将棋用語一覧 ち

将棋用語一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/05/14 08:51 UTC 版)

チェスクロック方式
考慮中に実際に使っただけお互いの持ち時間から差し引いていく対局方式。
地下鉄飛車(ちかてつびしゃ)
自陣一段目に配置し、攻撃する飛車を表したもので、通常は一段目に他の駒を配備せずに飛車が自由に自陣を行き来できるようにしている状態。玉頭攻めや端攻めに活用される。
力を溜める
すぐに攻めずに相手の駒を取って持ち駒を増やしたり駒を成るなどして、より強力な攻めを狙うこと。
力将棋(ちからしょうぎ)
力戦と同義。
力強い(ちからづよい)
  1. 駒をぶつけたり前に出したりする必要の無いような場面で、あえて駒をぶつけたり前に出したりして、そこでの折衝で優位に立とうとする様子。特に金銀玉を動かす手でよく用いる。
  2. 局面の展開の中で、片方ではこちらが得をしているが一部では相手に得となるような、さしひきで自分の側に有利な手順があってもそれを選択せず、より複雑だがより得のできる可能性のある、駒の強くぶつかりあう手順で受けようとするさま。またはそのような棋風を形容していう語。
中段玉(ちゅうだんぎょく)
玉が自陣から見て三段目以上に位置する状態。玉がこの位置になると相手側からみて寄せにくいとされる。
中合い(ちゅうあい)
飛車や角、香など遠距離に利く駒での王手に対して、玉との中間に味方の連携の無い駒を持ち駒から打つあるいは盤上の駒を配備して合い駒すること。
中座飛車(ちゅうざびしゃ)
高飛車の一種。敢えて5段目に飛車を位置させる戦術。中座真が指したのでこの名が付いた。
中将棋(ちゅうしょうぎ)
室町時代から江戸時代にかけて指された古将棋の一つ。現在でも指されている。盤は12×12、駒は21種で敵味方合わせて92枚ある。特に強力な駒としては獅子奔王などが挙げられる。
中盤(ちゅうばん)
一局の将棋で序盤と終盤の間の局面。
窒息する(ちっそくする)
飛車と角が(自分の駒に利きをさまたげられて)広い利きをを持つという特性をまったく発揮できないこと〈例〉「この手を受けるには、紐をつけるだけの窒息した角しかない」
千鳥銀(ちどりぎん)
相掛かりなどで銀がジグザグに進めていく様。千鳥足から連想して命名されている。銀は斜めに後退ができるので、千鳥足に使え、という格言があるほどである。
チャイルドブランド
非常に若くしてデビューし快進撃を続けた羽生世代田中寅彦などの先輩棋士がこのように名付けた。
長考
指し手に時間をかけること。対義語は「早指し
直射(ちょくしゃ)
飛車(竜)・角(馬)・香車の利きに相手の駒が直接当たっていること。

直線(ちょくせん)

  1. 対局においては、王手とそれを受ける手、駒取りになる手とそれをかわす手、次に成駒ができる手とその対処の手、(囲いがたがいに固いために)とりあえず相手の駒を取って補給したり飛車角を打って囲いに狙いをつけたりする手、などがくりかえされ、先手後手ともに妥当な指し手が一つしかない状況が続くことがある。一局全体から見てそのような部分を直線という。この意味のときは「一本道」「一直線」と同義。<例>「ここからしばらく直線で、その後のこの図がどうか」
  2. 今この一手によってその後の展開が大きく変わるような岐路となる局面において、(優劣は別として)形勢をはっきりさせるような攻めあいに持ちこむ選択肢と、そうでない選択肢(相手の攻めを未然に消しつづける、圧迫的な手で迷わせる、玉形を直すなど手待ちをする、など)がある場合に、前者を直線という。その攻めあいが急であるときは「一直線」ともいう。<例>「本譜には出なかった直線の筋をならべる」
  3. さしあたって考えられる現局面以降の手順のうち、それを放置すると形勢の悪化するような直接的に対処の必要な手とそれに対応する一見普通の手のくりかえしからなる、明快な手のみから構成された手順。対局においては、対局者の棋風、相手のメインの読みを避けようという意図、気づきにくい隠れた妙手、時間の切迫による迷いなどの要素がありそれが手に影響してくるが、それらの要素を度外視した「単純に見るとこういう手がありそうだがこうやると、それでこう応じるとどうなるのか?」という手順が感想戦や大盤解説で言及されることがある。それを直線という。<例>「こうさす気だったけど、直線かな?(=筋がいい手順だとは思うが、ややひねりがないかな?)どうするつもりだった?」「竜王は長考中ですのでまず直線から動かしてみますか。解説はいくらでも盤面をもどせますので、ダメならダメでいきます」
  4. 終盤の読むべき内容のうち、ある手以降をすべて自分の感覚で安直に一つにきめうちしていった場合に生じる、一例としての手順 <例>「角打ちからの直線は読んでなかった」
  5. 棋風について用いることもあり、その場合「直線的な」と同義。<例>「君は将棋が直線すぎるよ、相手を見ないタイプだ」

直線的な(ちょくせんてきな)

  1. 指し手の選択肢がいくつかあるが、どれも同じような、雰囲気だけでいうと一通りの展開で進行するさま。<例>「相穴熊はさばきあうと直線的になる」
  2. たがいに相手の攻めを軽くしか受けない攻めあい志向の展開になるさま。<例>「直線的に来られたほうが分からなかった」
  3. 直感的にはそれなりによさそうな、明快な手だけで手順が構成されているさま <例>「早指しだと大体直線的な順になる人と積極的に読みを外してくる人に分かれる」
  4. 自分のほうが(ギリギリではなく)それなりによさそうならあいまいな手、相手を惑わす手、受けつぶしを狙う手よりも攻めあいの手、明快な手を選ぶ棋風であること。良い意味でも悪い意味でも用いる。ギリギリの攻めあいの手を選ぶ棋風は「激しい」という。<例>「彼はかなり直線的な振り飛車党で、初見だとうっかり持っていかれる」
ちょんまげ美濃
陽動振り飛車で生じる美濃囲いで、玉頭にあたる歩が一つ突かれている状態。

注釈

  1. ^ 『日本将棋用語事典』p.7では、味の良し悪しはそれぞれ0.5ポイントくらいのプラスまたはマイナスがある、ともしている。
  2. ^ 本来の日本語としては「歩で叩く」の方が自然だが、将棋界では「歩を(使って)叩く」と言う習慣がある

出典

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al 『日本将棋用語事典』
  2. ^ a b c d e f g 『将棋語辞典』
  3. ^ 『日本将棋用語事典』p.23
  4. ^ 『日本将棋用語事典』についてはこの項目の他、p.47「緩手」も参照。
  5. ^ 羽生善治が2010年度NHK杯テレビ将棋トーナメントに解説役として出演した際に説明。
  6. ^ 『日本将棋用語事典』p.69
  7. ^ 「あ!駒柱できました」2度の出現に解説陣「珍しいですね」 広瀬章人八段は「これはきっと“使われる”(笑)」/将棋・ABEMAトーナメント”. ABEMAニュース. 2023年5月30日閲覧。
  8. ^ 羽生善治氏が説く、「三手の読み」で未来を切り開く方法”. ログミー. 2013年3月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年3月9日閲覧。
  9. ^ 『日本将棋用語事典』 pp.92-93 「痺れました」、「痺れる」
  10. ^ a b 松下 1970, p. 24.
  11. ^ 修司, 相崎. “72歳現役棋士、桐山清澄九段に聞く「中原誠さんとの東西決戦で嵐になった日」のこと | 観る将棋、読む将棋”. 文春オンライン. 2020年7月30日閲覧。
  12. ^ 松下 1970, p. 26.
  13. ^ 将棋 多面指しでプロと交流”. ニュース和歌山 (2017年11月18日). 2018年3月9日閲覧。
  14. ^ 藤井聡太20歳「はっきり苦しい」王座戦で八冠ロード窮地→「毒まんじゅう」サク裂…《評価値6%》から大逆転の「6四銀」はナゼすごい?”. NumberWeb. 2023年6月27日閲覧。
  15. ^ タイトル100期か無冠転落か。羽生竜王VS広瀬八段、竜王戦七番勝負の展望は?(両者インタビューあり)|将棋コラム|日本将棋連盟”. www.shogi.or.jp. 2019年6月10日閲覧。





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「将棋用語一覧」の関連用語

将棋用語一覧のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



将棋用語一覧のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの将棋用語一覧 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS