将棋用語一覧 な

将棋用語一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/05/14 08:51 UTC 版)

泣いている
自軍の駒が相手に対処されてうまく使えず、形勢に大きく響いている状態。〈例〉「うーん、やっぱり8四の飛車が泣いてますね。どうにかして飛車を使うべきでしたか」
長い将棋
終局まで手数がかかること。
中住まい、中住居(なかずまい)
囲いのひとつ。自陣の真ん中に玉が位置するためこの名称がある。
流れ(ながれ)
対局者の手の選択の相互作用によって生じる、対局の展開の傾向。<例>「この手で流れが変わる」「先手が受け切る流れになった」「先手は金銀が分裂しているので後手は流れを急にして金銀を遊ばせるのがよい」
投げ場(なげば)
投了するタイミング。「投げ場を求める」などのように使う。
投げる
投了と同義。語源は駒台がなかった時代に、負けを認めた側が手持ちの駒を盤上に投げて降参していたことによる。現在は駒台の上に手を乗せる仕草にそのなごりが残っている。
生角(なまかく)
盤上の成っていない角の意味。持ち駒状態の角(持ち角)や馬に対していう。
斜め駒
斜め後ろに引ける銀や角のこと。「斜め駒が(手持ち駒の中に)ないので詰まない」(斜め駒Z)などと言う。
何をやっているのかわからない
何手も手を進めたのに、結果として指した手順が無意味であること。
並(なみ)、並の手(なみのて)
おおかたの人が選択の候補にするような、意外性は無いが有望かつ着実な手。一見してよさそうな手を深く吟味せず安直に選ぶならこれという手。俗手、凡手、平凡な手、わかりやすい手、普通の手、素直な手、自然な手などと類義語の関係にあるが、それらに比べて「それなりには妥当だろう」という手の良否の評価のニュアンスがともなう。局面によって並の手が最善手と一致することもあればわずかに形勢を悪くする手のこともある。
倣(なら)いある手/筋
似たパターンの局面で頻繁に出てくる知っておくべき好手順。
並べ詰み
持ち駒を連続して打てば容易に詰む状態[1]。「並べていけば詰む」とも言う。
不成、成らず(ならず)
成ることができる駒が、成ることができる場所(敵陣)まで進出しても、行きどころのない駒でなければ、成らなくてもよい。そうして成らないことを選択する行為を不成と表現している。
成り
相手の陣地(敵陣)、相手から見て三段目に駒を進めると、裏返して本来の駒よりも性能の良い駒になることができる。これを駒が「成る」と呼び、この成るという状態を成りと呼んでいる。また敵陣に打った時点では成れないが、敵陣に打った駒や不成で敵陣に入った駒は、どこに動いても(敵陣内での移動・敵陣から出た場合ともに)成ることができる。成り上がりなどの言葉の語源。駒のうち、王と金は成ることができない。
成駒成金
成った状態の駒。駒のうちで銀、桂、香、歩は成ると金と同じ性能になるので、特にこれらの成駒を「成金」というが、ここから一般用語・慣用句でつかわれる成り金の語源となる。
成り駒の呼称
ある駒が成ったあとは、その成った状態の名前(ときん/なりふ、なりきょう、なりけい、なりぎん、りゅう、うま)でその駒を呼ぶのが公式的であるが、口頭の会話では、成り駒でも成る前の状態の名前(ふ、きょう(しゃ)、けい(ま)、ぎん、ひしゃ、かく)で呼ぶこともあり、統一されていない。そのため「香車が横に寄ってこられると嫌ですねえ」「角はどこによけるか、一個下かな」のような文も成立する。
成り捨て
相手の駒を取らずに成り、相手にその駒を取らせること。自分の邪魔駒を消したり、相手の守備駒の移動を強いたりする効果がある[1]
成り捨ての歩(なりすてのふ)
歩で行う成り捨てのことで、相手陣形乱しのや、同筋に持ち駒の歩を打ちたいときに成り捨てることで二歩を防ぐなどの狙いがある。
成り込み
飛車・角を相手の陣地へと数マス移動させて成ること。
難解
局面が入り組んでいて、形勢の優劣の判断が難しい状態を指す。
難局(なんきょく)
相手に攻められて困難な状況の局面。難局を乗り切るなどと表現される。この他、検討してみると難しい将棋になる局面。
何でもない
詰めろなどの危険な状況にならせていないこと、なっていないこと。〈例〉「この瞬間が何でもないので、相手玉に必至をかければ勝ちだ」

注釈

  1. ^ 『日本将棋用語事典』p.7では、味の良し悪しはそれぞれ0.5ポイントくらいのプラスまたはマイナスがある、ともしている。
  2. ^ 本来の日本語としては「歩で叩く」の方が自然だが、将棋界では「歩を(使って)叩く」と言う習慣がある

出典

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al 『日本将棋用語事典』
  2. ^ a b c d e f g 『将棋語辞典』
  3. ^ 『日本将棋用語事典』p.23
  4. ^ 『日本将棋用語事典』についてはこの項目の他、p.47「緩手」も参照。
  5. ^ 羽生善治が2010年度NHK杯テレビ将棋トーナメントに解説役として出演した際に説明。
  6. ^ 『日本将棋用語事典』p.69
  7. ^ 「あ!駒柱できました」2度の出現に解説陣「珍しいですね」 広瀬章人八段は「これはきっと“使われる”(笑)」/将棋・ABEMAトーナメント”. ABEMAニュース. 2023年5月30日閲覧。
  8. ^ 羽生善治氏が説く、「三手の読み」で未来を切り開く方法”. ログミー. 2013年3月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年3月9日閲覧。
  9. ^ 『日本将棋用語事典』 pp.92-93 「痺れました」、「痺れる」
  10. ^ a b 松下 1970, p. 24.
  11. ^ 修司, 相崎. “72歳現役棋士、桐山清澄九段に聞く「中原誠さんとの東西決戦で嵐になった日」のこと | 観る将棋、読む将棋”. 文春オンライン. 2020年7月30日閲覧。
  12. ^ 松下 1970, p. 26.
  13. ^ 将棋 多面指しでプロと交流”. ニュース和歌山 (2017年11月18日). 2018年3月9日閲覧。
  14. ^ 藤井聡太20歳「はっきり苦しい」王座戦で八冠ロード窮地→「毒まんじゅう」サク裂…《評価値6%》から大逆転の「6四銀」はナゼすごい?”. NumberWeb. 2023年6月27日閲覧。
  15. ^ タイトル100期か無冠転落か。羽生竜王VS広瀬八段、竜王戦七番勝負の展望は?(両者インタビューあり)|将棋コラム|日本将棋連盟”. www.shogi.or.jp. 2019年6月10日閲覧。





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「将棋用語一覧」の関連用語

将棋用語一覧のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



将棋用語一覧のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの将棋用語一覧 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS