夏の風物詩とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 夏の風物詩の意味・解説 

夏の風物詩

読み方:なつのふうぶつし

夏の季節に独特のもので、夏だという印象強くさせるような自然現象作物行事道具などを指す語。例としては、蝉時雨スイカカキ氷ヒマワリ盂蘭盆蚊取り線香など。

風物詩

(夏の風物詩 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/21 07:59 UTC 版)

風物詩(ふうぶつし)とは、ある季節特有の現象、文化、味覚生物、物売りなどであり、その季節をより意識に特徴づけることができる、物・事柄のことである。風物詩の範囲は幅広く、俳句季語として限定されたものと違って、日本の季節を現代人の心に訴えかけているものを指す。また全国的なものから、祭事などの狭い地域のものまであり、季節の到来・節目を表現するときに使われることが多い。




「風物詩」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「夏の風物詩」の関連用語

夏の風物詩のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



夏の風物詩のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの風物詩 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS