将棋用語一覧 た

将棋用語一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/05/14 08:51 UTC 版)

第一感(だいいっかん)
最初に思いつく手[1]、局面を見た瞬間に受ける印象。
退会(たいかい)
  1. 奨励会員が奨励会を脱退すること。
  2. プロ棋士日本将棋連盟から脱退すること。プロ棋士は引退後も日本将棋連盟の構成員であり、引退とは厳密には異なる。
対局(たいきょく)
盤に向かい合って将棋を指すこと。将棋の試合。
大局観(たいきょくかん)
部分的なことにこだわらず局面全体を見て行う形勢判断。
対局時計(たいきょくどけい)
持ち時間制の将棋に使用される、対局者双方の持ち時間を計ることができる時計。一方が考慮している際はその当事者の時計が進み、逆の手番になると指した方の時計が止まり、一方の手番者の時計が進むという仕組み。
対抗形(たいこうけい)
居飛車対振り飛車の対局を指す。
対抗形党(たいこうけいとう)
相手が居飛車を取ると先に明示した場合は自分は振り飛車にし、相手が振り飛車を取ると先に明示した場合は、自分は居飛車にするというスタイルの人。このスタイルの人はアマチュアに一定の割合で存在し、(プロの対局では用いないが)アマチュアどうしの会話では用いられる。居飛車党の中のマイナーなタイプの場合と、振り飛車党の中で相振り飛車をしたくないタイプの場合がある。
太閤将棋(たいこうしょうぎ)
上手が飛車先の歩を落として指す駒落ち戦。
泰将棋(たいしょうぎ)
古将棋の一つ。盤は25×25、駒は93種で敵味方合わせて354枚ある。自陣・敵陣の概念がなく、敵駒を取った時に強制的に成る。玉将はなく、代わりに自在天王という強力な駒が採用されている。この他特に強力な駒としては鉤行摩𩹄(魚偏に曷)(まかつ)などが挙げられる。
大将棋(だいしょうぎ)
古将棋の一つ。盤は15×15、駒は29種で敵味方合わせて130枚ある。駒の種類は中将棋の21種類に比較的弱い8種類が加わったものである。
大々将棋(だいだいしょうぎ)
古将棋の一つ。盤は17×17、駒は64種で敵味方合わせて192枚ある。自陣・敵陣の概念がなく、敵駒を取った時に強制的に成る。左右非対称性が強く、成れない駒が多いのが特徴である。
タイトルタイトル戦
将棋界における称号で、特定の棋戦では挑戦手合い形式で行われ、番手勝負に勝利するとその選手権者・タイトル保持者となることができる。プロ将棋では名人戦ほか、将棋のタイトル戦結果一覧将棋の女流タイトル戦結果一覧などを参照。タイトルによってはその保持期間数により引退後名誉の肩書として称することができる。
大変、大変な将棋、まだまだ大変(たいへん)
すでに終盤戦ではあるが、どちらの勝ちになるかがはっきりするまでは、まだ相当の手数がかかる様子。
逮捕(たいほ)
大駒が小駒に囲まれて、直接取りにはなっていないが動けば取られてしまう状態。かけた側はいつでも取りをかけることができる。
退路封鎖(たいろふうさ)
玉の逃げ道に駒をただ捨てし、ほかの駒に取らせることによって玉の逃げ道を無くす手筋。
打開する(だかい)
千日手になりうるような状況で、千日手を選ばずに別の手順をとること。
高い駒(たかいこま)/安い駒(やすいこま)
価値が高いとされる飛車角金銀を高い駒、価値が低いとされる桂香歩を安い駒と呼ぶことがある。王手に対して合駒をしたあとその合駒を取られる手順になるときに「この場合は高い駒で合駒をすると危ない」、相手の囲いに自分の駒が向かっていくときに「安い駒で金銀を取りにいく」のように用いる。
高飛車(たかびしゃ)
飛車が自陣から見て三段目を超えて進出し、攻撃の構えをとる様。おもに五段目に位置する飛車を表し、四段目に定置する飛車は浮き飛車という。一般用語・慣用句の「高飛車な物言い」「タカビー」などはこの高飛車からきている。
高美濃(たかみの)
美濃囲いの発展形で、通常の美濃囲いよりも高く盛り上がっている陣形囲いなのでこう呼ばれる。
ダイヤモンド美濃
金銀4枚で斜めにダイヤ型に連携して形成した美濃囲い。
凧金(たこきん)
角の利きを利用して金が盤の中に繰り出していく戦術。対ひねり飛車戦で使用される。
足し算、足し算の攻め
1つのマスに、対局者甲の駒がa枚、乙の駒がb枚利いているとき、甲の1つの駒がそのマスに動くと、乙の1つの駒がその駒を取り、その取った駒をまた甲の駒がとるという、取る→取られる→取る→取られる、のくりかえしが起きる。このとき駒の枚数がa=bのときは最終的に乙の駒1枚が残り、a>bであれば、甲の駒が残る。そこで、ある一マスに自分の駒の利きを相手の駒の利きより多く集めれば、そこを突破することができる。このことを「足し算」といい、このことを利用してあるマスに対する駒の利きを単純に増やして突破を図ることを「足し算の攻め」という。数の攻め。
打診する(だしん-)
序盤の駒組みの中で、相手がどのような陣形を取るつもりなのかを、その局面で明示させるような手を指す。「端を打診する」「歩突きで銀の引き場を打診する」
叩く、叩きの歩
歩を相手の駒の前に打つこと。「叩きを入れる」とも。ただし相手の歩の前に打った場合は「合わせ」である[1][注 2]。取ると陣形が乱れる、次に取りになる手が受からない、飛車の横利きが消えるなどの狙いがあり、取らずに逃げると拠点が残ることになる。
ただ、ただ取り
ある駒を取るときに別の駒が相手に渡らないこと。逆に、ある駒を取らせるときに別の駒が得られないことを「ただ捨て」と言う。
立会人(たちあいにん)
将棋のタイトル戦において付く対局責任者。タイトル戦の証人として立ち会う。対局の開始宣言や責任審判的な役割を担う。
太刀盛り(たちもり)
将棋盤の目盛り付け作業のこと。刃をつぶした日本刀で行うことから。真っ直ぐで適度な反りがあることから日本刀が適しているとされる。
(玉を)立つ
  1. 居玉を続けた後に、玉を前進させること。
  2. 囲いの中での玉を直に一歩進めること。
縦歩取り
相掛かりにおいて、先手の場合▲2四歩から歩合わせで△3四の歩を取りに行くのは横歩取りというが、角道を開けた△3四の歩を、先手の場合▲2六にいる浮き飛車を▲3六に寄って取りに行くこと。
楽しみ
将棋では一局の将棋で今すぐどうなるということではなくて、今後の展開によっては形勢が良くなるであろうと思われる状況。あるいは形勢が良くなると思われる手。〈例〉「とりあえずこう指しておいて、楽しみを残す含み」「後手のほうが楽しみが多い」
多面指し(ためんざし)
一度に複数人を相手に指すこと。指導対局などで行われる[13]。人数によって「二面指し」「三面指し」などのように使うこともある。
垂らす、垂らし
主として歩を敵陣の2~4段目のいずれか(次にと金に成ることが可能な位置)に打つことで、相手にプレッシャーなどを与える手段の一つとして用いられる。その歩のことは「垂れ歩」と呼ぶ[1]
足りない、足りる
「足りない」は(終盤戦において)攻めがあと一歩届かず、負けになりそうな状態を指す。その逆が「足りる」「足りている」
段(目)
将棋盤における縦軸の列番号。棋譜では漢数字で表記する。1から3段目が後手の陣地、7から9段目が先手の陣地として解説される。
段級位制
将棋などで棋士、将棋指しのランク実力を表す指標。
単騎の銀(たんきのぎん)
玉頭銀など、角などの利きを利用して前に進出させる銀の動き。棒銀のような真っすぐの進出方法よりも銀一枚が斜めに動く様を表す。
ダンスの歩
歩によって相手の守りの金を誘い出した後にさらに歩を打ち、最終的に捕獲したり守備駒としての利きを弱めることができるようになる手筋。
単打の歩(たんだのふ)
持ち駒の歩を単に犠牲になるように打つことで、相手に歩をとらせて陣形を乱したり、対処しなければ駒得を図ることができるといった、歩を使った手筋。
単に
副詞。「単に~する」で、候補となる手順のうち、単純なものを選ぶことをいう。〈例〉「ここで歩の叩きを入れずに単に取る」

注釈

  1. ^ 『日本将棋用語事典』p.7では、味の良し悪しはそれぞれ0.5ポイントくらいのプラスまたはマイナスがある、ともしている。
  2. ^ 本来の日本語としては「歩で叩く」の方が自然だが、将棋界では「歩を(使って)叩く」と言う習慣がある

出典

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al 『日本将棋用語事典』
  2. ^ a b c d e f g 『将棋語辞典』
  3. ^ 『日本将棋用語事典』p.23
  4. ^ 『日本将棋用語事典』についてはこの項目の他、p.47「緩手」も参照。
  5. ^ 羽生善治が2010年度NHK杯テレビ将棋トーナメントに解説役として出演した際に説明。
  6. ^ 『日本将棋用語事典』p.69
  7. ^ 「あ!駒柱できました」2度の出現に解説陣「珍しいですね」 広瀬章人八段は「これはきっと“使われる”(笑)」/将棋・ABEMAトーナメント”. ABEMAニュース. 2023年5月30日閲覧。
  8. ^ 羽生善治氏が説く、「三手の読み」で未来を切り開く方法”. ログミー. 2013年3月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年3月9日閲覧。
  9. ^ 『日本将棋用語事典』 pp.92-93 「痺れました」、「痺れる」
  10. ^ a b 松下 1970, p. 24.
  11. ^ 修司, 相崎. “72歳現役棋士、桐山清澄九段に聞く「中原誠さんとの東西決戦で嵐になった日」のこと | 観る将棋、読む将棋”. 文春オンライン. 2020年7月30日閲覧。
  12. ^ 松下 1970, p. 26.
  13. ^ 将棋 多面指しでプロと交流”. ニュース和歌山 (2017年11月18日). 2018年3月9日閲覧。
  14. ^ 藤井聡太20歳「はっきり苦しい」王座戦で八冠ロード窮地→「毒まんじゅう」サク裂…《評価値6%》から大逆転の「6四銀」はナゼすごい?”. NumberWeb. 2023年6月27日閲覧。
  15. ^ タイトル100期か無冠転落か。羽生竜王VS広瀬八段、竜王戦七番勝負の展望は?(両者インタビューあり)|将棋コラム|日本将棋連盟”. www.shogi.or.jp. 2019年6月10日閲覧。





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「将棋用語一覧」の関連用語

将棋用語一覧のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



将棋用語一覧のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの将棋用語一覧 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS