃部にしようと考えているという噂もある。

※この「ASP」の解説は、「恋と選挙とチョコレート」の解説の一部です。
「ASP」を含む「恋と選挙とチョコレート」の記事については、「恋と選挙とチョコレート」の概要を参照ください。


ASP(クラウド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/05 18:01 UTC 版)

Backlog」の記事における「ASP(クラウド)」の解説

ASP(クラウド)は以下のプラン提供しているフリー無償利用可能フリー スターター スタンダード プレミアム プラチナ

※この「ASP(クラウド)」の解説は、「Backlog」の解説の一部です。
「ASP(クラウド)」を含む「Backlog」の記事については、「Backlog」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ASP」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ASP」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



ASPと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ASPのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ASPのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2022 時事用語のABC All Rights Reserved.
ISO用語辞典ISO用語辞典
2022 (C) JMC Corpyright All Rights Reserved
株式会社ジェイエムシーISO用語辞典
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリASPの記事を利用しております。
拡張子辞典拡張子辞典
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ.aspの記事を利用しております。
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
JabionJabion
Copyright (C) 2022 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
Bio WikiBio Wiki
Bio Wikiの記事を複製・再配布した「分子生物学用語集」の内容は、特に明示されていない限り、次のライセンスに従います:
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのASP (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのCiklone (改訂履歴)、恋と選挙とチョコレート (改訂履歴)、Backlog (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS