将棋用語一覧 う

将棋用語一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/02/16 03:52 UTC 版)

受かる
序盤から中盤で使う場合、正しく受ければ相手の仕掛けを成立させないで済むこと。どうやっても成立を許す場合は「受からない」と言う。また、終盤において使う場合、正しい受けであれば詰まないことを指し、「受からない」と言えば、相手に手番が回ると防ぎきれずに詰まされることになるので相手を詰ますか、詰めろ逃れの詰めろをかける必要がある。
浮く
  1. ある駒にひもがついていない状態になること。〈例〉「角と金の両方が浮いているため、このままでは次に両取りで飛車を打たれてしまう」
  2. 飛車を中段に進めること。浮き飛車。
浮き駒(うきごま)
離れ駒のうち、敵陣近くにあって味方の駒と連携なく孤立し、相手に取られやすい状態になっている盤上の駒。
浮き飛車
受け、受ける
相手の攻めを防ぐこと。「(駒の名前)を受ける」と言った場合、それが相手の駒をさす場合は「(その駒を使った)相手の手に対処する」という意味になり、自分の駒をさす場合は「(その駒)を打って使うことによって守る」という意味になる。〈例〉「銀を受けるには歩を受けないといけないのか、手抜けない、先手か」
受け切る
最後まで正しく受けて、攻めを凌ぐこと。
受け将棋
相手の攻撃を受けることを主体とする将棋。対義語は攻め将棋
受け師
受け将棋をスタイルとする棋士の異名として使用する。例えば木村一基が千駄ヶ谷の受け師と呼ばれている。
受け潰し
受けに回って相手の攻めを切らせて続かない様にする、または手も足も出ない盤石の態勢に持っていくこと。実際に行うには相当の実力を要する[1]
受けなし
「受からない」と同じような意味であるが、終盤で玉についていう場合は、狭義には必至のことを指し、広義には受けても一手一手で寄せられて受け切れず最終的に必至に至る形も含めていう。また中盤で玉を直接攻めるような攻めでなくても、例えばある筋の突破が受からない場合、「○筋は受けなし」のようにいう。局面の一部だけに着目して「部分的に受けなし」という表現もよく用いられる。
薄い
囲いをなす駒の数が少ない、終盤で玉の周りに駒が少ない、ある箇所が容易に攻め破られることなどを言う。対義語は「厚い」。
動く(うごく)
  1. 本格的に攻めるわけではないが相手の駒に接触するような手をさしていくこと。
  2. 「動くタイプ」「動く棋風」のように用いて、自分のほうから駒のさばきをねらって駒をぶつけていくというニュアンスを表す。
嘘手(うそて)
筋の良くない悪い手であるが、相手の応手によってはよい手になってしまう指し手。本来その局面で正しくない、よくない指し手・疑問手のことであるが、実際相手が間違いやすく咎めにくい指し手であることもある。
嘘矢倉
  1. 無理矢理矢倉のこと。
  2. 相矢倉戦と思わせて他の戦法に変えて主導権を握る戦術。
打ち換え
盤上にある駒を一度捨てて、同じ利き筋に別の持ち駒をもう一度打ち直すこと。
打ち込む
相手の陣地(敵陣、相手から見て三段目内)に持ち駒を打つことで、特に大駒を打つ場合に表現される。
打ち得(うちどく)
持駒を打って相手がそれに対応する手を手順の中に加えておく方がそうでない場合よりも得であること。〈例〉「このたたきは打ち得ですかね」
打ち歩詰め
持ち駒の歩を打って相手の玉を詰ますこと。将棋の禁じ手の一つ。盤面の歩を使って玉を詰ます「突き歩詰め」は禁じ手ではない。
打ち歩詰め回避
連続王手の寄せにおいて、最後に打ち歩詰めになってしまう際、ならないように回避して詰ませること。迂回の分手数が長くなることもある。1983年王位リーグでの谷川浩司が大山康晴に放った▲4三角引不成などが有名[2]。なお、コンピュータソフトはこれが苦手とされる。
内弟子制度
棋士制度では棋士になるには現役棋士の弟子(門下生)になる必要があるが、そのうち自分の師匠の家に住み込んで棋士を目指すことで、昭和40年代くらいまではこうした制度が慣習的に機能していたが現在では例は少ない。現役棋士では先崎学山崎隆之などがいる。
打つ
将棋は駒を動かすことを「指す」と呼ぶが、持ち駒を盤上に置くことは「打つ」と表現する。このため、同一駒が盤上と持ち駒双方同じ場所に行くことができる際、持ち駒での場合は棋譜の記録では「打」と表現する。〈例〉5七銀''打''など。
うっかり、うっかりする
読みに重大な抜けがあったことを後になって知ったり気づいたりすること。〈例〉「王手飛車をうっかりしていました」
埋める
駒を打って囲いを補強すること[3]
埋めさん工事(うめさんこうじ)
リフォームの別称で、大阪市北区にある専門店街の梅三小路をもじったもの。穴熊の将棋で頻出する、自玉のいる自陣が攻め崩されてきたとき、持ち駒の金や銀を埋めて工事することの意味。
うるさい
相手のしつこく絡んでくる厄介な攻めや、何かにつけて邪魔になる駒などを指して[1]。〈例〉「この端攻めは相当にうるさいですね」
上手と下手 (うわてとしたて)
かみてとしもてともいう。上座も参照。

注釈

  1. ^ 『日本将棋用語事典』p.7では、味の良し悪しはそれぞれ0.5ポイントくらいのプラスまたはマイナスがある、ともしている。
  2. ^ 本来の日本語としては「歩で叩く」の方が自然だが、将棋界では「歩を(使って)叩く」と言う習慣がある

出典

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al 『日本将棋用語事典』
  2. ^ a b c d e f g 『将棋語辞典』
  3. ^ 『日本将棋用語事典』p.23
  4. ^ 『日本将棋用語事典』についてはこの項目の他、p.47「緩手」も参照。
  5. ^ 羽生善治が2010年度NHK杯テレビ将棋トーナメントに解説役として出演した際に説明。
  6. ^ 『日本将棋用語事典』p.69
  7. ^ 「あ!駒柱できました」2度の出現に解説陣「珍しいですね」 広瀬章人八段は「これはきっと“使われる”(笑)」/将棋・ABEMAトーナメント”. ABEMAニュース. 2023年5月30日閲覧。
  8. ^ 羽生善治氏が説く、「三手の読み」で未来を切り開く方法”. ログミー. 2013年3月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年3月9日閲覧。
  9. ^ 『日本将棋用語事典』 pp.92-93 「痺れました」、「痺れる」
  10. ^ a b 松下 1970, p. 24.
  11. ^ 修司, 相崎. “72歳現役棋士、桐山清澄九段に聞く「中原誠さんとの東西決戦で嵐になった日」のこと | 観る将棋、読む将棋”. 文春オンライン. 2020年7月30日閲覧。
  12. ^ 松下 1970, p. 26.
  13. ^ 将棋 多面指しでプロと交流”. ニュース和歌山 (2017年11月18日). 2018年3月9日閲覧。
  14. ^ 藤井聡太20歳「はっきり苦しい」王座戦で八冠ロード窮地→「毒まんじゅう」サク裂…《評価値6%》から大逆転の「6四銀」はナゼすごい?”. NumberWeb. 2023年6月27日閲覧。
  15. ^ タイトル100期か無冠転落か。羽生竜王VS広瀬八段、竜王戦七番勝負の展望は?(両者インタビューあり)|将棋コラム|日本将棋連盟”. www.shogi.or.jp. 2019年6月10日閲覧。





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「将棋用語一覧」の関連用語

将棋用語一覧のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



将棋用語一覧のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの将棋用語一覧 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS