コリエイトとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > コリエイトの意味・解説 

コリエイト

インターネットスラング一種で、「朝鮮人による歴史文化捏造」のような意味合いで用いられる語。朝鮮民族対する強い侮蔑揶揄の意味を含む表現

韓国起源説

(コリエイト から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/19 14:18 UTC 版)

韓国起源説(かんこくきげんせつ)とは、韓国の個人・団体などが、他国の文化などの起源・伝播を朝鮮半島に求める言説群の俗称韓国起源論ともいう。学者文化人が個人的に主張する説から、公的団体が正式に主張する説まで多岐にわたり、一時的にマスメディアで流布される場合から、継続的に国際的な広報活動が行われる場合まで様々である。特に、日本文化中国文化が対象とされる場合が多い。


  1. ^ a b c d 韓国起源説の一覧参照
  2. ^ 2013年11月22日、ソウル、韓流現象と中国文化を長年研究している韓国外国語大学の林大根教授の講演。
    「数年の一部の韓国人による『偉人や伝統文化は韓国が起源』という主張は間違っている。これは劣等感から来るものだ」 [1]
  3. ^ “韓国特有の国民性は、一体どこからやって来るのか=中国メディア”. 上海サーチナ. (2017年4月9日). http://news.searchina.net/id/1633202?page=1 2018年6月8日閲覧。 
  4. ^ 一例として、日本でも「日本学術探求協会」という組織が「縄文時代日本人は高度な文明を誇っており、地球全土を支配していた」と主張している(と学会『トンデモ本の世界R』2001年、太田出版、174頁)。また「義経=ジンギスカン説」「日ユ同祖論」など、世間一般によく知られた起源説も存在する
  5. ^ 野平俊水、大北章二『韓日戦争勃発!?――韓国けったい本の世界』文藝春秋、2001年。ISBN 4-16-357900-1
    大北章二は、韓国人観光客相手の旅行ガイドをしていた際、韓国人に多くの「歴史よもやま話」を聞かされ、その中には「韓国はアジア最古の超大国で、紀元前にはエジプトとならび称されたが、中国が記録を改ざんしてしまったので、証明できなくなった」とか、「日本の古代文化は全て韓国人が教えてやった。中国から直接伝わった文化なんぞ、島国の日本にあるはずがない。遣隋使や遣唐使の存在は、韓国をないがしろにしようとする日本右翼勢力のでっち上げだ」とかいうものもあったと述べている。
  6. ^ 例えば、韓国人は朝鮮半島から日本への初期製鉄技術や刀剣の伝播を根拠に、侍や侍が使用した日本刀の起源を主張することが多い。確かに日本は初期製鉄技術や直刀を朝鮮半島経由で導入したと考えられているが、太刀や打刀等の一般的な意味の「日本刀」や侍は明確に日本で発現した文化である。韓国側の主張は日本国内での作刀技術や社会体制の変革、発展、継承を無視している、
  7. ^ 韓国起源説の実例を参照
  8. ^ 例えば「日本の何々は百済起源」等の説は「日本の起源は百済」と言う説を鵜呑みにしてる場合が多い
  9. ^ 李明振 (2007年12月11日). “中国人は日本より韓国が嫌い=中国紙”. 朝鮮日報. http://s02.megalodon.jp/2008-0617-2042-10/www.chosunonline.com/article/20071211000008 2008年7月13日閲覧。 
  10. ^ “エッ!「漢字は中国起源」じゃないの?韓国の“文化略奪”?に反発強まる―中国”. レコードチャイナ. (2007年12月13日). オリジナルの2007年12月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20071215091012/http://www.recordchina.co.jp/group/g13645.html 2009年8月16日閲覧。 
  11. ^ 週刊プレイボーイ』2010年8月16日号
  12. ^ 拳骨拓史『韓国人に不都合な半島の歴史』PHP研究所、2012年10月25日。ISBN 9784569808000
  13. ^ アニメ「ヘタリア」に怒っている韓国ネチズンがいる? ITメディアニュース 2009年1月13日
  14. ^ 일본 만화 '헤타리아', '범죄행위' mbc 2009年1月13日
  15. ^ 週刊ポスト2013年8月2日号 [2]
  16. ^ 大礒正美「国民性 桜も寿司も剣道までも「韓国起源(ウリジナル)」にしてしまう「夢想自大主義」の暴走 (SIMULATION REPORT 「アジアの強国・強兵」「バイオ・IT大国」の虚像はもろくも剥がされようとしている 韓国「堕ちた偶像」)」『SAPIO』2006年4月26日号、小学館、2006年4月、 17-19頁。
  17. ^ “韓国が起源だとする主張「ウリジナル」に秋田犬や“日本”等”. 週刊ポスト2011年10月28日号. http://www.news-postseven.com/archives/20111017_65285.html 
  18. ^ 憂慮すべき韓国の夢想自大主義”. 大礒正美研究室 大礒正美コラム「よむ地球きる世界」 (2006年1月14日). 2008年7月13日閲覧。
  19. ^ “「すべての物事は自国起源」という韓国の荒唐無稽な主張 「ウリジナル」特集したTBS朝ズバッ!にネット騒然”. J-CASTニュース. (2013年12月9日). http://www.j-cast.com/2013/12/09191226.html 2013年12月11日閲覧。 
  20. ^ Kpedia”. 2018年3月27日閲覧。
  21. ^ “데스크 시각>벚꽃과 사쿠라” (朝鮮語). NAVER. (2007年4月7日). http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=110&oid=021&aid=0000188338 2011年2月5日閲覧。 
  22. ^ “A very merry cherry festival for all” (英語). 中央日報. (2009年4月10日). http://joongangdaily.joins.com/article/view.asp?aid=2903370 2011年2月5日閲覧。 
  23. ^ “'왕벚나무 자생지 제주'를 재확인한다” (朝鮮語). チェジュ・トゥデイ. (2010年3月15日). http://www.ijejutoday.com/news/articleView.html?idxno=100189 2011年2月5日閲覧。 
  24. ^ “벚꽃? 일본산 아니다 '제주산'이 맞다” (朝鮮語). 朝鮮日報. (2011年4月14日). http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2011/04/14/2011041401915.html 2011年4月17日閲覧。 
  25. ^ “봄의 여왕 벚나무, 고급가구의 목재로도 최상급 대우” (朝鮮語). dongaA.com. (2012年4月14日). http://news.donga.com/3/all/20120413/45513881/1 
  26. ^ “桜開花で韓国トンデモ主張「花見は韓国文化」” (日本語). 東スポweb (東京スポーツ). (2015年3月27日). http://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/social/381843/ 2016年5月18日閲覧。 
  27. ^ この思想は朝鮮独特のもので、逆に中国王朝からは、漢代には韓系部族の銀印に対して倭国が金印紫綬を賜わっていた事、南北朝時代には倭国の朝鮮半島南部での覇権を公式に認めていた事、唐朝での朝見に際して日本の席次が新羅より上だった事、明が李朝を日本へ従属していると見做していた事、など大半の時代に於いて日本が上位に置かれていた。金印紫綬を賜わったのは日本と大月氏国の二国のみ。琉球は銀印。印綬参照。
  28. ^ "사무라이, 백제 기원설"-영화 "싸울아비" 개봉 앞두고 한일 공방 (MOOTO NEWS 2001/12/05) 和訳
  29. ^ 野平俊水 2002, p. 194
  30. ^ デスクコラム独島倭乱に臨んで チョ・ヒャンレ社会2部長毎日新聞 (韓国)2008年10月8日)
  31. ^ a b 水野俊平 2007
  32. ^ SBSスペシャル 韓日併呑100周年特集歴史戦争(聯合ニュース2010年8月26日)
  33. ^ 【その時の今日】永遠に癒やされない傷、庚戌国辱(中央日報 2010.08.27)
  34. ^ この認識は北朝鮮にも共通で、国連の対日非難演説で「Jap」等と併用して「島国」を使うほどである
  35. ^ 「島国日本」と不適切発言 韓国駐日大使、与党も苦言(産経新聞2008年7月22日)
  36. ^ 日本人を「チョッパリ」と呼ぶのは何故なのか、あなたは知っていますか?(デイリアン/Yahoo!Koreaニュース2008年09月21日)
  37. ^ 糟糠の妻’日本中国猛非難“そんなやつらは周牢を課さなければならなくて”(中央日報2008年9月28日)
  38. ^ 기고 일본에 맞대응 할 길을 찾아보자「日本に正面対抗する道を探してみよう 独島領有権問題提起 愛国民族愛の道考えてこそ」(京畿新聞 2010年04月06日(火)電子新聞|13面)
  39. ^ チョッパリ'と豚足(ニューデイリー2010年4月26日)
  40. ^ 「サイバー倭乱」韓国ネチズンにかかればダウンだ(日刊スポーツ2004年1月15日)
  41. ^ 日本、やっぱり答えは天罰にある! チョン・ジェハク編集委員、デイリアン、2012年8月18日
  42. ^ 「正統派の学者がこれらに異議を唱えた場合、在野の偽史支持者は論破されても認めずに「親日派」や「講壇史学者」等の罵声を浴びせる可能性が高く、正統派の学者達にとって素人学説を論破しても学会で評価されず徒労に終わってしまう」としている。
  43. ^ 木村幹『朝鮮/韓国ナショナリズムと「小国」意識 - 朝貢国から国民国家へ』ミネルヴァ書房、2000年、ISBN 978-4623032921
  44. ^ 朴正煕『朴正煕選集2 国家・民族・私』鹿島研究所出版会、1970年、234-238頁。全国書誌番号:72004958
  45. ^ 朴正煕『朴正煕選集1 韓民族の進むべき道』鹿島研究所出版会、1970年、92頁。全国書誌番号:72004958
  46. ^ 朴正煕『朴正煕選集1 韓民族の進むべき道』鹿島研究所出版会、1970年、79-91頁。全国書誌番号:72004958
  47. ^ 出典の韓国歴史教科書参照
  48. ^ 斎藤吉久. “日韓歴史認識の埋め難き溝--韓国『反日』教科書の凄まじさ”. 神社新報 (平成13年4月16日号). http://s02.megalodon.jp/2008-0920-1600-28/www004.upp.so-net.ne.jp/saitohsy/history.html 2008年7月14日閲覧。. 
  49. ^ a b 초등 4~6학년 교과서, 단일민족・혈통 지나치게 강조 (朝鮮語). 京郷新聞. (2007年8月21日). http://s02.megalodon.jp/2008-0617-2046-02/news.khan.co.kr/kh_news/khan_art_view.html?artid=200708212359521&code=940401 2008年7月14日閲覧。 小学校の教科書、自民族の優秀性を過度に強調。特に「日本人は文化的に劣等」と一貫して記述。
  50. ^ a b c d e f g 初等教科書、高麗の時「23万帰化」言及もしない (朝鮮語). 京郷新聞. (2007年8月21日). http://news.empas.com/show.tsp/cp_kh/20070821n11817/?kw=%C0%CF%BA%BB%20%3Cb%3E%26%3C%2Fb%3E 2008年7月14日閲覧。 小学校の教科書、他文化を見下し偏見を助長~「日本人が半島に住んでいたら滅んでいた。
  51. ^ 国定韓国小学校社会科教科書 2001, pp. 44-46.
  52. ^ 『人文系高等学校世界史』乙酉文化社
  53. ^ “黒潮町夫妻の絵本を朝鮮語訳”. 高知新聞. (2006年10月27日). オリジナルの2008年12月2日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20081202105120/http://www.kochinews.co.jp/0610/061027headline07.htm 2008年11月2日閲覧。 
  54. ^ 国定韓国高等学校歴史教科書 2003
  55. ^ 鈴木靖民『朝日日本歴史人物事典』「王仁の名から6世紀ごろ、中国系百済人が先進文化を携えた博士として百済から倭に渡来した事実を想像させる」
  56. ^ 大辞林「祖は漢の高祖」
  57. ^ 志田諄一日本大百科全書』「王仁は高句麗に滅ぼされた楽浪郡の漢人系統の学者らしく、朝廷の文筆に従事した西文首の祖とされている。」「王の姓は楽浪出土の印章、漆器、せん、封泥、墓壁銘などに多く記されており、楽浪郡の有力豪族であったことが知られる。」
  58. ^ 加藤謙吉『大和政権とフミヒト制』吉川弘文館「かかる事実に基づき王仁後裔氏族や家氏、東漢氏を中国系とする説が古くから存在する。」
  59. ^ 世界大百科事典』「伝承によると、漢の高祖の子孫」
  60. ^ 石田博『漢文学槪論』雄山閣出版「王仁の家系を述べているが、それによると、王仁は漠の高帝の後であるという。漢の高帝の後を蠻といい、鷥の後胤の王狗は、転じて百済に至った。」
  61. ^ 八幡和郎『最終解答 日本古代史』PHP研究所「そこで、天皇が『お前に勝る学者はいるのか』と聞いたところ王仁を推薦したので、百済から招聘したといいます。王仁博士は、漢の高祖の子孫と称しています。山東省から楽浪郡に移住し、さらに百済に移ったので、平安時代の『新撰姓氏録』には、文、武生、櫻野、来栖、古志といった名字の人々が王仁の子孫で漢族として登録されています。」
  62. ^ 徳川恒孝『日本人の遺伝子』PHP研究所「御存知、漢末の群雄割拠の時代から日本に漢字をもたらしたのは百済からの渡来人の王仁という方だったと伝えられています。彼は漢の高祖(先ほどの漢王朝の創設者、劉邦)の子孫と言われています。」
  63. ^ 関裕二『鬼の帝聖武天皇の謎』PHP研究所「最大の理由は、行基の祖歌位が、百済王家出身ではなく、中国の漢から百済をへて、渡来したという伝承を持っていたことであろう。」
  64. ^ 日笠護『日鮮關係の史的考察と其の硏究』四海書房「後漢孝靈帝の後裔と稱する阿知使博士王仁(漢高祖の後裔)の來朝を見るに至つた。」
  65. ^ 駒井和愛『楽浪』中央公論社「東京大学の歴史学者坪井九馬三博士は、かの日本に論語をもたらしたといわれる王仁ももと漢人の子孫」
  66. ^ 馬渕和夫、出雲朝子『国語学史』笠間書院「最初の師直岐・王仁は中国系もしくは準中国系の百済人であったから、漢字の発音も中国音に近かったであろう」
  67. ^ 蔡毅『日本における中国伝統文化』勉誠出版「この『和邇吉師』とは、漢名を王仁と称す。彼の姓氏とその文化教養の点から推測されることは、王仁は朝鮮で生活していた漢民族の移民であるか、あるいは移民の末裔であろうと。」
  68. ^ 佐伯有清『日本の古代国家と東アジア』雄山閣「井上光貞氏は、王仁の王は中国的な姓で王氏ではないかと指摘」
  69. ^ 竹内理三『政治と文化』吉川弘文館「漢高帝の後裔王狗という者が百済に来ったが、王仁はその孫にあたるという。楽浪郡跡の発掘の遣品に王光、王肝など王姓の名をしるしたものがあるので、王仁もその名はともかくとしても、その一族のものであろうと言われている。」「こうしたことから、わが国に文運を最初にもたらした王仁も、じつはまったくの架空の人物ではなくて、この王氏の子孫として実在したものと考えても、案外さしつかえないのではないか。楽浪の王氏は、いずれも平、宜、雲、光などめでたい文字の一字名である。」
  70. ^ 黒板勝美『岩波講座 日本歴史8』岩波書店「弓月君は秦始皇帝の後だと云はれ、王仁は漢高祖の後裔で百濟に歸化した王豹と云ふ者の子孫だと云ひ、阿知使主はこれ等三國の歸化人の外に支那の歸化人がある。」
  71. ^ 柿村重松、山岸德平『上代日本漢文學史』日本書院「當時百濟には王仁の如く漢人の支那北部より轉住し居りしものも少からざりしなる」
  72. ^ 拳骨拓史『韓国人に不都合な半島の歴史』PHP研究所2012年「さらに近年では、朝鮮半島が中国風の漢字一文字の姓を名乗るのは、統一新羅の時代以降であるため、王仁は朝鮮人ではなく、中国系渡来人ではないかと考えられてきている。」
  73. ^ 田中健夫石井正敏『対外関係史辞典』吉川弘文館「応神朝に百済の和通吉師(王仁)が『諭箱』などの典籍をもたらしたという王仁伝説や、継体欽明朝に五経博士が百済から交代派遣されたとする伝承は、そのままでは事実とは認め難い」
  74. ^ 斎藤正二『斎藤正二著作選集4』八坂書房「王仁の実在を疑う論者は、津田左右吉以来、それこそ無数にある。『千字文』そのものが三世紀終わりにはいまだ成立していないのに日本に渡来するはずはないとの疑問は、早く江戸時代に新井白石、伊勢貞丈らによつて提起されていた。」
  75. ^ 中村新太郎『日本と中国の2000年』東邦出版社「阿直岐や王仁が実在の人物であったかどうかはわからない(津田左右吉博士は、後人の造りごととしている)。」
  76. ^ 菅原信海『日本思想と神仏習合』春秋社「和邇吉師が実在の人物でないとすれば、やはり事実とは認められないと述べており、『論語』、『千字文』の阿直岐や王仁は到底実在の人物とは考えられないこと、また和邇吉師が論語、千字文を献上したといふのも、津田左右吉博士は、『王仁の名は阿直岐に対して作られたものであらう』と、架空の名を作り出したもの」
  77. ^ 野平俊水「第5節 日韓合作偽史(5) 王仁博士の生家は全羅南道・霊巌である」『日本人はビックリ!韓国人の日本偽史』小学館〈小学館文庫〉、2002年4月、pp. 93-109。ISBN 4-09-402716-5
  78. ^ 星野五彦『万葉の諸相と国語学』おうふう「天皇名とその時代との関わりを示す何かが隠されているように思えなくもないが、それについての穿鑿は当面の問考えてみれば、応神時代に音読すればォウジンとなる王仁の来朝も実在人物なのだろうかと疑問が生じてくる。」
  79. ^ 浜田耕策 日韓歴史共同研究報告書(第1期)4世紀の日韓関係 6頁「ところで、韓国の学界では、『日本書紀』に読まれる百済が倭国に送ったとされる王仁や『論語』、『千字文』を代表事例として、百済は倭国より進んだ文化先進国とする文化優越論が根強い。王仁の『千字文』将来説には王仁より後世の作であることや『日本書紀』の歴史構成を批判的に検討する文献学的な批判がある。百済からの知識人や経典の倭国への伝来を百済と倭国との2国間の関係のみに限定してしまい、この背後にある中国王朝との相互の関係に目を向けることの弱さから生まれた『文化優越論』である。」
  80. ^ 拳骨拓史『韓国人に不都合な半島の歴史』PHP研究所、2012年10月。ISBN 978-4569808000
  81. ^ 古朝鮮「神話」から「歴史」に…高校課程教科書修正、中央日報2007年2月23日、(2008年7月22日閲覧)
  82. ^ 尹種栄『国史教科書の波動』ヘアン、1999年、p22
  83. ^ 金 2012, p. 34
  84. ^ 金 2012, p. 34
  85. ^ “권두논단 국민의식 선진화가 시급하다”. 時代精神. (2015年9月). オリジナルの2017年8月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170821215548/http://www.sdjs.co.kr/read.php?quarterId=SD201505&num=838 
  86. ^ “モンゴルに広まる“折り紙韓流”…「宗主国は日本でなく韓国」” (日本語). 中央日報 日本語版 (中央日報). (2012年10月10日). オリジナルの2012年10月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121012232257/http://japanese.joins.com/article/015/161015.html 2016年2月21日閲覧。 
  87. ^ 室谷克実 (2016年1月21日). “【新・悪韓論】韓国ウリジナル、今度は「折り紙」 辞書を見ると”無理筋”なのだが… (1/2ページ)”. Zakzak. 2016年1月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年2月21日閲覧。
  88. ^ 室谷克実 (2016年1月21日). “【新・悪韓論】韓国ウリジナル、今度は「折り紙」 辞書を見ると”無理筋”なのだが… (2/2ページ)”. Zakzak. 2016年1月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年2月21日閲覧。
  89. ^ 「朝鮮の誇る弓道を恐れた日帝は、弓道を弾圧した 」(大韓弓道協会)(和訳
  90. ^ 分析概念としての問題点については、「国民性」の項目も参照。両概念はしばしば混用され、推論としての問題点も共通点が多い。
  91. ^ [オピニオン]元祖、本当の元祖 (東亜日報、2004年10月28日)
  92. ^ 偽証が氾濫する法廷 (朝鮮日報、2003/02/13)
  93. ^ [オピニオン]うそを勧める社会 (東亜日報、2002/8/7)
  94. ^ 偽証に悩まされる韓国の法廷(上) (朝鮮日報、2009/08/19)
  95. ^ 偽証に悩まされる韓国の法廷(下) (朝鮮日報、2009/08/19)
  96. ^ 「韓国人の情を世界に伝えます」 (中央日報、2005/8/11)
  97. ^ 香港のお茶の間を直撃したドラマ『大長今』 (朝鮮日報、2005/2/4)
  98. ^ 【ハングル誕生559周年】李首相「文化の根は言葉と文字」 (朝鮮日報、2005/10/9)
  99. ^ Tei、チェ・ヨン、K、お台場ZeppTokyoホールで7月公演 (朝鮮日報、2005/6/22)
  100. ^ ホテルレストランに「チャングムの宮廷料理コース」が登場 (朝鮮日報、2005/10/17)
  101. ^ 盧大統領が『五歳庵』受賞に祝電 (朝鮮日報、2004/6/14)
  102. ^ 「国際化学オリンピック」で韓国が世界1位 (朝鮮日報、2005/7/25)
  103. ^ 韓国ユネスコ「今年の人物」に『冬ソナ』尹錫瑚監督 (朝鮮日報、2004/12/14)
  104. ^ 印刷文化の全てを体験できる「清州直指祝祭」 (朝鮮日報、2003/9/4)
  105. ^ 文化部「国語発展総合計画を樹立」 (朝鮮日報、2002/10/9)
  106. ^ 「西海交戦」ニュースに全国民が驚愕 (朝鮮日報、2002/6/29)
  107. ^ 林権澤監督に金冠文化勲章 (朝鮮日報、2002/7/7)
  108. ^ 日本海を東海であると主張した後、証拠が続々と出現、その後、韓国海であると主張すると、それよりも古い証拠が続々と発見されている。
  109. ^ 岡田英弘『歴史とはなにか』文藝春秋〈文春新書 155〉、2001年2月20日。ISBN 4-16-660155-5p136
  110. ^ 三橋貴明室谷克実『韓国人がタブーにする韓国経済の真実』PHP研究所、2011年6月18日。ISBN 978-4569796611
  111. ^ 日本海の東海表記に「韓国はいつから世界の中心に?」”. 週刊ポスト (2011年12月16日). 2016年9月8日閲覧。
  112. ^ しょう油の起源は韓国?? 日本メーカーびっくり”. J-CASTニュース (2008年6月5日). 2008年7月13日閲覧。
  113. ^ 金光林「中韓両国の歴史・文化摩擦に対する文明史的考察」『新潟産業大学人文学部紀要』No.20、2008年10月
  114. ^ Voice2005年6月
  115. ^ マンガ嫌韓流の真実 2005, p. 117.
  116. ^ Voice2006年5月号 164頁
  117. ^ 黄文雄 2002.
  118. ^ 『WiLL』06年11月号 韓国・北朝鮮を永久に黙らせる100問100答
  119. ^ 諸君!2006年4月号 133頁
  120. ^ 韓国の「起源主張」、娯楽の感覚ではなく敬意を払うべき-中国 2010/03/31 サーチナ
  121. ^ 韓国人男性「中国の新鋭若手作家はわが息子」、中国「またか・・」 2010/04/10 サーチナ
  122. ^ “朝鮮半島が高句麗の時代から繰り返されてきた騒動の原因を検証『朝鮮半島はなぜいつも地獄が繰り返されるのか 中国人ですら韓民族に関わりたくない本当の理由』石平著”. 産経新聞. (2017年7月8日). オリジナルの2017年12月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20171208135959/http://www.sankei.com/life/news/170708/lif1707080017-n1.html 
  123. ^ “なぜ韓国の文化は「ウリジナル」なのか? 「『分からないもの』に対して何をするかが問われている」 羽生善治さんの至言が示す人文科学の危機”. 産経新聞. (2017年11月7日). オリジナルの2017年12月25日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20171224173051/http://www.sankei.com/world/news/171107/wor1711070009-n1.html 




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「コリエイト」の関連用語

コリエイトのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



コリエイトのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの韓国起源説 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS