将棋用語一覧 あ

将棋用語一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/03/05 08:29 UTC 版)

相-(あい-)
双方が同じような陣形になる戦型や局面の状態を表す接頭辞。俗に盤上以外の事柄にも用いられる。〈例〉相居飛車相振り飛車、相穴熊、相入玉、相うな重など。
合駒(あいごま)
走り駒で(1マス以上離れたところから)王手されたとき、玉将が逃げずに相手の駒の利きに駒を打ったり動かしたりして王手を解除すること。または、その駒のこと。間遮(あいしゃ)とも言う。
合駒請求
合駒を打たせて詰めろを解除すること。
上がる
玉将、角行、金将、銀将、香車を前に進めること(ただし、相手の駒を取ったり敵陣に成り込んだりする場合は言わない)。
開き王手(あきおうて、ひらきおうて)
走り駒と敵玉の間に、走り駒の利きを止めている自分の駒があるときに、その駒を動かして王手をかけること。空き王手(あきおうて)。
悪形(あっけい、あくけい)
不利を招くような駒の配置。対義語は好形。
悪手(あくしゅ)
形勢を悪くする原因となるような指し手。疑問手よりもさらに酷い手。落手や失着、ポカなどとも言う。対義語は妙手
味(あじ)
  1. 後の指し手の可能性。含み。狙い。攻め味。〈例〉「反撃の味を残す」「端攻めの味がある」
  2. 指し手の感触。特に「味がいい」とは、一石二鳥の手をいう。〈例〉「銀にひもをつけつつ飛車の横利きを通す味のいい手」[注 1]
味消し(あじけし)
いつでも指せる手を、ベストではないタイミングで早まって指してしまうこと。〈例〉「ここで質駒の金を取ったのは味消しだった」[1]
味つけ(あじつけ)
中盤で、後の局面に有利に作用するように小駒で相手の駒の配置を変えること。〈例〉「歩を突き捨てて味つけしておく」
味わい深い(あじわいぶかい)
  1. 地味だが深い狙いを秘めた手、深謀遠慮の手を表す形容詞。
  2. 詰将棋では、指し将棋と違って限定的な意味合いはなく、単に解く人が感心するような手順を形容するのに用いる。
足を止めてのパンチの応酬(あしをとめてのパンチのおうしゅう)、足を止めての殴り合い。
俗に、お互い相手の攻めを受けることなく、一直線に攻めの手を指し合うこと。「あなたはあなた、私は私」とも。
遊び駒(あそびごま)
攻めにも受けにも役に立っていない駒。死に駒、浮き駒。これを解消することを「遊び駒の活用」という。
頭(あたま)
駒の一マス前。「~頭」と書いた場合は「とう」と読む。〈例〉玉頭(ぎょくとう)、角頭(かくとう)、桂頭(けいとう)。
頭ハネ
順位戦や三段リーグなどで、昇格できる人数に制限があり、リーグ内順位が下位の者が同じ成績で自分より上位の者がいて昇格できないこと。
頭が丸い
角と桂馬の、駒の一マス前にある駒を取れない弱点を指す。
頭金(あたまきん)
敵玉の一マス前に金を打って詰む形。「詰みの基本は頭金」という格言がある。
当たる
一方の駒が他方の駒の利きに入っており、次に取れる状態であること。〈例〉「金が当たりになっている」、「桂馬に当てて打つ」[1]
厚い
  1. 駒が連結よく盛り上がっていて、制空権を取っている状態。対義語は「薄い[1]
  2. 攻めが切れないこと。対義語は「細い」、「軽い」。
穴熊の姿焼き(あなぐまのすがたやき)
穴熊側が囲いを残したまま著しく形勢を損ねていること。
穴熊の暴力(あなぐまのぼうりょく)
穴熊に囲った側が、「自玉が遠い」「王手がかからない」といった利点を生かして、著しく駒損するような、いわゆる「乱暴な攻め」を成立させてしまうこと。
暴れる
次に相手から厳しい攻めが来るため、やむを得ず攻めさせられること。
甘い
悪手とまではいかないが、思わしくない中途半端な手、または敵玉への響きが薄い手を形容する語。「甘い手」は緩手と同義。
余す
最後に少しの差で勝ちになること。「残す」とも[1]
網が破れる
  1. 自陣の守りを突破されること。
  2. 相手の玉将や大駒を捕まえ損ねる。
アヤ
勝負における紛れ(逆転の可能性)のこと。
妖しい
  1. 狙いが明快でなく、相手を考えさせる手。「惑わし」とも。意図的に指すことも相手から見て結果的にそうなることもある。
  2. 妥当なようにも見えるが緩手の臭いもするような、あるいはひねりすぎているように見えるが、実は巧みであるかもしれないような手のさま。
謝る
自陣に歩を打ち直して、相手の歩や飛車の成りを受ける。
合わせる、合わせの歩(あわせのふ)
相手の歩頭に自分の持ち駒の歩を打つ手筋。多くは、その地点に利いている別の駒を活用する狙いを持つ。
安全勝ち(あんぜんがち)
一方が勝勢の状態で、駒を捨てる攻めをせずに、(相手の駒を取ったり自陣に駒を投入したりするような)やや過剰な安全志向の手を指して勝つこと。

注釈

  1. ^ 『日本将棋用語事典』p.7では、味の良し悪しはそれぞれ0.5ポイントくらいのプラスまたはマイナスがある、ともしている。
  2. ^ 本来の日本語としては「歩で叩く」の方が自然だが、将棋界では「歩を(使って)叩く」と言う習慣がある

出典

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al 『日本将棋用語事典』
  2. ^ a b c d e f g 『将棋語辞典』
  3. ^ 『日本将棋用語事典』p.23
  4. ^ 『日本将棋用語事典』についてはこの項目の他、p.47「緩手」も参照。
  5. ^ 羽生善治が2010年度NHK杯テレビ将棋トーナメントに解説役として出演した際に説明。
  6. ^ 『日本将棋用語事典』p.69
  7. ^ 「あ!駒柱できました」2度の出現に解説陣「珍しいですね」 広瀬章人八段は「これはきっと“使われる”(笑)」/将棋・ABEMAトーナメント”. ABEMAニュース. 2023年5月30日閲覧。
  8. ^ 羽生善治氏が説く、「三手の読み」で未来を切り開く方法”. ログミー. 2013年3月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年3月9日閲覧。
  9. ^ 『日本将棋用語事典』 pp.92-93 「痺れました」、「痺れる」
  10. ^ a b 松下 1970, p. 24.
  11. ^ 修司, 相崎. “72歳現役棋士、桐山清澄九段に聞く「中原誠さんとの東西決戦で嵐になった日」のこと | 観る将棋、読む将棋”. 文春オンライン. 2020年7月30日閲覧。
  12. ^ 松下 1970, p. 26.
  13. ^ 将棋 多面指しでプロと交流”. ニュース和歌山 (2017年11月18日). 2018年3月9日閲覧。
  14. ^ 藤井聡太20歳「はっきり苦しい」王座戦で八冠ロード窮地→「毒まんじゅう」サク裂…《評価値6%》から大逆転の「6四銀」はナゼすごい?”. NumberWeb. 2023年6月27日閲覧。
  15. ^ タイトル100期か無冠転落か。羽生竜王VS広瀬八段、竜王戦七番勝負の展望は?(両者インタビューあり)|将棋コラム|日本将棋連盟”. www.shogi.or.jp. 2019年6月10日閲覧。





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「将棋用語一覧」の関連用語

将棋用語一覧のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



将棋用語一覧のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの将棋用語一覧 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS