陪審制 イギリスの陪審制

陪審制

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/15 16:34 UTC 版)

イギリスの陪審制

イングランド及びウェールズ

イングランド及びウェールズは、陪審制を生んだ土地であるにもかかわらず、アメリカと異なり陪審の権利を保障した成文憲法がないこともあり、次第に、時間と費用がかかりすぎるという考え方から、陪審審理が制限されていった。19世紀半ば以降、特に民事陪審は衰退していき、詐欺、名誉毀損、悪意訴追・誣告、不法監禁というごく一部の事件に対象が限定されることになった。刑事陪審でも、19世紀から20世紀にかけ、陪審審理が行われない治安判事裁判所の管轄できる事件の範囲が徐々に拡大するにつれ、実質的に陪審審理は限定されるようになったと指摘されている[124]

イングランド及びウェールズでは、陪審員は18歳から69歳までの、有権者登録がされている市民から無作為に選ばれ、毎年約20万人が陪審員を務めている[125]

刑事陪審

イギリスの陪審(1861年)

刑事事件のうち、一定の重大な事件である正式起訴犯罪 (indictable-only offence) は治安判事裁判所における予備審問の後に必ず国王裁判所に送られ、選択的起訴犯罪 (offence triable either way) は治安判事により正式起訴手続相当と判断された場合は国王裁判所に送致される。治安判事が略式起訴手続相当として自らの裁判所で裁判することを決定した場合でも、被告人は国王裁判所における陪審審理を選択する権利がある。こうして国王裁判所に送られた事件は、陪審により審理される[126]略式起訴犯罪 (summary offence) については、治安判事が裁判を行い、陪審審理は行われない[127]

ただし、2003年刑事司法法 (Criminal Justice Act 2003) により、国王裁判所でも陪審審理が行われない二つの例外が設けられた。一つは重大又は複雑な詐欺事件について、審理にかかる期間や複雑性から陪審審理の負担が大きいと判断した場合には、裁判官が陪審なしの審理を命じることができるとするものである(ただし高等法院首席判事の承認が必要)。この規定は立法過程で大きな論争を招いたため、議会両院が認めるまで施行されないこととされており、2008年現在、政府の努力にもかかわらず、この規定の施行の目処は立っていない[128]

もう一つは、陪審に対する干渉(買収、威迫等)が疑われる事件で、陪審なしの審理を許すものである。これは、陪審に対する干渉について「現実的かつ差し迫った危険」を示す証拠があり、警察による保護をもってしても、干渉が行われる十分な可能性があり、かつ陪審なしの審理が正義にかなう場合に許される[129]。同規定は2006年7月24日に施行され[130]、最初に適用されたのは2008年2月であった[131]

このほか、2004年ドメスティック・バイオレンス処罰及び被害者法 (en) 17条から20条には、ドメスティック・バイオレンスで訴追された被告人について、一部の訴因だけをサンプルとして陪審で審理し、有罪の場合には残りの訴因を裁判官のみで審理するという規定が設けられた。これらの規定は2007年1月8日に施行された[132]

また、被告人が、答弁で、前に同一犯罪で裁判を受け有罪判決又は無罪判決を受けたことを理由として一事不再理の申立てをした場合も、裁判官はその問題を陪審なしで判断する[133]

現在、刑事事件の事実審理(トライアル)の大多数は法曹資格のない治安判事により行われており、陪審審理が行われるのは1%ないし2%程度にすぎない。1997年の時点で、約186万人の被告人が治安判事裁判所で裁判を受けるのに対し、国王裁判所で裁判を受けるのは約9万1300人(正式起訴犯罪はその19%)で、そのうち無罪の答弁をして陪審審理を受けるのは67%である。陪審審理を受けた者のうち、無罪の評決を受けるのは40%である[134]

検死陪審

検死官は、(1) 刑務所又は警察の留置場で人が死亡した場合、(2) 警察官の職務執行に際し人が死亡した場合、(3) 労働における健康と安全等に関する法律 (en) に当てはまる死亡の場合、又は(4)人の死亡が公衆の健康若しくは安全に影響を及ぼす場合には、死因審問のため、陪審を召喚しなければならない[135][136]

2004年、イングランド・ウェールズにおける死者51万4000人のうち、2万8300件について死因審問が行われ、そのうち570件が陪審によって行われた[137]

民事陪審

1846年までは、イングランド及びウェールズではすべてのコモン・ロー上の民事事件は陪審によって審理されていた。しかし、1846年の法律で州裁判所 (County Court) が新設され、そこでは当事者が希望した場合で、5ポンドを超える事件に限って陪審審理が行われることとされた。すると、州裁判所で陪審審理を要求する当事者は実際には少なかった[138]。この新しい制度が成功をもって受け止められたことに加え、裁判官の清廉さと法制度の専門化が次第に認識されるようになったこともあって、1854年のコモン・ロー手続法 (Common Law Procedure Act) で、高等法院王座部における訴訟当事者が裁判官1名のみの審理を選べることとされた際も、大きな抵抗なく受け入れられた[139][140]。その後の80年間に、民事事件における陪審審理の利用は着実に減っていった[141]1883年には、最高法院規則で、陪審による証拠調べが不便であるなど一定の場合に、裁判官の裁量により陪審審理を行わないことが認められた[142]

1933年の司法運営(雑則)法[注 13]6条は、高等法院王座部における陪審審理の権利を次の事件に対して保障する一方、その他の事件については、高等法院王座部で審理されるいかなる訴訟も、裁判所又は裁判官の裁量により、陪審で審理するか陪審なしで審理するかを命じることができるとした。

  • 不法監禁
  • 誘惑
  • 婚約破棄

この法律は、事実上、上記の限られた事件を除き、イングランド及びウェールズにおける民事陪審に終わりを告げるものであった。

1966年控訴院の判決で、デニング裁判官は、人身傷害の事件は損害の算定に技術的な専門知識と経験が必要であるため陪審審理にふさわしくないとの判断を示した[143]。その当時、既に、当事者が人身傷害の事件で陪審審理を求めることはほとんどなかったものの、民事事件の多くを占める人身傷害の事件で陪審審理が否定されたことは、民事陪審の終焉を決定的にした[144]ロンドン地下鉄で発生したキングズ・クロスの火災 (en) についての1990年の訴訟では、訴訟当事者が陪審審理を求めたが、事件の技術的な性格を理由に拒否された[145]

1981年最高法院法 (Supreme Court Act 1981) 69条は、1933年法6条を改め、高等法院における民事陪審の適用範囲を更に狭めた。すなわち、陪審審理を行わなければならない事件を、詐欺、名誉毀損、悪意訴追・誣告、不法監禁の事件に限り、かつ、これらの事件においても、トライアルに書面や金銭の計算や科学的調査、あるいは現場の調査が必要で、陪審により行うには不都合であると裁判所が考える場合には、陪審審理を行わないことができるとされた[146]

今日、イングランドとウェールズにおける民事事件のトライアルのうち、陪審によるものは1%未満であり、その多くが名誉毀損事件である[147]

陪審員の数と評決

イングランド・ウェールズにおける陪審員の数
裁判所 トライアル開始時 最少人数 可能な多数決 根拠
国王裁判所 12 9 11-1, 10-2, 10-1, 9-1 Juries Act 1974, s.17
高等法院 12 9 11-1, 10-2, 10-1, 9-1 Juries Act 1974, s.17
州裁判所 8 7 7-1 County Courts Act 1974, s.67; Juries Act 1974, s.17(2)
死因審問 7 - 11 少数意見が2名以内 Coroners Act 1988, s.8(2)(a), s.12

何らかの理由で陪審員が解任された場合も、最少人数の陪審員が残っている限りトライアルを続行することができる。裁判官は、陪審に対し全員一致の評決を求めるべきであり、何があっても、2時間10分が経過するまでは、多数決が可能であることを述べてはならない。これはもともと2時間であったが、陪審に、評議室に下がってから落ち着くための時間を与えるために延長された[148]

スコットランド

スコットランドの最高法院

スコットランドの刑事事件は、(1) 最高法院 (High Court of Justiciary)、(2) 州裁判所 (Sheriff Court) の正式手続 (solemn procedure)、(3) 同じく州裁判所の略式手続 (summary procedure)、又は (4) 簡易裁判所 (District Court) のいずれかに起訴され、審理される。このうち最高法院と州裁判所の正式手続では陪審審理が行われるが、他の二つでは裁判官による審理が行われる[149]殺人罪強姦罪(その他ごく限られた犯罪)は最高法院に専属的管轄があるので、陪審審理が保障されている。その他の事件は、検察官の選択により、最高法院(量刑に制限なし)、州裁判所の正式手続(選択できる量刑の上限が自由刑3年)、同じく州裁判所の略式手続(量刑の上限が3か月)又は簡易裁判所(量刑の上限が60日)に起訴される[150][注 14]。被告人には正式手続と略式手続の選択権はない[151]

スコットランドの刑事陪審の、イングランドなど他の法域と比べた場合の特殊性は、次の3点にある[152]

  • 陪審員の人数が15人である。これは16世紀末までに確立した伝統である[153]
  • 評決は、8対7の単純多数決で行う。そのため、評決不能 (hung jury) は生じない。ただし、審理の途中で陪審員が病気等で欠けた場合、12人以上残っていれば審理を続行することができるが、その場合でも有罪評決を答申するためには8人の賛成が必要であり、その賛成が得られなければ無罪評決となる[154]
  • 有罪 (guilty)・無罪 (not guilty) の評決のほかに「証明なし」(not proven) という特殊な評決が認められている。証明なしは無罪評決と効果に違いはないが、「無罪」が、被告人が罪を犯していないということ(無実)を積極的に宣言するものと考えられているのに対し、「証明なし」は被告人の有罪が結果的に証明されなかったということを意味するにすぎないと考えられており、証明なしの評決はしばしば出されている[155]

一方、スコットランドの民事陪審は、1815年にイングランドから移入されたもので、陪審員の人数や評決に必要な数、評決の種類などはイングランドと同様である[156]。民事陪審が行われるのは最高民事裁判所 (Court of Session) における一定の類型の事件に限られ、当事者の希望による。対象となるのは、人身傷害(死に至った場合を含む)に対する損害賠償の訴え、名誉毀損の訴え、過失又は準過失の不法行為に基づく訴え、(現在は実際には行われていないが)一定の根拠に基づく減額の訴えである(1988年法11節)。陪審審理の期日が指定されるのは年に200件程度であり、そのうち実際に期日が実施されるのは年に50件程度である。陪審審理が必要な事件では、エディンバラ及びロージアン(イーストウェストミッド)に居住する者の中から36人の陪審員候補者が召喚され、その中から12人の陪審員が選ばれる。評決は全員一致又は多数決で行われる[157][158]

北アイルランド

北アイルランドでは、陪審裁判の役割はおおむねイングランド、ウェールズと同じである[159]。もっとも、テロリストであるとされる者の犯行については、1973年から、陪審裁判ではなく裁判官のみの裁判所(ディプロック・コート、en)で行われた。これはアイルランド独立戦争の間に陪審に対する脅迫が多く行われたことによる。安全面の改善に伴い、ディプロック・コートは2007年7月に廃止されることとなった[160]


注釈

  1. ^ 法域 (jurisdiction) とは、ある法体系によって支配されている領域をいい、単一国家の場合は国家の領域と法域が一致するが、アメリカ合衆国の場合は連邦と各州それぞれが独立した法体系を形成しているため、それぞれが法域に当たる。参照:浅香 (2000: 3)。
  2. ^ トライアル (trial) とは、刑事事件及び民事事件において、事実認定を行う陪審又は裁判官の前で、証人尋問等の証拠調べを行うとともに、双方当事者が弁論を行う英米法上の手続である。
  3. ^ 陪審は事実認定だけでなく、認定した事実に、説示された法を適用する作業も行う。浅香 (2000: 100)、丸山 (1990: 9)。
  4. ^ そのような批判がされた例として、日本人留学生射殺事件の刑事裁判で、日本人留学生を射殺した男性に12人全員の一致で無罪評決が出された事例がある。
  5. ^ アメリカの場合、ほとんどの法域で、陪審員には1日数十ドル程度の日当と交通費が支払われる。浅香 (2000: 111)。連邦裁判所の場合、日当は1日40ドル (28 U.S.C. §1871(b)(1))。
  6. ^ 例外として、アメリカの州のうち、インディアナ州メリーランド州ジョージア州では陪審が法と事実の双方を決めるとの憲法の規定があるが、いずれの州の判例もその規定を限定的に解釈しており、陪審が恣意的に裁判官の説示を離れて法律判断を行うことは認めていない。Leipold, Anderew D. (1997). “Race-based Jury nullification: Rebuttal (Part A)”. John Marshall Law Review 30: 923. 
  7. ^ アメリカでは、合衆国憲法修正5条(日本語訳/原文)で保障されている。
  8. ^ そのような活動を行うアメリカの団体として、FIJAが知られている。参照:FIJAウェブサイト
  9. ^ 死刑求刑事件では双方20人ずつ、それ以外の重罪事件(自由刑の上限が1年を超える)では被告人側が10人で検察側が6人、軽罪事件(罰金刑又は自由刑の上限が1年以下)では双方3人ずつの理由なし忌避を行使することができる。
  10. ^ 無罪判決による審理の終了は陪審の評決前にも可能である。Ibid. (591-592)。
  11. ^ 例えば、原告の訴状に、求める救済内容を基礎付けるだけの主張が記載されていない場合、被告の申立てによって訴えは却下 (dismiss) される。連邦民事訴訟規則Rule 12(b)(6)、浅香 (2000: 70)。
  12. ^ 再審理を命じるか否かは、裁判官の裁量が大きい。丸山 (1990: 90)。
  13. ^ Administration of Justice (Miscellaneous Provisions) Act 1933。後述の1981年最高法院法69条により改正。
  14. ^ ただし州裁判所の略式手続で選択可能な量刑は、The Crime and Punishment (Scotland) Act 1997 s.13により、倍の6か月になった(2000年の時点で未施行)。
  15. ^ 情状に関する事実の尋問・証拠調べは、陪審の答申後に行うこととされていた(大審院昭和4年10月19日判決・刑集8巻537頁)。
  16. ^ なお、このうちの1件、普天間事件に陪審員として参加した伊佐千尋は、この裁判を題材としてノンフィクション『逆転』を執筆した。そこでの実名の使用がプライバシー権の侵害となるか否かが後に訴訟で争われ(ノンフィクション「逆転」事件)、その最高裁判決はプライバシーに関するリーディングケースとなった。

出典

  1. ^ アメリカの陪審トライアル手続につき、#アメリカの陪審制で引用の文献、特に浅香 (2000: 116-118, 128-129)、丸山 (1990: 82-91)、LaFave (2004: Ch.16)。イギリスにつき、Sprack (2008: Ch.20, 21)。
  2. ^ 裁判員制度Q&A
  3. ^ 裁判員制度Q&A。
  4. ^ F・W・メイトランド『イングランド憲法史』創文社、1981年、P.11。
  5. ^ Few (1993: vol.1, p.14)。
  6. ^ U.S. Courts、丸山 (1990: 8)。
  7. ^ Few (1993: vol.1, p.10)。
  8. ^ Few (1993: vol.1, p.10)。
  9. ^ 丸山 (1990: 8)、U.S. Courts。
  10. ^ ABA (1-2)。
  11. ^ Jury system in the dock” (英語). BBC (2000年1月13日). 2008年9月26日閲覧。
  12. ^ Timothy Sexton (2007年1月8日). “The History and Future of the Jury System in America” (英語). Associated Content. 2008年9月26日閲覧。[リンク切れ]
  13. ^ 丸田 (1990: 64-65)、ABA (1-2)。
  14. ^ 丸山 (1990: 8)、U.S. Courts、ABA (2)。
  15. ^ Vidmar (2000: 55)。
  16. ^ U.S. Courts、ABA (2)。
  17. ^ U.S. Courts。
  18. ^ 丸田 (1990: 66-67)。
  19. ^ ABA (3)。ジョン・ピーター・ゼンガー事件につき、フット (2007: 244)。
  20. ^ ABA (3-4)。
  21. ^ Strauder v. West Virginia, U.S. Reports 100巻303号(連邦最高裁・1880年)。
  22. ^ ABA (4)。
  23. ^ Alexis de Tocqueville, Democracy in America (1835). アメリカ国務省解説[リンク切れ]の引用部分。
  24. ^ フット (2007: 241-243)。
  25. ^ a b Duncan v. Louisiana, U.S. Reports 391巻145頁(連邦最高裁・1968年)。従来の判例を変更したもの。
  26. ^ フット (2007: 244)。
  27. ^ フット (2007: 245)。
  28. ^ フット (2007: 246-248)。
  29. ^ 丸山 (1990: 10)。
  30. ^ 浅香 (2000: 104-109)。同書は実証的研究に基づいた事実認定能力についての分析の重要性を強調する。
  31. ^ 浅香 (2000: 105-106)、フット (2007: 249-250)。
  32. ^ 平野 (2006: 144, 277-278)。
  33. ^ 丸山 (1990: 66)、フット (2007: 252)。
  34. ^ フット (2007: 252)。平野 (2006: 70)は、トライアル(事実審理)は小説や映画では劇的で華やかな場面として描かれるが、実務はそれほど華やかなものではないと言及する。
  35. ^ 浅香 (2007: 106)。
  36. ^ 浅香 (2000: 101)、丸山 (1990: 10)。
  37. ^ Vidmar (2000: 53)、Sprack (2008: 19.02)。
  38. ^ LaFave (2004: 499)。
  39. ^ フット (2007: 243-244)。
  40. ^ LaFave (2004: 499-500)。
  41. ^ 浅香 (2000: 109-110)、フット (2007: 244)。
  42. ^ Duncan v. Louisiana, U.S. Reports 391巻145頁(引用箇所187頁)(連邦最高裁・1968年)。
  43. ^ United States v. Thomas, 116 F.3d 606(連邦控訴裁判所〔第2巡回区〕・1997年)。
  44. ^ 同旨の州最高裁判決として、People v. Williams, 21 P.3d 1209, 25 Cal.4th 441(カリフォルニア州最高裁・2001年)-同州最高裁サイト・仮刷版[リンク切れ](PDF)。
  45. ^ LaFave (2004: 500)。
  46. ^ フット (2007: 255)。
  47. ^ Vidmar (2000: 37-38)。
  48. ^ Sheppard v. Maxwell, U.S. Reports 384巻333頁。
  49. ^ Nebraska Press Association v. Stuart, U.S. Reports 427巻539頁(連邦最高裁・1976年)。
  50. ^ LaFave (2004: 533)。
  51. ^ LaFave (2004: 533)。
  52. ^ Press-Enterprise Co. v. Superior Court, U.S. Reports 478巻1頁(連邦最高裁・1986年)、Globe Newspaper Co. v. Superior Court, 同457巻596頁(連邦最高裁・1982年)。
  53. ^ フット (2007: 256-257)、LaFave (2004: 526-527)。
  54. ^ フット (2007: 255)、LaFave (2004: 541-544)。
  55. ^ LaFave (2004: 544)。
  56. ^ LaFave (2004: 544-555)。
  57. ^ フット (2007: 255-256)、LaFave (2004: 545-551)。
  58. ^ フット (2007: 256)、LaFave (2004: 607-608)。
  59. ^ 浅香 (2000: 118)、フット (2007: 256)、丸山 (1990: 88)、LaFave (2004: 607-608)。
  60. ^ Vidmar (2000: 38-39)。
  61. ^ Vidmar (2000: 39, 58)。
  62. ^ 丸山 (1990: 9)。
  63. ^ 樋口 (1994: 138)。
  64. ^ 参照:樋口 (1994: 153)。
  65. ^ LaFave (2004: 431)。
  66. ^ アメリカ合衆国憲法3条訳文(ウィキソース)、原文(同英語版)
  67. ^ 修正6条訳文(ウィキソース)、原文(同英語版)。なお原文では権利章典8条である(権利章典1条及び2条は憲法修正として承認されなかったため、条数が繰り上がった)。
  68. ^ 修正14条訳文(ウィキソース)、原文(同英語版)。
  69. ^ Baldwin v. New York U.S. Reports 399巻66頁(連邦最高裁・1970年)、Blanton v. City of North Las Vegas, U.S. Reports 489巻538頁(連邦最高裁・1989年)。
  70. ^ Apprendi v. New Jersey, U.S. Reports 530巻466頁(連邦最高裁・2000年)、Blakely v. Washington, U.S. Reports 542巻296頁(連邦最高裁・2004年)。
  71. ^ Israel (2008: 23)。
  72. ^ Patton v. United States, U.S. Reports 281巻276頁(連邦最高裁・1930年)、Singer v. United States, U.S. Reports 380巻24頁(連邦最高裁・1965年)。
  73. ^ 連邦刑事訴訟規則Rule 23(a)。前掲Singer v. United States判決により合憲とされた。
  74. ^ LaFave (2004: 501)。
  75. ^ 連邦刑事訴訟規則 Rule23
  76. ^ LaFave (2004: 502)。
  77. ^ Williams v. Florida, U.S. Reports 399巻78頁(連邦最高裁・1970年)。
  78. ^ Ballew v. Georgia U.S. Reports 435巻223頁(連邦最高裁・1978年)。
  79. ^ 28 U.S.C. §1865合衆国法典28編1865節)、LaFave (2004: 502-503)。
  80. ^ 28 U.S.C. §1866、LaFave (2004: 503)。
  81. ^ LaFave (2004: 503)。
  82. ^ 連邦刑事訴訟規則Rule 24(a)
  83. ^ LaFave (2004: 512)。
  84. ^ 連邦刑事訴訟規則Rule 24(b), LaFave (2004: 516)。
  85. ^ LaFave (2004: 516)。
  86. ^ LaFave (2004: 601)。連邦裁判所における説示の時機や内容に関しては、連邦刑事訴訟規則Rule 30参照。
  87. ^ 平野 (2006: 72-73)、丸山 (1990: 87-89)。
  88. ^ Israel (2008: 23)。連邦裁判所で全員一致が必要であることにつき、連邦刑事訴訟規則Rule 31(a)。
  89. ^ Apodaca v. Oregon, U.S. Reports 406巻404頁(連邦最高裁・1972年)。
  90. ^ Burch v. Louisiana, U.S. Reports 441巻130頁(連邦最高裁・1979年)。
  91. ^ LaFave (2004: 616)。
  92. ^ LaFave (2004: 609-611)。
  93. ^ フット (2007: 241-242)、LaFave (2004: 660-662)。
  94. ^ LaFave (2004: 611-612)。
  95. ^ LaFave (2004: 622)。
  96. ^ 修正7条訳文(ウィキソース)、原文(同英語版)。なお原文では権利章典第9条である。
  97. ^ 連邦民事訴訟規則Rule 2” (英語). Cornell University Law School Legal Information Institute. 2008年9月1日閲覧。
  98. ^ 連邦民事訴訟規則Rule 39(c)。
  99. ^ Tull v. United States, U.S.Reports 481巻412頁(連邦最高裁・1987年)、Chauffeurs, Teamsters and Helpers Local No. 391 v. Terry, U.S.Reports 494巻558頁(連邦最高裁・1990年)。
  100. ^ Beacon Theatres v. Westover, U.S.Reports 359巻500頁(連邦最高裁・1959年)。
  101. ^ 浅香 (2000: 97)。
  102. ^ 連邦民事訴訟規則 Rule 38
  103. ^ 連邦民事訴訟規則 Rule 56、浅香 (2000: 96)。
  104. ^ フット (2007: 236)。
  105. ^ Colgrove v. Battin, U.S. Reports 413巻149頁(連邦最高裁・1973年)。
  106. ^ a b 連邦民事訴訟規則Rule 48
  107. ^ 浅香 (2000: 112)。
  108. ^ 28 U.S.C. §1870合衆国法典28編1870節)。
  109. ^ なお、連邦裁判所における民事事件の説示につき、連邦民事訴訟規則Rule51参照。
  110. ^ 連邦民事訴訟規則Rule 50(a)(3)。
  111. ^ 浅香 (2000: 128)、丸山 (1990: 88)。
  112. ^ 浅香 (2000: 128)、連邦民事訴訟規則Rule 49(a)。
  113. ^ 浅香 (2000: 112)。
  114. ^ 連邦民事訴訟規則Rule 50(b)(3)。
  115. ^ 浅香 (2000: 140)、連邦民事訴訟規則Rule 59
  116. ^ 平野 (2006: 142)。
  117. ^ フット (2007: 236-237)。
  118. ^ Ostrom (2004: 5)。
  119. ^ フット (2007: 236-237)。
  120. ^ Annual Report of the Director 1997-2007”. Administrative Office of the United States Courts. 2008年9月28日閲覧。[リンク切れ] - 各年とも、民事新受件数はTable C-1、刑事新受件数はTable D-1(Cases)、トライアル件数はTable C-7による。
  121. ^ Ostrom (2004: 12-15, 26, 28)。
  122. ^ Ostrom (2004: 17-22, 27, 29)。
  123. ^ フット (2007: 238-239)、Harris Interactive (2004年). “Jury Service: Is Fulfilling Your Civic Duty a Trial?”. 2008年9月28日閲覧。[リンク切れ]
  124. ^ Few (1993: vol.2, p.438)、Vidmar (2000: 53, 57, 62)。
  125. ^ Your guide to Jury Service” (英語). Her Majesty's Courts Service. pp. 1頁. 2008年10月31日閲覧。[リンク切れ]
  126. ^ Sprack (2008: 13.07, 18.01)。正式起訴犯罪の送付につき、Crime and Disorder Act 1998, s.51;選択的起訴犯罪の送致につき、Magistrates' Courts Act 1980, ss.18-21, 23。
  127. ^ Magistrates' Courts Act 1980
  128. ^ Sprack (2008: 19.04, 19.05)。Criminal Justice Act 2003, s.43。
  129. ^ Criminal Justice Act 2003, s.44。
  130. ^ Sprack (2008: 19.11)。
  131. ^ O'Neill, Sean (2008年2月11日). “Judge may sit alone in drugs case deemed too dangerous for a jury”. The Times. http://business.timesonline.co.uk/tol/business/law/article3346769.ece 2008年3月16日閲覧。 
  132. ^ Domestic Violence, Crime and Victims Act 2004 (Commencement No 7 and Transitional Provision) Order 2006, SI2006/3423
  133. ^ Criminal Justice Act 1988, s.122
  134. ^ Vidmar (2000: 61-62)。
  135. ^ Coroners Act 1988, s.8(3)
  136. ^ Lord Mackay of Clashfern (ed.) (2006) Halsbury's Laws of England, 4th ed. reissue, vol.9(2), "Coroners", 979. 'Where jury is necessary.'
  137. ^ Department for Constitutional Affairs (2006年). “Coroners Service Reform Briefing Note”. pp. 6. 2008年12月10日閲覧。
  138. ^ Cairns (2002: 176, 178. cf. Google Book)。
  139. ^ Hanly (2005)
  140. ^ Ward v. James (1966) 1 QB 273, CA at 290 per Lord Denning
  141. ^ Ford v. Blurton (1922) 38 TLR 801, CA
  142. ^ Cairns (2002: 220. cf. Google Book)。
  143. ^ Ward v. James (1966), 1 QB 273, CA
  144. ^ Vidmar (2000: 59)。
  145. ^ Singh v. London Underground Ltd (1990), インデペンデント紙、1990年4月26日。
  146. ^ Supreme Court Act 1981 (c. 54) (The UK Statute Law Database).
  147. ^ Vidmar (2000: 59)。
  148. ^ Sprack (2006: 21.34-21.37)。
  149. ^ Vidmar (2000: 251)。
  150. ^ Vidmar (2000: 252-253)。
  151. ^ Vidmar (2000: 254)。
  152. ^ Vidmar (2000: 247)。
  153. ^ Vidmar (2000: 266)。
  154. ^ Vidmar (2000: 267, 269)。
  155. ^ Vidmar (2000: 272-273)。
  156. ^ Vidmar (2000: 250)。
  157. ^ Civil Jury Trials: An Introduction” (英語). 2008年10月31日閲覧。[リンク切れ]
  158. ^ Civil Jury Trials: Frequently Asked Questions” (英語). 2008年10月31日閲覧。[リンク切れ]
  159. ^ Vidmar (2000: 309)。
  160. ^ “Diplock Courts” (英語). BBC. (2007年7月3日). http://news.bbc.co.uk/2/hi/programmes/law_in_action/6265734.stm 2008年11月1日閲覧。 
  161. ^ Vidmar (2000: 特に421-447)。
  162. ^ Vidmar (2000: 12, 123-)。
  163. ^ 日本弁護士連合会. “世界各国の市民参加制度:カナダの陪審制度”. 2008年9月30日閲覧。
  164. ^ Vidmar (2000: 12-13)。
  165. ^ “韓国「市民が参加」間近 試行、日本関係者も注目”. 朝日新聞. (2008年1月30日). http://www.asahi.com/special/080201/TKY200802270042.html 2008年9月30日閲覧。 ;なお、ジュリスト1295号147頁。
  166. ^ 佐藤 (2001)。
  167. ^ Powles, Michèle. “A Legal History of the New Zealand Jury Service — Introduction, Evolution, and Equality?” (英語). Victoria University of Wellington Law Review. 2008年11月1日閲覧。[リンク切れ]
  168. ^ Vidmar (2000: 12, 167-)。
  169. ^ 佐藤 (2001)。
  170. ^ 日本弁護士連合会. “世界各国の市民参加制度:ロシアの陪審制度”. 2008年9月30日閲覧。
  171. ^ 丸田 (1990: 127-128)。
  172. ^ 丸田 (1990: 128-129)。
  173. ^ 我が国陪審裁判、丸田 (1990: 130, 133)。
  174. ^ 吉田健「国民の司法参加(下)」調研室報1979-3、朝日新聞社調査研究室、1979年、69頁(『我が国陪審裁判』所収)。
  175. ^ 利谷信義「日本の陪審法-その内容と実施過程の問題点-」自由と正義35巻13号、1984年(『我が国陪審裁判』所収)。
  176. ^ 岡原昌男「『陪審法ノ停止ニ關スル法律』に就て」法曹会雑誌21巻4号、1943年、16頁(『我が国陪審裁判』所収)。
  177. ^ フット (2007: 66)。
  178. ^ 大川 (2007: 184)。
  179. ^ 岡原昌男「『陪審法ノ停止ニ關スル法律』に就て」『法曹会雑誌』21巻4号、1943年、16頁(『我が国陪審裁判』所収)。
  180. ^ フット (2007: 72)。
  181. ^ 大川 (2007: 184-185)、フット (2007: 264-265)、司法制度改革審議会 (2001年6月12日). “司法制度改革審議会意見書-21世紀の日本を支える司法制度-”. 2008年10月12日閲覧。
  182. ^ a b c d 大田=鳥毛 (1992)。





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「陪審制」の関連用語

陪審制のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



陪審制のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの陪審制 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS