市町村 市町村の概要

市町村

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/13 06:06 UTC 版)

市町村は、特別地方公共団体である東京都区部特別区)とともに、日本の基礎自治体である。市町村と特別区を合わせて、一般的に市区町村(しくちょうそん)または市町村区(しちょうそんく)というが、東京都においては、特別区東京都23区)が中心部であることから、公的には区市町村(くしちょうそん)という[1]

2018年平成30年)10月1日現在(福岡県那珂川市市制施行)の市町村および特別区の数は、以下の表のとおりである。平成の大合併が行われる前の1999年(平成11年)3月31日時点の数と比較すると、半分強にまで減少している[2]

基礎自治体 2018年10月1日 (1999年3月31日)
    792 (670)
743 (1,994)
183[注釈 1] (568)
市町村計 1,718 (3,232)
特別区 23 (23)
総計 1,741 (3,255)

地方自治法は、以下で条名だけ記載する。


注釈

  1. ^ a b c ロシア実効支配している北方領土に属する色丹村泊村留夜別村留別村紗那村蘂取村の6村は含まない
  2. ^ a b c いずれも平成の大合併により誕生した町である。

出典







市町村と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「市町村」に関係したコラム

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

市町村のお隣キーワード

市・町への移行

市町別観光入込客数

市町別観光客数・消費額

市町合併の経過

市町合併構想

市町支援課

市町村

市町村からの受託路線

市町村が行うものとされている事業障害者等が障害福祉サービスその他のサービスを利用しつつ、自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、地域の障害者等の福祉に関する各般の問題につき、障害者等、障害児の保護者または障害者等の介護を行う者からの相談に応じ、必要な情報の提供および助言その他の厚生労働省令で定める便宜を供与するとともに、障害者等に対する虐待の防止およびその早期発見のための関係機関との連絡調整その他の障害者等の権利の擁護のために必要な援助を行う事業。聴覚、言語機能、音声機能その他の障害のため意思疎通を図ることに支障がある障害者等その他の日常生活を営むのに支障がある障害者等につき、手話通訳等を行う者の派遣、日常生活上の便宜を図るための用具であって厚生労働大臣が定めるものの給付又は貸与その他の厚生労働省令で定める便宜を供与する事業。移動支援事業。障害者等につき、地域活動支援センターその他の厚生労働省令で定める施設に通わせ、創作的活動又は生産活動の機会の提供、社会との交流の促進その他の厚生労働省令で定める便宜を供与する事業。都道府県が行うものとされる事業

市町村たばこ税

市町村てくてく散歩

市・町・村での差

市町村と区

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



市町村のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの市町村 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS