低炭素社会とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > 社会 > 低炭素社会の意味・解説 

低炭素社会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/11/30 13:58 UTC 版)

低炭素社会(ていたんそしゃかい、low-carbon society)とは、二酸化炭素の排出が少ない社会のこと。脱炭素社会ともいう。低炭素経済(ていたんそけいざい、low-carbon economy)は経済システムを重視した概念であるが、基本的には同じである。




  1. ^ a b c IPCC第4次評価報告書第1作業部会報告書 技術要約 気象庁、2010年11月13日閲覧。
  2. ^ 人為的な排出量のうち大半の200億トンは海洋からであり、海洋は一方で222億トンを吸収している。また同じく土地利用変化により16億トンが排出される一方、26億トンが吸収されている。これは、二酸化炭素濃度の増加によって海洋・陸地・生物の排出量や吸収量が受動的に増加することによるものと、人為的な開発などによるものである。
  3. ^ 海洋の炭素循環 気象庁、2010年11月13日閲覧。英語原文:[1]


「低炭素社会」の続きの解説一覧





低炭素社会と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「低炭素社会」の関連用語

低炭素社会のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

6050系

5000系

ヤブカンゾウ

新さくら丸

及川拓馬

しらはま丸

さんふらわあ だいせつ

タンゴ・ディスカバリー





低炭素社会のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2017 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの低炭素社会 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS