六道 六道の概要

六道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/06 07:36 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
仏教用語
六道
パーリ語 chagati
サンスクリット語 ṣaḍgati
チベット語 རིགས་དྲུག་
(Wylie: rigs drug;
THL: rik druk
)
日本語 六道
英語 six classes of beings
テンプレートを表示

六道には下記の6つがある[2]

  • 道(てんどう、天上道、天界道とも)
  • 人間道(にんげんどう)
  • 修羅道(しゅらどう)
  • 畜生道(ちくしょうどう)
  • 餓鬼道(がきどう)
  • 地獄道(じごくどう)

このうち、天道、人間道、修羅道を三善趣(三善道)といい、畜生道、餓鬼道、地獄道を三悪趣(三悪道)という[2][3]。ただし修羅道を悪趣に含めて四悪趣(四悪道、四趣)とする場合もある[2][4]。六道から修羅道を除いて(修羅道を地獄道におさめて[1]五道(五趣)とすることもある[2][5]

六道一覧

天道
天道は天人が住まう世界。天人は空を飛ぶことができ、享楽のうちに生涯を過ごすが、死を迎えるときは5つの変化と苦しみが現れ、これを五衰(天人五衰)と称し、体が汚れて悪臭を放ち、脇の下から汗が出て自分の居場所を好まなくなり、頭の上の髪飾りが萎み、楽しみが味わえなくなる[6]。天の中の最下級のものは三界のうち欲界に属し、中級のものは色界に属し、上級のものは無色界に属する[7]
人間道
人間道は人間が住む世界。四苦八苦に悩まされる。『往生要集』の「厭離穢土」では「苦しみの」・「不浄の相」・「無常の相」と、三つの相があると記されている。地表の世界[8]三界のうち欲界に属する[7]
修羅道
修羅道は阿修羅が住み、終始戦い争うために苦しみと怒りが絶えない世界。
畜生道
畜生道は鳥・獣・虫など畜生の世界。種類は約34億種[9]で、苦しみを受けて死ぬ。地表の世界[8]三界のうち欲界に属する[7]
餓鬼道
餓鬼道は餓鬼の世界。腹が膨れた姿の鬼になる。『正法念処経』で餓鬼は36種類に分類されている(詳細は『餓鬼#正法念処経』を参照)。旧暦7月15日施餓鬼は餓鬼を救うために行われる。地表の世界[8]三界のうち欲界に属する[7]
地獄道
地獄道は罪を償わせるための世界。地下の世界[8]で、『往生要集』などでも、「上下に八層重なっている」と記述されている[10]三界のうち欲界に属する[7]。詳細は地獄を参照。

歴史

六地蔵

初期仏教では、地獄・餓鬼・畜生・人・天を五道とし、修羅はなかった。つまり五道の方が六道より古い概念とされる。これは当初、修羅(阿修羅)が、天や餓鬼に含まれていたもので、大乗仏教になってから天および餓鬼から修羅が派生して六道となった。

インド・中国起源ではないが、日本では11世紀ころ、六道の各々に配当された六地蔵が各所に祀られ、大いに庶民から信仰された。


  1. ^ a b c 岩波仏教辞典 1989, p. 848.
  2. ^ a b c d e f 六道(ろくどう)とは - コトバンク”. 朝日新聞社. 2017年10月13日閲覧。
  3. ^ 趣(しゅ)とは - コトバンク”. 朝日新聞社. 2017年10月13日閲覧。
  4. ^ 四悪趣(しあくしゅ)とは - コトバンク”. 朝日新聞社. 2017年10月13日閲覧。
  5. ^ 五道(ごどう)とは - コトバンク”. 朝日新聞社. 2017年10月13日閲覧。
  6. ^ 『よくわかる仏教の知識百科』「仏教の説く世界観・宇宙観 参・『六道輪廻』の世界とは ⑦天道」53頁、ひろさちや監修、主婦と生活社刊、1996年。
  7. ^ a b c d e 櫻部・上山 2006, p. 40.
  8. ^ a b c d 櫻部・上山 2006, p. 39.
  9. ^ 『よくわかる仏教の知識百科』「仏教の説く世界観・宇宙観 参・『六道輪廻』の世界とは ④畜生道」48頁、ひろさちや監修、主婦と生活社刊、1996年。
  10. ^ 『よくわかる仏教の知識百科』「仏教の説く世界観・宇宙観 参・『六道輪廻』の世界とは ②地獄道」42頁、ひろさちや監修、主婦と生活社刊、1996年。


「六道」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「六道」の関連用語

六道のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



六道のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの六道 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS