小林公一 小林公一の概要

小林公一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/30 03:15 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
こばやし こういち
小林 公一
生年月日 (1959-12-13) 1959年12月13日(61歳)
出生地 大阪府池田市
国籍 日本
学歴 慶應義塾大学法学部
職業 演劇プロデューサー 他
所属 宝塚音楽学校阪急阪神ホールディングス
活動期間 1982年 -
小林公平(阪急電鉄元社長)
親族 小林一三(曽祖父:阪急電鉄元社長)

家族

宝塚音楽学校校長および阪急電鉄名誉顧問で元社長会長小林公平の長男、松岡辰郎の外孫。母方の祖父(母の小林喜美にとっては叔父→養父)は同じく元社長の小林米三(辰郎の弟)。曾祖父は阪急阪神東宝グループおよび宝塚歌劇団の創立者である小林一三である。叔父は松岡功(母の弟)、松岡修造従弟にあたる。サントリー相談役鳥井信一郎は従父(母のいとこ)にあたる。父方の伯父には三菱商事会長を務めた三村庸平阪急不動産副社長を務めた三村亮平がいる。また、MBSメディアホールディングス会長の三村景一は父方のいとこ(伯父・三村亮平の長男)である。

来歴・人物

子供の頃から、歌劇に親しんだ。

大阪教育大学附属池田小学校大阪教育大学附属池田中学校大阪教育大学附属高等学校池田校舎を卒業。1982年慶應義塾大学法学部卒業、阪急電鉄に入社。1989年から宝塚歌劇の制作部門に異動し、星組プロデューサーを務める。1993年に本社勤務となり、1996年に歌劇団理事に就任する。

2000年に歌劇団総務部長に就任し、現場に復帰。2002年に専務理事、2004年植田紳爾の後を受けて、理事長に就任した。プロデューサー時代にニューヨーク公演にも携わった経験から、今後はブロードウェイなど海外への進出にも意欲を見せている。

2005年6月に阪急ホールディングス取締役に就任、2006年10月に阪急阪神ホールディングス取締役に就任。

2013年4月1日付けで阪急阪神ホールディングス取締役を退任し、阪急電鉄非常勤取締役となった。なお、宝塚歌劇団理事長職にはとどまる[2][3]

2014年3月1日付けで阪急電鉄取締役創遊事業本部長兼創遊統括部長に就任する。引き続き宝塚歌劇団理事長職を務める[4]

2015年4月1日付で阪急電鉄常務取締役創遊事業本部長に就任、宝塚歌劇団理事長職は退任するが、歌劇団理事を兼任する[5]

2016年4月1日付で阪急電鉄常任監査役に就任[6]、6月14日付で阪急阪神ホールディングス常任監査役に就任[7]

2017年4月より宝塚音楽学校校長に就任[8]

脚注

[脚注の使い方]



「小林公一」の続きの解説一覧




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「小林公一」の関連用語

小林公一のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



小林公一のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの小林公一 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS