よきとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 活用形辞書 > よきの意味・解説 

よ き [1] 【予期】

( 名 ) スル
あらかじめ期待覚悟すること。 「 -したとおりの結果」 「 -に反して

よき [1] 【良き・佳き】

文語形容詞「よし」の連体形から〕
( 名 )
良いこと。良いもの。
連体
よい。 「彼とは-ライバルだ」 「きょうの-日に」

よき 【斧

おの。手おの。 「木こりの、山守に-をとられて/宇治拾遺 3

よき 【雪

「ゆき」の上東国方言。 「上野かみつけの伊香保の嶺()ろに降ろ-の/万葉集 3423


好き、良き、善き


好き、良き


避き

読み方:よき

【文語】カ行四段活用動詞避く」の連用形、あるいは連用形名詞したもの

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

善き

読み方:よき

古語あるいは文語におけるク活用形容詞善し」(よし)の連体形。「善きかな」(善き哉)、「善き事なり」といった言い回しで用いられることがある

「よし」は「望ましいことである」という意味で広範に用いられる表現である。漢字表記は「良し」「善し」「好し」のように複数の字が充てられるが、特に「善し」は道理道義にかなっている、倫理的道徳的正しい、という意味合い込めて用いられる。

「善きかな」という表現場合喜び言祝ぎ賞賛する、といった意味合い込めて用いられる言い方といえる。この意味では「善哉」(ぜんざい)とも同義である。

よき

大阪弁 訳語 解説
よき おの(斧) 与岐。斧、手斧、横切。刃幅の狭い縦斧のこと。全国的に広い範囲で使われている。


よき

[古]斧(よき)[意]小型の斧、手斧

ようけ(よき、ゆうけ)

  [意]いっぱい、たくさん[例]ようけ、かるうちょるが、しょわねえな(たくさん背負っているけれど、大丈夫ですか)

(よき から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/15 06:53 UTC 版)

(おの、よき)は、片手、もしくは両手持ちの柄の先に厚くて重い刃を装着した叩き切るための刃物である。




  1. ^ アメリカのマーブルス社製の「セーフティアックス」など。
  2. ^ a b 戸田藤成. 武器と防具 日本編. 新紀元社. 
  3. ^ 戸田藤成. 武器と防具 日本編. 新紀元社. 
  4. ^ 近藤好和. 騎兵と歩兵の中世史. 吉川弘文館. 
  5. ^ トマス・D・コンラン. 図説 戦国時代武器防具戦術百科. 原書房. 
  6. ^ 日本書紀 景行天皇
  7. ^ 日本書紀 神功皇后
  8. ^ 日本思想大系 律令』 岩波書店 1976年
  9. ^ 角田文衛上田正昭 監修 『古代王権の誕生 Ⅰ 東アジア編』 角川書店 2003年 p.12.
  10. ^ 使用例として、『土佐物語』巻第十五「信親死骸葬る事」に、天正14年(1586年)の一揆の際、「大の男が大斧(まさかり)をもって打ちかかるが、中島重房16歳は打ってきたと同時に飛び、斧を踏み落として、斬りつけた」という記述がみられる。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「よき」の関連用語

よきのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



よきのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2019 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
全国大阪弁普及協会全国大阪弁普及協会
Copyright (C) 2000-2019 全国大阪弁普及協会 All Rights Reserved.
豊語林豊語林
Copyright (C) 2019 豊語林 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの斧 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS