アイヌネギとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 食物 > 野菜 > ネギ > アイヌネギの意味・解説 

ギョウジャニンニク

ギョウジャニンニク
科名 ユリ科
別名: アイヌネギ
生薬名: -
漢字表記 行者大蒜
原産 日本シベリア東部朝鮮半島
用途 北半球広く分布する多年草。主に食用とされるが、薬用としても発汗整腸強壮などに用いられます。
学名: Allium victorialis L.
   var. platyphyllum Hulten

ギョウジャニンニク

(アイヌネギ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/16 13:50 UTC 版)

ギョウジャニンニク(行者葫、学名:Allium victorialis subsp. platyphyllum)はネギ属多年草北海道近畿以北の亜高山地帯の針葉樹林、混合樹林帯の水湿地に群生しており、そのほとんどの繁殖地は国立公園などの自然保護区である。キトピロなどとも呼ばれる(後述)。ヨーロッパ産の基本亜種A. victorialis subsp. victorialisは、ヨーロッパの多くの高山に広く分布している(#生息亜高山地域参照)。


  1. ^ 禁葷食を参照。
  1. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Allium victorialis L.”. BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2012年7月9日閲覧。
  2. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Allium victorialis L. subsp. platyphyllum Hultén”. BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2012年7月9日閲覧。
  3. ^ a b GRIN (2011年5月12日). “Allium victorialis L. information from NPGS/GRIN”. Taxonomy for Plants. National Germplasm Resources Laboratory, Beltsville, Maryland: USDA, ARS, National Genetic Resources Program. Month day, year閲覧。
  4. ^ a b Flora of North America
  5. ^ a b c d e 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “ギョウジャニンニク”. BG Plants 和名−学名インデックス」(YList). 2012年7月9日閲覧。
  6. ^ a b c d e Heibonsha (1969) [1968]. 世界百科事典 (Sekai hyakka jiten). 6.  大井次三郎による「ギョウジャニンニク」の項
  7. ^ a b c d 長野県林業後継者対策協議会 『山菜の栽培と村おこし』 川辺書林、2006年、18頁。
  8. ^ Thompson, Harold Stuart (1912) (preview). Sub-alpine Plants: Or, Flowers of the Swiss Woods and Meadows. G. Routledge & Sons. p. 280. http://books.google.co.jp/books?id=BhwyAQAAMAAJ&pg=PA280. 
  9. ^ 西村弘行 and ハニイ,ウィジャヤ and 渡部賢二 and 水谷純也 (1988). “道産有用資源ギョウジャニンニクの有効利用に関する研究”. 北海道大学農学部牧場研究報告 (北海道大学農学部附属牧場) 13: 139-147. http://hdl.handle.net/2115/48918. 
  10. ^ 文部科学省 「日本食品標準成分表2015年版(七訂)
  11. ^ 厚生労働省 「日本人の食事摂取基準(2015年版)
  12. ^ 間違えやすい有毒植物”. 長野市. 2014年6月23日閲覧。
  13. ^ a b c 長野県林業後継者対策協議会 『山菜の栽培と村おこし』 川辺書林、2006年、18頁。
  14. ^ ギョウジャニンニクに発生した新病害、白色疫病とすすかび病(新称)農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波事務所
  15. ^ 東北農政局 山形地域からの便り(平成25年度)”. 2014年6月23日閲覧。
  16. ^ 佐々木利和 『アイヌ文化誌ノート』(google) 吉川弘文館、2001年、225頁。ISBN 978-4642055284 "酒を得る前の樺太アイヌはお祈りのときに、ギョウジャニンニク(プクサ)..を用いたという。これは強烈な臭気を発するので、その臭気を嫌う伝染病などは近づかないので、流行り病があると村の入り口や家の軒に下げておくことがある。"
  17. ^ Rabinowitch, Haim D.; Currah, Lesley (2002) (preview). Allium Crop Science: Recent Advances. CABI. p. 26. ISBN 9-780-851-99510-6. http://books.google.co.jp/books?id=dE7a8SJ9Q7AC&pg=PA26. 
  18. ^ “Allium victorialis. Long-rooted garlic”. Curtis's botanical magazine 30: 1222-. (1809). http://books.google.co.jp/books?id=OkwCAAAAYAAJ&pg=RA4-PA1222. 


「ギョウジャニンニク」の続きの解説一覧



アイヌネギと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アイヌネギ」の関連用語

アイヌネギのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



アイヌネギのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
エーザイエーザイ
Copyright(C) 1996-2019, Eisai Co., Ltd. All rights reserved.
エーザイ薬用植物一覧
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのギョウジャニンニク (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS