将棋用語一覧 て

将棋用語一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/02/16 03:52 UTC 版)

盤上の駒を動かしたり持ち駒を打ったりすること。
手合い、手合割
手合いは将棋の対局・対戦カード。初めて指すことは初手合いという。手合い割は実力差がある対局でつける駒落ちハンデの規定。お互いの所有する段級の差を基準として決められることが多い。
手合い違い
将棋の実力差がありすぎる状態を指す言葉。
手厚い(てあつい)
厚みを重視する堅実な指し方、形。棋風を称する時にも用いられる[1]。対義語は「軽い」。
手が伸びる
良い手が指せること。〈例〉「急所に手が伸びている」
敵陣(てきじん)
相手から見て三段目、こちらの駒が侵入すると成ることができるゾーンを指す。
手順(てじゅん)
  1. 複数の手の連続したもの。例えば金を動かしてから銀、銀を動かしてから金など、結局同じ形になるように思えても、手順が違えば相手の応手が異なり、全く違う展開になることもある[1]
  2. 手筋。〈例〉「ここからは手順の攻めが続く」
手順前後(てじゅんぜんご)
先に指すべき手と後に指すべき手の順序、「手順」を間違ってしまうこと。特に、それを相手に咎められて、不利になってしまったこと[1]
手将棋(てしょうぎ)
定跡形から著しく外れた将棋。力戦、力将棋とも。
手筋(てすじ)
パターン化された部分的な攻め・受けの手順[1]
手損(てぞん)
1手で駒を進められるところを2手かけてしまうなど、手数を余計にかけてしまうこと。特に序盤の角交換などは、相手の左銀を自動的に進めてこちらが手損をしまうことが多いが、敢えて手損をしてまで行う場合もある。
手得
どちらかが相手よりも多く指し手を進めていること。多く指されている状態を「手損」と言う。
手詰まり(てづまり)
ある局面で指すべき有効な指し手がない状態。
手なりで指す
すぐ分かるよさそうな手を連続して選んで局面を進めていくこと。「自然に指す」と同義のこともあるが、若干ニュアンスが異なる。
手になる
攻めが成立していること[1]。〈例〉「これは端を絡めて行って、手になっていますね」
手抜き、手を抜く、手抜く
駒が取られる状態や攻め込まれている状態で放置して別の手を指すこと[1]
手番
  1. 次に指す順番のこと。
  2. 攻めの主導権を握っている局面。<例>「手番を握る」
手拍子
その後どうなるか考慮せずに、つい思いついた手を指すこと[1]
手待ち(てまち)
攻撃開始前などである程度駒組が進み態勢が整うが有効な指し手がない状態、自分から動くと不利になる際などに、陣形が乱れないよう、さしさわりの無い手を指して相手の応手を待つこと。
出る
駒が前に移動すること。
テレビ対局
テレビ局が主催する棋戦で、棋士は対局者が放送スタジオで映像撮影されている状態で指す。
手を戻す
攻めている状態から一転、受けや自陣の整備にまわること[1]
手を渡す
自分から動くと形勢を損ねると判断した時、大勢に影響の無い無難な手を指して、相手に手番を渡し、動きを見ること[1]。「手待ち」とも。
田楽刺し(でんがくざし)
複数の駒(歩が立たない筋、または角行と他の駒のことが多い)がある筋に香車を打ち、価値の高い駒を取る手。
天空の城(てんくうのしろ)
将棋においては玉やその守備駒の配置を表す用語で通常は自陣、つまり一段目~三段目にある玉の周辺の守備駒いわゆる「囲い」は「城」に喩えることもあるが、そのはるか上空である四段目~六段目、つまり天空に存在することを表す。
天竺大将棋(てんじくだいしょうぎ)
古将棋の一つ。盤は16×16、駒は36種で敵味方合わせて156枚ある。火鬼大将など非常に強力な駒が多いのが特徴。
天使の跳躍(てんしのちょうやく)
桂馬が中央に進出する様を指す言葉。
天守閣美濃(てんしゅかくみの)
左美濃囲いのうち、角の頭へ三段玉に構える美濃囲い。
点数制(てんすうせい)
持将棋での勝敗の決め方。
天王山(てんのうざん)
本将棋において5五の位置にあたる。特に角行や竜馬は効きが良くなることからここを指すことがよくある。

注釈

  1. ^ 『日本将棋用語事典』p.7では、味の良し悪しはそれぞれ0.5ポイントくらいのプラスまたはマイナスがある、ともしている。
  2. ^ 本来の日本語としては「歩で叩く」の方が自然だが、将棋界では「歩を(使って)叩く」と言う習慣がある

出典

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al 『日本将棋用語事典』
  2. ^ a b c d e f g 『将棋語辞典』
  3. ^ 『日本将棋用語事典』p.23
  4. ^ 『日本将棋用語事典』についてはこの項目の他、p.47「緩手」も参照。
  5. ^ 羽生善治が2010年度NHK杯テレビ将棋トーナメントに解説役として出演した際に説明。
  6. ^ 『日本将棋用語事典』p.69
  7. ^ 「あ!駒柱できました」2度の出現に解説陣「珍しいですね」 広瀬章人八段は「これはきっと“使われる”(笑)」/将棋・ABEMAトーナメント”. ABEMAニュース. 2023年5月30日閲覧。
  8. ^ 羽生善治氏が説く、「三手の読み」で未来を切り開く方法”. ログミー. 2013年3月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年3月9日閲覧。
  9. ^ 『日本将棋用語事典』 pp.92-93 「痺れました」、「痺れる」
  10. ^ a b 松下 1970, p. 24.
  11. ^ 修司, 相崎. “72歳現役棋士、桐山清澄九段に聞く「中原誠さんとの東西決戦で嵐になった日」のこと | 観る将棋、読む将棋”. 文春オンライン. 2020年7月30日閲覧。
  12. ^ 松下 1970, p. 26.
  13. ^ 将棋 多面指しでプロと交流”. ニュース和歌山 (2017年11月18日). 2018年3月9日閲覧。
  14. ^ 藤井聡太20歳「はっきり苦しい」王座戦で八冠ロード窮地→「毒まんじゅう」サク裂…《評価値6%》から大逆転の「6四銀」はナゼすごい?”. NumberWeb. 2023年6月27日閲覧。
  15. ^ タイトル100期か無冠転落か。羽生竜王VS広瀬八段、竜王戦七番勝負の展望は?(両者インタビューあり)|将棋コラム|日本将棋連盟”. www.shogi.or.jp. 2019年6月10日閲覧。





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「将棋用語一覧」の関連用語

将棋用語一覧のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



将棋用語一覧のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの将棋用語一覧 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS