フェイ・レイ フェイ・レイの概要

フェイ・レイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/22 20:21 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
フェイ・レイ
Fay Wray
フェイ・レイ(1930年撮影の宣材写真)
本名 Vina Fay Wray[1]
生年月日 (1907-09-15) 1907年9月15日
没年月日 (2004-08-08) 2004年8月8日(96歳没)
出生地 カナダ アルバータ州カードストン
死没地 アメリカ合衆国 ニューヨーク州ニューヨークマンハッタン
国籍 カナダ
アメリカ合衆国
職業 女優
活動期間 1923年-1980年
配偶者 ジョン・モンク・サンダース英語版(1928年-1939年)
ロバート・リスキン(1942年-1955年)
サンフォード・ローゼンバーグ(1971年-1991年)
著名な家族 ヴィクトリア・リスキン英語版(娘)
主な作品
キング・コング
テンプレートを表示

生涯

生い立ち

カナダアルバータ州カードストン英語版近郊の牧場で生まれる。母エルヴィナ・マルグリット・ジョーンズはソルトレイクシティ出身、父ジョゼフ・ハーバー・レイはキングストン・アポン・ハル出身で、2人とも末日聖徒イエス・キリスト教会の信者だった[2]。フェイ・レイは6人兄弟姉妹の1人であり[3]ダニエル・ウェブスター・ジョーンズ英語版の孫娘である。両親は末日聖徒イエス・キリスト教会の信者だったが、フェイ・レイは洗礼を受けていない。一家は1912年にソルトレイクシティに移住し[4]、1914年にはラーク英語版に移住した。1919年にソルトレイクシティに戻り、その後はロサンゼルスに移住し、フェイ・レイはハリウッド高校英語版に入学した。

女優

『テキサス無宿』のフェイ・レイとゲイリー・クーパー
『猟奇島』のフェイ・レイとジョエル・マクリー
『キング・コング』のフェイ・レイとキングコング

1923年、16歳のフェイ・レイは地元の新聞社がスポンサーになった短編歴史映画で初めて映画に出演した[5]。1920年代は『The Coast Patrol』で主要キャストに起用された他、ハル・ローチ・スタジオ英語版と週給60ドルで半年間の契約を結び、同スタジオの作品に出演していた[1]。1926年にはワンパス・ベビー・スターズの一人に選ばれている。当時のフェイ・レイはユニバーサル・スタジオと契約しており、主に西部劇映画でバック・ジョーンズ英語版と共演していた。

1927年にパラマウント・ピクチャーズと契約を結び、エリッヒ・フォン・シュトロハイムの『結婚行進曲英語版』のヒロイン役に起用された。同作は高額な製作費を投じた映画として注目を集めたが、興行的には失敗に終わった。また、フェイ・レイにとっての初主演作品となった。彼女はパラマウントで十数本の映画に出演し、その中で時代はサイレント映画からトーキー映画に移行していった[6]

パラマウントを離れたフェイ・レイは、他の映画製作会社の下で『ドクターX英語版』『肉の蝋人形』などのホラー映画に出演した。その後はRKOと契約を結び、『猟奇島』でジョエル・マクリーロバート・アームストロングと共演した。『猟奇島』と同時並行で製作されたのがフェイ・レイの代表作となる『キング・コング』である。フェイ・レイによると、『キング・コング』のアン・ダロウ役にはジーン・ハーロウが起用される予定だったが、彼女がメトロ・ゴールドウィン・メイヤーと専属契約を結んだため起用できなくなったという[7]。ハーロウの起用が不可能になったため、監督のメリアン・C・クーパーは1万ドル(2020年の貨幣価値で20万ドル)の出演料でフェイ・レイをアン・ダロウ役に起用した[8]。『キング・コング』と『猟奇島』のジャングルのシーンは同じセットで撮影され、日中は『キング・コング』、夜間は『猟奇島』の撮影が行われた。『キング・コング』は興行的に大きな成功を収め、フェイ・レイは同作がRKOを倒産の危機から救ったことを誇りに思っていたという[9]。一方で『キング・コング』での役柄から「絶叫クイーン」として認知され、『キング・コング』以降の映画オーディションに参加するたびに「叫び声を出して欲しい」と要求されるようになったことには辟易しており、「絶叫クイーンと呼ばれるのは好きではありません」と語っている[10]

『キング・コング』以降も『世界一の金持ち娘英語版』などに出演していたが、1940年代に入ると出演機会が減少した。1942年に2度目の結婚を機に女優業を引退するが、経済的な事情からすぐに復帰した。その後30年間、フェイ・レイはいくつかの映画やテレビシリーズに出演した。1953年から1954年にかけて放送された『The Pride of the Family』ではキャサリン・モリソン役を演じている。1955年には『Queen Bee』に出演した。1950年代は『Perry Mason』『Playhouse 90』『ヒッチコック劇場』、1960年代には『サンセット77』『The Islanders』『The Real McCoys』『The Eleventh Hour』などのテレビシリーズに出演し、1980年に『Gideon's Trumpet』に出演したのを最後に女優業を引退した。

晩年

晩年のフェイ・レイ

1991年にボザール舞踏会英語版のクイーンに選ばれ[11]、1998年には自伝『On the Other Hand』を出版した[12]。この間、フェイ・レイはジェームズ・キャメロンから『タイタニック』のローズ・ドーソン・カルバート役の打診を受けたが[13]、出演を辞退している。また、第70回アカデミー賞ではプレゼンターの一人として出席している。2003年には『Broadway: The Golden Age, by the Legends Who Were There』公開を記念して開催されたパームビーチ国際映画祭英語版に出席し、レジェンド・イン・フィルム・アワードを受賞した。晩年のフェイ・レイは『キング・コング』の舞台となったエンパイア・ステート・ビルディングを頻繁に訪れ、1991年の竣工60周年記念式典には主賓として招待された[1]

2004年にピーター・ジャクソンからリメイク版『キング・コング』へのカメオ出演を打診されている。当初、フェイ・レイは出演を断っていたが、ジャクソンと交流を重ねるうちに出演について前向きな姿勢を見せるようになった[14][15]。しかし、2004年8月8日にフェイ・レイはマンハッタンの自宅アパートで死去したため、出演は実現しなかった。フェイ・レイの友人で『Broadway: The Golden Age, by the Legends Who Were There』の監督リック・マッケイ英語版は、彼女の最期について「静かに眠るように息を引き取った」と語っている[1]。遺体はハリウッド記念墓地英語版に埋葬された。2日後の8月10日、エンパイア・ステート・ビルディングはフェイ・レイの死に際して15分間ビルを消灯して弔意を表した[16]

主な出演作品


  1. ^ a b c d e f g 'King Kong' damsel Fay Wray dies at 96”. TODAY. 2021年8月8日閲覧。
  2. ^ Ancestry of Fay Wray”. Wargs.com. 2011年3月9日閲覧。
  3. ^ Fay Wray – Northern Stars”. Northernstars.ca. 2011年6月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年3月9日閲覧。
  4. ^ "Utah-Hollywood connection runs deep", p. B2, The Salt Lake Tribune, January 26, 2009.
  5. ^ SL Tribune, January 26, 2009
  6. ^ Fay Wray”. TCM.com. 2011年3月9日閲覧。
  7. ^ Parish, James Robert; Mank, Gregory W.; Stanke, Don E. (1978). The Hollywood Beauties. New Rochelle, New York: Arlington House Publishers. p. 203. ISBN 0-87000-412-3. https://archive.org/details/hollywoodbeautie00pari/page/203 
  8. ^ Fay Wray”. Emol.org. 2011年3月9日閲覧。
  9. ^ Fay Wray by Kendahl Cruver”. Things-and-other-stuff.com (1907年9月15日). 2011年3月9日閲覧。
  10. ^ What Is a “Scream Queen”? How One of Horror’s Oldest Tropes Paved the Way for Fox’s New Show.”. Slate.com (2015年9月25日). 2021年8月8日閲覧。
  11. ^ Beaux Arts Society: Royal Family”. 2014年1月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年2月24日閲覧。
  12. ^ Wray, Fay (1989). On the Other Hand: A Life Story (1st ed.). St. Martin's Press. ISBN 978-0-312-02265-5. OCLC 17917980 
  13. ^ 26 Things You Never Knew About 'Titanic'”. moviefone. 2021年8月8日閲覧。
  14. ^ Ian Spelling (2005年12月). “Peter Jackson proves with King Kong that the director, not the beast, is the true eighth wonder of the world”. Science Fiction Weekly. オリジナルの2006年6月19日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20060619091002/http://www.scifi.com/sfw/issue452/interview.html 2009年6月1日閲覧。 
  15. ^ Paul A. Woods (2005). “Kong Cometh!”. Peter Jackson: From Gore to Mordor. London: Plexus Books. pp. 176–187. ISBN 0-85965-356-0 
  16. ^ EMPIRE STATE BUILDING TO DIM LIGHTS IN REMEMBRANCE OF ACTRESS FAY WRAY”. UPI. 2021年8月8日閲覧。
  17. ^ Roy Kinnard; Tony Crnkovich (October 25, 2005). The Films of Fay Wray. p. 14. ISBN 9781476604152. https://books.google.com/books?id=eyOCpuGkuykC&pg=PA14 2016年7月17日閲覧。 
  18. ^ 'King Kong' damsel Fay Wray dies at 96”. TODAY.com. 2016年7月17日閲覧。


「フェイ・レイ」の続きの解説一覧

Fayray

(フェイ・レイ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/12/04 05:19 UTC 版)

Fayray(フェイレイ、1976年4月18日 - )は、日本歌手シンガーソングライター。本名、大橋 美奈子(おおはし みなこ)。東京都出身。吉本興業所属。所属レコード会社はよしもとアール・アンド・シー血液型はA型。姉はタレント木夏リオドラマー青山純は遠い親戚にあたる[1]


  1. ^ https://drumsmagazine.jp/player/jun-aoyama-archive/ リズム&ドラム・マガジン2001年2月号、青山純のインタビューより。
  2. ^ フジテレビ系『HEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMP』1998年8月17日放送での発言より。
  3. ^ “DJ Rashad collaborators The Present ready juke-flavored LP, share the seductive ‘U Showed Me’”. Fact. (2015年4月14日). http://www.factmag.com/2015/04/14/dj-rashad-collaborators-the-present-ready-juke-flavored-lp-share-the-seductive-u-showed-me/ 2020年1月2日閲覧。 英語版より確認
  4. ^ TBS Melody、R and C Ltd.の着うたフル
  5. ^ iTunes音楽配信
  6. ^ レコチョクmusic.jpdwango.jp、アーティスト公式サウンド、エキサイトミュージックの着うたフル
  7. ^ 当初は2008年11月19日に発売予定だった。






固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「フェイ・レイ」の関連用語

フェイ・レイのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



フェイ・レイのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのフェイ・レイ (改訂履歴)、Fayray (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS