将棋用語一覧 し

将棋用語一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/05/14 08:51 UTC 版)

幸せになれない
序盤か中盤に、ある候補となる指し手があり、それが(長年の勘から)将来的に悪影響を来たす臭いがしていて、それを指す気が起きないさま。〈例〉(解説者が手を示して)「こういう手は一応ありますが、幸せになれないとしたものですよね」
C級(シーきゅう)
順位戦のクラス。1組と2組とある。最下位クラスがC級2組で奨励会三段リーグを勝ち抜き晴れて四段になった棋士は最初に属するクラス。1組はその上のクラス。
仕掛け(しかけ)
戦いを起こすための最初の攻め・開戦。歩をぶつけること(歩の突き捨て)からが多い。
しかりつけ
受けの用語。金は飛車の打ち込みに強い駒で、飛車を自陣に打ち込まれたとき、持ち駒に金がある時にその金を使って飛車をはじくこと。
時間攻め(じかんぜめ)
自分の手番で時間ギリギリまで待ったり残り時間を存分に使って考えたりせず短時間で着手することをくりかえすことで、相手に持ち時間を消費させたり(時間の少なさから)迷わせたりする効果を狙うこと。
地獄突き(じこくづき)
(突き越されている)自玉の端歩を突いて攻めること。
持久戦(じきゅうせん)
お互いにすぐには攻めず、長い中盤戦が続くような戦型。急戦の対義語。
直彫駒(じかほりこま)
駒に文字を彫る際は字母紙を使用して彫るが、字母紙を使用しないで直接彫った駒のこと。
事件(じけん)
悪手によって優勢または勝勢が吹き飛んでしまうことの比喩的表現。〈例〉「先手勝勢だがここで同角と取ってしまうと事件」
持将棋(じしょうぎ)
入玉で引き分けとする将棋。双方、もしくは片方の玉が敵陣に入り、盤上と持ち駒の大駒を5点、小駒を1点として、互いに24点以上あるときに、双方の合意によって無勝負(引き分け)になる制度。入玉宣言法とは異なるルールである。
自信(じしん)
将棋ではどちらかというと「この変化手順では自信がない」など、自分の指し手についてネガティブな意味で使用される。
自陣(じじん)
自分の陣地を意味し、自分から見て手前下から三段目のスペース、先手から見ると七段から九段の、相手の駒が入ると成ることができる範囲。文脈によっては歩が並ぶすぐ上、四段目までの範囲までを含めることもある。対義語は敵陣。
自陣角(じじんかく)
(遠く相手の駒を見据えて)自分の陣地に持ち駒の角を打つこと。
自陣飛車(じじんびしゃ)
自分の陣に持ち駒の飛車を打つこと。遠く相手の陣を見据えての他に、自陣の守りや相手から自分の陣に駒を打たせないためのスペース潰しの目的で行うこともある。
自然な手(しぜんなて)
バランスの取れた違和感のない手。一見自然な手が局面次第で悪手となることもある。
自戦解説(じせんかいせつ)
自分の指した将棋を解説すること。
自戦記(じせんき)
対局者自らが対局について執筆する記事。
次善手(じぜんしゅ)
将棋の指し手で勝ちに最も近づく指し手を最善手と呼ぶが、その次に良い手を次善手という。
下手(したて)
駒落ち戦で相手にハンデを付けてもらった方。下手側は駒を落とさずに戦うことができる。
質駒(しちごま)
いつでも取れる状態になっていて、実質上甲の側の持ち駒であるのと等しい乙の駒。特に飛車や角などの価値の高い駒で安い駒を取る時に用いられる。
じっくりさす
1.序盤の戦型の選択の段階で、駒組みに手数をかけるタイプの戦型を選ぶ 2.中盤で駒をぶつけたりとりあったりする展開を選ばずに、たがいに隙を見せず形勢が今すぐはどちらかに傾かない展開を選ぶ 3.今すぐ攻めかからずに相手の駒を圧迫したり守りを固めたりするなど有効な手をさす 〈例〉「最近プロ棋士の間では急戦が流行っていますが、この対局はじっくりさす展開ですね」「小学生は大体将棋もやんちゃだが、たまにじっくりさすおっさんみたいな子もいる」「この局面は馬を寄ってじっくりさせば後手指しやすい」
じっと
すぐに攻めるような手や相手に応じる手を指さずに、陣形を整えたり、先を見越して指す手を選択するさま。将来隙にならないよう自陣の駒の位置をなおしたり、飛車角を少し動かしてラインを変えたり、歩・と金・成香・成桂・成銀を動かして相手の駒に近寄っていく手に用いる。解説者が用いることが多い。一般的な「じっと」とはニュアンスが異なる。〈例〉「じっと1六歩と突いた」「指しましたね。ここでじっと金引きですか。ある手ではありますがこの局面でじっとはなかなかですよ。」
実力制名人(じつりょくせいめいじん)
現在の挑戦手合い・選手権制の名人位。名人位は現在の名人戦が行われるまでは世襲制・推薦制であった。
実戦(じっせん)
実際の対局。実際に指された手を示すときに用いることもある。〈例〉「実戦の9四角では4二歩が有力だった」
実戦的な手
ある局面において、客観的な善悪に加えて対局者心理や消費時間といった盤外の要素を加味して選ばれた手。
実戦的には
「実戦では」の意。たとえば「この局面は先手が有利だが実戦的には大変」という文は「この局面は先手が有利だが、実戦では持ち時間の制限や読み間違いや囲いの差や駒得などの要素もあるため、まだ逆転の可能性がある」を意味する。
失着(しっちゃく)
形勢が不利になるような指し手。悪手と同義。
師弟(してい)
プロ将棋界では師弟制度があり、日本将棋連盟棋士になるためには必ず日本将棋連盟所属棋士で誰かの弟子にならなければならない。

次点(じてん)

奨励会の三段リーグのルールの用語の一。三段を持つプロ候補は一年に二回(前期と後期)三段リーグと呼ばれるリーグ戦を戦い、勝ち星の数で一位または二位になるとプロとなる。そして三位を取った者には次点と呼ばれる、いわば準優勝者の資格が与えられ、次点を二つ取るとフリークラスに編入される形でプロとなることができる。一部の棋戦では、三段の参加者にかぎり一定の条件を満たすと三段リーグ三位と同等の資格が与えられることになっており、これも次点と呼ばれる。三段リーグ外の次点はそれ二つではプロとなる資格とならず、三段リーグによる次点二つか、または三段リーグによる次点と三段リーグ外の次点を一つずつで効力が認められる。
指導棋士(しどうきし)
日本将棋連盟に所属する、アマチュアに将棋の教授を行うことを職業とする人。奨励会退会者がなることができる。
死に駒
  1. 行き所のない駒。敵陣の最も奥の桂馬・香車・歩、敵陣2段目の桂馬。ルール違反である。
  2. →遊び駒。
死ぬ
駒がどこに動かしても、また放置しても取られてしまう状態になること。ただし普通歩と玉については言わない(玉の場合は「詰む」という)。
しのぎ、凌ぐ(しのぐ)
相手の猛攻をなんとか受け切ること。
縛り(しばり)
相手の玉の逃げ道を封鎖する手段。逃げ道の先に持ち駒の金や銀などを打つことを特に「待ち駒」と呼ぶ。
痺れる(しびれる)
相手に良い手を指され、非常に困ってしまうこと。特に意表を突いた想定外の手で困ること[9]
下座(しもざ)
対局の際、格下の方が座る席。タイトル戦では挑戦者側が座る席。
邪魔駒(じゃまごま)
攻める地点にすでに自分の駒があるため、攻めが続かないこと。これをただ捨てして攻めを継続させる手段を「邪魔駒消去」と呼ぶ。
終局(しゅうきょく)
一局の将棋が終わること。決着がつきそうな際に「終局を迎える」と表現する。
終局図(しゅうきょくず)
終局時の盤上局面の図のこと。多くは投了図や詰みで終わったときの図であるが、特殊なケースでは千日手持将棋・反則等によるものもある。
終盤(しゅうばん)
一局の将棋で終わりの部分。勝敗が決まる時機で、必死、一手スキ、即詰などは終盤で使われる用語である[10]。終盤での攻防を終盤戦と呼ぶ。一局の将棋には他に序盤と中盤がある。
十字飛車(じゅうじびしゃ)
飛車が縦横に利いている両取りのこと。
収束(しゅうそく)
一局の将棋が終わりに近づくこと。寄せが最終段階に入って収まりをつけるというところから。
渋滞(じゅうたい)
ある駒を別のマスへ進めたいが、そこに既に自分の別の駒があって邪魔になり、思うように攻められないさま。特に縦方向に複数の駒が固まっている時に使う。
十枚落ち(じゅうまいおち)
駒落ち戦で上手が駒を十枚落として戦う将棋。上手は王将と歩兵のみ。
塾生(じゅくせい)
日本将棋連盟の将棋会館に住み込んで棋士を目指す奨励会員をいう[11]
趣向(しゅこう)
(主に序盤戦で)工夫した珍しい手を指して、意表の作戦に出ること。
主張(しゅちょう)
局面での有利な要素。
守備駒(しゅびごま)
守りに働いている駒のことで、多くは玉周囲の守備を固めている金や銀など。
手裏剣(しゅりけん)
主に敵陣や前線の急所に打つ歩のこと。
順位、順位戦(じゅんいせん)
将棋棋士の成績は順位が決められており、これらを決める対局は5つのクラス(リーグ)に分かれ、一年間をかけて毎年決定している。このクラス分け順位の最高位が名人。この他にクラスに属さない棋士が属するフリークラス制度がある。
準王手飛車(じゅんおうてびしゃ)
間接王手飛車と同義。
(将棋の)純文学(じゅんぶんがく)
矢倉囲いの俗称。もともと米長邦雄が矢倉戦法における含みの多い指し手を純文学で用いられるような遠回しな表現に喩えたことが語源とされるが、現代では王道の囲いや戦法といった意味で使用される場合が多い。
将棋
「将棋」という語を、ゲームの種類をいう将棋でなく、対局、対局結果、対局においてあるべき手、棋力、棋風の意味で使う人もいる。〈例〉「彼はいい将棋をさす」「昨日の将棋はよくなかった」「その手は将棋らしくない」「あいつは将棋が変わった」「さばく将棋にあこがれて振り飛車党になった」
将棋三家
江戸時代に徳川家から扶持の禄が与えられた大橋家大橋分家伊藤家をいう。
将棋所
徳川家から将棋を奨励する目的により寺社奉行管轄で設けられたという。以後名人位は世襲制になる。
将棋大成会
日本将棋連盟の前身となる組織。
将棋の日
日本将棋連盟が定めた毎年11月17日を将棋の日としている。
将棋倒し
将棋をドミノのように並べて倒す様から、人ごみの中でひとりが転んだり倒れたりしたため、次々倒れていく事故の名称になる。
将棋パズル
将棋を利用したパズルゲームで、様々なものがある。
将棋盤
将棋を行うための盤。
将棋類
将棋ゲーム類の総称。
将棋ソフト
将棋に関するコンピュータゲームソフト。
将棋ウォーズ
日本将棋連盟公認のオンライン対局提供サービス。
将棋栄誉賞
公式戦600勝以上を達成した棋士に贈られる賞。800勝で将棋栄誉敢闘賞が贈られる。
将棋道場・将棋センター・将棋サロン
名称は囲碁の碁会所のような統一したものはないが、通常は将棋の対局をするために席料を払い、客同士で勝負が行われる。対戦成績などにより棋力認定してもらうことも可能で、場合によっては棋士指導なども受けられる。
将棋指し
中世から近代にかけて、将棋を指すことを職業としていた人。現代の将棋棋士を指す俗称としても使われる。
将棋ペンクラブ
1987年に発足した、文章を通じて将棋ファン拡大や将棋ライターの発掘と養成を図ることを目的とした会員制クラブ。
昇級(しょうきゅう)、昇段(しょうだん)
段や級が各種条件を満たして上がること。免状等の段や級は、下がるということはないが、ネット将棋などではあくまでクラスのことなので、成績が下がると段や級が下がるというものもある。
昇級ライン(しょうきゅうらいん)
順位戦または三段リーグの勝敗の状況を言うときに、観戦者やアマチュアなど外部の人間が使う語。この二つの棋戦のその期のリーグでの、下位の昇級者と同じ勝敗の数を「昇級ライン」という。順位戦と三段リーグは、リーグ戦を行い勝ち数が上の者が昇級するというルールになっている。そのため勝ち星の多い上位層が何勝何敗で最終局を終えるか、あるいは何勝何敗でなければ昇級できないかという点が問題になり、そこでこの語が用いられる。昇級ラインは毎期変動し、少数の人だけが勝ち星を集めた場合は昇級ラインが高くなり、全体的に勝敗が分散している場合は低くなる。順位戦C級2組は、棋士の数が多く過密状態のため10局の3敗、4敗が昇級ラインでも本来はおかしくはないが、実際には10局の8勝2敗が昇級ラインになることが多く、ある程度は1敗もある。三段リーグは18局の13勝5敗が例年の昇級ラインで、3敗〜6敗になる場合もある。昇級ラインの成績でも順位が上の人が自分と同じかそれ以上の白星の場合、順位が上の人が優先される。この順位の差によって昇級者から漏れることを頭ハネという。
小将棋(しょうしょうぎ)
室町時代に指されていた古将棋の一つ。
勝勢(しょうせい)
非常に有利な局面。「優勢」をさらに強めた言い方。
定跡(じょうせき)
序盤の駒組、主要局面での指し方が、過去の対局や検討などで最善とされる指し方。研究などで新手が発見されると「定跡が覆される」となるが、その手順は新たな手筋や戦法への参考として蓄積がなされる。
焦点(しょうてん)
複数の駒が利いている地点。通常、駒を捨てる時に使う。〈例〉「焦点の歩に好手あり」
消費時間(しょうひじかん)
対局での持ち時間のうち消費した時間。
上部開拓(じょうぶかいたく)
相手陣の駒を取りつつ、一定の範囲を自分の駒で制圧すること。特に入玉を狙う際に用いられる。
勝負形(しょうぶがたち、しょうぶけい)
形勢が傾いているが、優勢な方がそのまま勝ちそうなわかりやすい展開にはならず、相手のミスによってまだ多少は逆転が望めるような、優勢な方に心理的プレッシャーが生じている局面。〈例〉「こっちが負けですが、こうしておけば勝負形には持ちこめましたね。いやこの金打ちは酷かったです」
勝負勝負でいく
終盤で形勢の不利なほうが、(最善の順を取られるととどかないだろうが)開き直って相手の迷いそうな攻め手を次々とくりだし玉に迫ること。
勝負手(しょうぶて)
形勢が不利である側が逆転を狙って指す大胆な手。
勝負所(しょうぶどころ)
戦いの途中で勝ち負けの形勢を決めるような大事な局面。
将来(しょうらい)
この先に起こりうる展開。〈例〉「将来の王手飛車を消す手」
昇龍(しょうりゅう)
駒の書体銘のひとつ。
初手(しょて)
対局の最初に指される手。先手の第一手目。
序盤(じょばん)
序盤戦ともいい、一局の将棋で初手が指されてから作戦が決まり態勢が整うあたりの部分。この部分での作戦態勢を整えるがうまい人を序盤巧者といい、相手よりうまくなったことを作戦勝ちという。
女流棋士 (将棋)
女流育成会
女流棋士の養成機関。
女流棋士会
女流棋士の団体。日本将棋連盟傘下の任意団体。
尻(しり)
駒の真下の地点。
尻金(しりきん)、尻銀(しりぎん)
尻金は玉の真後ろに打つ金や銀、またはそれで詰んでしまう形のこと。尻銀も寄せの手筋のひとつで、持ち駒の銀を相手の玉の真下に打つこともしくは打った銀。
指了図(しりょうず)
新聞などで主催棋戦の対局棋譜が掲載される際に数日にわたって掲載されるので、その日の掲載分の終了図。
陣形(じんけい)
駒の配置。特に序盤の駒の配置。
陣形、戦法の俗な略称
米長(米長玉)、居飛穴(いびしゃあなぐま)、振り穴(ふりびしゃあなぐま)、相穴(相穴熊)、石田(石田流)、ゴキゲン/ゴキ中(ゴキゲン中飛車)、中原(中原囲い)、ヘナ急(へなちょこ急戦)、ギンカン(銀冠)、振りミレ(振り飛車ミレニアム)、メリケン(メリケン向飛車)、ヒラメ(ヒラメ戦法)、エルモ(エルモ囲い)
真剣師(しんけんし)
賭け将棋をして生計を立てている将棋指し
新進棋士奨励会(しんしんきししょうれいかい)
将棋棋士の養成機関。
慎重(しんちょう)
「駒組を慎重に進める」「慎重に寄せる」など、1手間違えるとたちまち不利や逆転されそうな状況で、隙を見せずに指すことを表す言葉。
陣屋事件(じんやじけん)
昭和27年の王将戦で升田幸三が対局を拒否した事件。
新手(しんて、しんしゅ)
(序盤において)定跡にない新しい手。

新四段(しんよだん)

三段リーグを抜けて昇段し、最初の公式戦に出てから2年以内の、五段になっていない棋士。

注釈

  1. ^ 『日本将棋用語事典』p.7では、味の良し悪しはそれぞれ0.5ポイントくらいのプラスまたはマイナスがある、ともしている。
  2. ^ 本来の日本語としては「歩で叩く」の方が自然だが、将棋界では「歩を(使って)叩く」と言う習慣がある

出典

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al 『日本将棋用語事典』
  2. ^ a b c d e f g 『将棋語辞典』
  3. ^ 『日本将棋用語事典』p.23
  4. ^ 『日本将棋用語事典』についてはこの項目の他、p.47「緩手」も参照。
  5. ^ 羽生善治が2010年度NHK杯テレビ将棋トーナメントに解説役として出演した際に説明。
  6. ^ 『日本将棋用語事典』p.69
  7. ^ 「あ!駒柱できました」2度の出現に解説陣「珍しいですね」 広瀬章人八段は「これはきっと“使われる”(笑)」/将棋・ABEMAトーナメント”. ABEMAニュース. 2023年5月30日閲覧。
  8. ^ 羽生善治氏が説く、「三手の読み」で未来を切り開く方法”. ログミー. 2013年3月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年3月9日閲覧。
  9. ^ 『日本将棋用語事典』 pp.92-93 「痺れました」、「痺れる」
  10. ^ a b 松下 1970, p. 24.
  11. ^ 修司, 相崎. “72歳現役棋士、桐山清澄九段に聞く「中原誠さんとの東西決戦で嵐になった日」のこと | 観る将棋、読む将棋”. 文春オンライン. 2020年7月30日閲覧。
  12. ^ 松下 1970, p. 26.
  13. ^ 将棋 多面指しでプロと交流”. ニュース和歌山 (2017年11月18日). 2018年3月9日閲覧。
  14. ^ 藤井聡太20歳「はっきり苦しい」王座戦で八冠ロード窮地→「毒まんじゅう」サク裂…《評価値6%》から大逆転の「6四銀」はナゼすごい?”. NumberWeb. 2023年6月27日閲覧。
  15. ^ タイトル100期か無冠転落か。羽生竜王VS広瀬八段、竜王戦七番勝負の展望は?(両者インタビューあり)|将棋コラム|日本将棋連盟”. www.shogi.or.jp. 2019年6月10日閲覧。





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「将棋用語一覧」の関連用語

将棋用語一覧のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



将棋用語一覧のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの将棋用語一覧 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS