BMG JAPANとは? わかりやすく解説

BMG JAPAN

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/04/09 22:53 UTC 版)

株式会社BMGJAPAN(対外表記:株式会社BMG JAPAN[注釈 1]、ビーエムジージャパン、BMG JAPAN, INC.)は、1987年から2009年まで存在したソニー・ミュージックエンタテインメント日本法人(以下SMEJ)傘下のレコード会社である。2008年9月まではSME米国法人(旧:ソニーBMG・ミュージックエンタテインメント、以下ソニーBMG)の日本法人でもあった。本社は東京都千代田区六番町にあった。


注釈

  1. ^ 登記上の商号は「BMG」と「JAPAN」の間にスペース(空白)がない。
  2. ^ この当時はアルファベットが登記上使用できなかったため、実際の表記はアール・ブイ・シー株式会社として登記された。詳しくは「商号#商号登記」を参照されたい。
  3. ^ ヒットユニオンはイギリス発祥のファッションブランド「FRED PERRY」を1995年から保有する他、その他ファッションブランドを展開しているファッション衣料の製造販売会社。
  4. ^ 実際は移籍しなかったが発足時に長渕剛も名を連ね、甲斐バンドは移籍したが、ファンハウス時代の音源を買い戻してEMIミュージック・ジャパンに再移籍した。また、オフコースは発足時に移籍しているが、発足の前年にグループを脱退してソロ活動を始めていた鈴木康博は移籍せず東芝EMIに残留している。
  5. ^ 1968年から1993年まで在職した。
  6. ^ 1994年にポリグラム(日本法人)代表取締役社長に就任、1998年にシーグラムの買収によるポリドール株式会社との再編によりユニバーサルミュージック株式会社代表取締役就任。
  7. ^ 現在はすでに売却している。
  8. ^ この当時もまだアルファベットが登記上使用できなかったため、実際の表記はビー・エム・ジー ビクター株式会社として登記された。詳しくは「商号#商号登記」を参照されたい。
  9. ^ この当時もまだアルファベットが登記上使用できなかったため、実際の表記は株式会社ビーエムジージャパンとして登記された。詳しくは「商号#商号登記」を参照されたい。
  10. ^ この当時もまだアルファベットが登記上使用できなかったため、実際の表記は株式会社ビーエムジーファンハウスとして登記された。詳しくは「商号#商号登記」を参照されたい。
  11. ^ ファンハウス時代の作品のみ、所属事務所BOWINMAN MUSIC(現・BAJ)が保有。コロムビア時代の原盤権はコロムビアとBOWINMAN MUSICが保有し、代表原盤権はコロムビアにある。2016年の再結成後の原盤権は、所属事務所とソーゴー東京とコロムビアが共同で立ち上げたTYMS PROJECTが保有。
  12. ^ 原盤権はシンコーミュージックが保有。現在は東芝EMI・ファンハウス時代の作品はビクターから再発売。
  13. ^ 原盤権は渡辺音楽出版が保有。谷村新司とのデュエット「サライ」を除いては、2002年にドリーミュージックに発売権が移管。
  14. ^ 原盤権はフジパシフィックミュージックが保有。現在はユニバーサルミュージック/USM JAPANに発売権が移管。
  15. ^ ビクターはポプコン受賞曲のみ、キング時代の曲は公式な活動記録からは外されており、歌手としてはファンハウス以降が正式な活動期間。
  16. ^ 原盤権はシンコー・ミュージックが保有。2008年にSPEEDSTAR RECORDSから再発売された。
  17. ^ a b 原盤権は渡辺音楽出版が保有。現在はドリーミュージックに発売権が移管。
  18. ^ 原盤権は渡辺音楽出版が保有。

出典

  1. ^ a b グループ会社再編に関するお知らせ 株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント、2009年8月24日
  2. ^ 講演録「私の建築手法」1996年 大江匡「都市へのプロトコル」より 東西アスファルト事業協同組合
  3. ^ 各種メディアでは、「BMGジャパン」と表記され、6年3ヶ月ぶりに、両社の合併前の名称及び表記に戻った事になった。
  4. ^ JAPAN 完全子会社化 ソニー株式会社
  5. ^ (株)BMG JAPAN 役員の変更、執行役員制の導入及び組織改正等について 株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント、2009年6月1日
  6. ^ MILLION オムニバス CDアルバム”. Neowing. 2021年5月28日閲覧。



BMG JAPAN(BMGファンハウス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 13:35 UTC 版)

「BMG JAPAN」の記事における「BMG JAPAN(BMGファンハウス)」の解説

1997年1月BMGビクター株式会社BMGジャパン社名変更1998年演歌部門廃止これに伴い、全所属演歌歌手移籍1999年7月株式会社BMGジャパン株式会社ファンハウス吸収合併ベルテルスマン資本による株式会社BMGファンハウス発足ファンハウス創業者新田同社副社長就任新田2001年8月武市智行共同ドリーミュージック設立BMG経営から退いた2003年ゾンバ・レコーズ・ジャパン吸収合併2004年8月親会社が、合併によりソニーBMG・ミュージックエンタテインメントSony BMG Music Entertainment, Inc.)となる。 2005年10月株式会社BMGファンハウスから株式会社BMG JAPANへ社名変更21年続いたファンハウスの名称が消滅2008年10月株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント完全子会社となる。 2009年6月社内カンパニー制導入以後国内制作部門アリオラジャパン洋楽部門RCA/JIVEグループ呼称する。 2009年10月国内制作部門新設分割により設立される株式会社アリオラジャパンへ、撤退前に制作され演歌・歌謡曲部門等の音源ソニー・ミュージックダイレクトRCA/JIVEグループ吸収分割により株式会社ソニー・ミュージックジャパンインターナショナルそれぞれ承継する形で、BMG JAPANはソニー・ミュージックエンタテインメント吸収合併され解散旧日ビクターRCAレコード事業部時代から通算して41年に及ぶ歴史に幕下ろし規格品番BV」もアリオラジャパン経て現在のソニー・ミュージックレーベルズ引き継がれた。

※この「BMG JAPAN(BMGファンハウス)」の解説は、「BMG JAPAN」の解説の一部です。
「BMG JAPAN(BMGファンハウス)」を含む「BMG JAPAN」の記事については、「BMG JAPAN」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「BMG JAPAN」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「BMG JAPAN」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「BMG JAPAN」の関連用語

BMG JAPANのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



BMG JAPANのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのBMG JAPAN (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのBMG JAPAN (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS