将棋用語一覧 ふ

将棋用語一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/05/14 08:51 UTC 版)

封じ手
2日制タイトル戦などで、1日目の終わりに手番側が明日指す指し手を用紙に記載し、封筒に封じて保管するもの。
封じる
攻めを受け切ることや、攻めてくる前に対処しておいて相手に有効な攻撃が出来ないようにすること。
歩頭の桂(ふがしらのけい)
相手の歩の頭に桂馬を打ち、同歩の一手で囲いを崩壊させる手筋のこと。「矢倉崩しの歩頭の桂」という言葉もある。
歩切れ(ふぎれ)
持ち駒に歩がないこと。
含み(ふくみ)
いろいろな可能性を残した指し方。
歩内銀(ふうちぎん)
ツノ銀など、銀を自陣の歩の下に配した陣形。
歩越銀(ふごしぎん)
歩内銀とは逆に、銀を自陣の歩の上に配した陣形。早繰り銀などで生じるが、銀を5筋の歩の上に配した陣形の場合は特に腰掛け銀と呼んでいる。
符号(ふごう)
将棋の符号はある地点に盤上の駒を動かすときに表される表し方として示されている。
歩三兵(ふさんびょう)歩三歩(ふさんふ)
駒落ち将棋で、上手が王と歩3つの持ち駒で戦うもの。余興将棋で、特別ルールとして上手側は二歩がゆるされる場合もある。
蓋歩(ふたふ)
走ってきた飛車や打ちこまれた飛車の後ろに歩を打つ手筋のこと。「蓋をする」とも言う。特に飛車先の歩を交換した後の8五歩を指す。ひもが付いていて取れない、もしくは取れば厳しい手がある状態。
不戦勝、不戦敗(ふせんぱい)
プロ棋戦では休場や棄権、大幅な遅刻など規定により失格になる場合もある。遅刻については遅刻した時間の3倍の時間が持ち時間から引かれるため、持ち時間の3分の1の時間遅刻するとアウト。
負担になる(ふたんになる)
有効だと思ってせっかく打ったり前に進めたりした駒が、かえって相手からの攻撃の目標になってしまうこと。特に攻めの手や攻めの拠点を作る手について言う。
ぶつかる、ぶつける
  1. 駒組みを終えて、戦端を開くこと。
  2. 相手の駒の利きに自分の駒を指すか打って、交換を強要すること。
船囲い急戦
対振り飛車側が舟囲いで指す急戦。対振り飛車用の急戦の指し方は左美濃や簡易の居飛車穴熊に囲ってもできることから、舟囲いでの場合は特に早仕掛けとなる。
不満がない(ふまん-)
有利か、あるいは少なくとも五分五分の局面・展開になること。
フリークラス
プロの将棋界では順位戦のクラスに属さない棋士の制度を設けており、これをフリークラスと呼んでいる。
振り駒(ふりごま)
手番を決める際の方法のひとつ。上位者の駒を奇数とり、振り落として表裏の出た数によって決定される。
振り歩先(ふりふせん)
振りごまで歩の面が多く出る方の対局者。基本的には上位者。
振り飛車党
振り飛車を対局に多く用いる人。振り飛車を得意にする人。
震える
優勢であるのにそれを意識しすぎ、指し手が萎縮してしまうこと。もちろん震えてしまい指すべき手を指せねば形勢の差は縮まってしまい、逆転に至ることもある[1]
ブレイク
主にタイトル戦番勝負において、後手番で勝つこと。テニス用語由来[15]
文化芸術基本法(旧・文化芸術振興基本法)
将棋もこの法律の対象となっているため、国から振興に関する国庫補助(助成金)国家予算が日本将棋連盟に支給されている。
ふんどしの桂
桂馬で両取りをかけること。桂馬のふんどしとも。その形がに似ていることから。

注釈

  1. ^ 『日本将棋用語事典』p.7では、味の良し悪しはそれぞれ0.5ポイントくらいのプラスまたはマイナスがある、ともしている。
  2. ^ 本来の日本語としては「歩で叩く」の方が自然だが、将棋界では「歩を(使って)叩く」と言う習慣がある

出典

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al 『日本将棋用語事典』
  2. ^ a b c d e f g 『将棋語辞典』
  3. ^ 『日本将棋用語事典』p.23
  4. ^ 『日本将棋用語事典』についてはこの項目の他、p.47「緩手」も参照。
  5. ^ 羽生善治が2010年度NHK杯テレビ将棋トーナメントに解説役として出演した際に説明。
  6. ^ 『日本将棋用語事典』p.69
  7. ^ 「あ!駒柱できました」2度の出現に解説陣「珍しいですね」 広瀬章人八段は「これはきっと“使われる”(笑)」/将棋・ABEMAトーナメント”. ABEMAニュース. 2023年5月30日閲覧。
  8. ^ 羽生善治氏が説く、「三手の読み」で未来を切り開く方法”. ログミー. 2013年3月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年3月9日閲覧。
  9. ^ 『日本将棋用語事典』 pp.92-93 「痺れました」、「痺れる」
  10. ^ a b 松下 1970, p. 24.
  11. ^ 修司, 相崎. “72歳現役棋士、桐山清澄九段に聞く「中原誠さんとの東西決戦で嵐になった日」のこと | 観る将棋、読む将棋”. 文春オンライン. 2020年7月30日閲覧。
  12. ^ 松下 1970, p. 26.
  13. ^ 将棋 多面指しでプロと交流”. ニュース和歌山 (2017年11月18日). 2018年3月9日閲覧。
  14. ^ 藤井聡太20歳「はっきり苦しい」王座戦で八冠ロード窮地→「毒まんじゅう」サク裂…《評価値6%》から大逆転の「6四銀」はナゼすごい?”. NumberWeb. 2023年6月27日閲覧。
  15. ^ タイトル100期か無冠転落か。羽生竜王VS広瀬八段、竜王戦七番勝負の展望は?(両者インタビューあり)|将棋コラム|日本将棋連盟”. www.shogi.or.jp. 2019年6月10日閲覧。





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「将棋用語一覧」の関連用語

将棋用語一覧のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



将棋用語一覧のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの将棋用語一覧 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS