市町村からの受託路線とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > ウィキペディア小見出し辞書 > 市町村からの受託路線の意味・解説 

市町村からの受託路線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/18 09:10 UTC 版)

名鉄東部観光バス」の記事における「市町村からの受託路線」の解説

ふれんどバス 碧南駅 - 毘沙門 - 平坂小南 - 平坂前 - 寺津神社前 - 刈宿 - 一色高校西 - 大 - 松木島 - 吉良吉田駅 - 吉良高校ふれんどバスを参照名鉄バス東部引き続き受託運行

※この「市町村からの受託路線」の解説は、「名鉄東部観光バス」の解説の一部です。
「市町村からの受託路線」を含む「名鉄東部観光バス」の記事については、「名鉄東部観光バス」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「市町村からの受託路線」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

市町村からの受託路線のお隣キーワード

市町別観光入込客数

市町別観光客数・消費額

市町合併の経過

市町合併構想

市町支援課

市町村

市町村からの受託路線

市町村が行うものとされている事業障害者等が障害福祉サービスその他のサービスを利用しつつ、自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、地域の障害者等の福祉に関する各般の問題につき、障害者等、障害児の保護者または障害者等の介護を行う者からの相談に応じ、必要な情報の提供および助言その他の厚生労働省令で定める便宜を供与するとともに、障害者等に対する虐待の防止およびその早期発見のための関係機関との連絡調整その他の障害者等の権利の擁護のために必要な援助を行う事業。聴覚、言語機能、音声機能その他の障害のため意思疎通を図ることに支障がある障害者等その他の日常生活を営むのに支障がある障害者等につき、手話通訳等を行う者の派遣、日常生活上の便宜を図るための用具であって厚生労働大臣が定めるものの給付又は貸与その他の厚生労働省令で定める便宜を供与する事業。移動支援事業。障害者等につき、地域活動支援センターその他の厚生労働省令で定める施設に通わせ、創作的活動又は生産活動の機会の提供、社会との交流の促進その他の厚生労働省令で定める便宜を供与する事業。都道府県が行うものとされる事業

市町村と区

市町村における名誉センター長

市町村における名誉作家

市町村における名誉塾長

市町村における名誉塾頭

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



市町村からの受託路線のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの名鉄東部観光バス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS