おんとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 品詞の分類 > 修飾語 > 接辞 > 接頭語 > おんの意味・解説 

おん【×唵】

読み方:おん

《(梵)oṃの音写インドの宗教哲学で、神聖で神秘的な意味をもつとされる語。仏教でも、真言陀羅尼(だらに)の冠頭に置かれることが多い。帰命(きみょう)・供養あるいは仏の三身を表すとするなど、種々の解釈がある。


オン【on】

読み方:おん

[名](スル)

スイッチ入った状態。機械などが作動中の状態。⇔オフ

ゴルフで、ボールグリーンにのること。「第2打で―する」

《「オンタイム」の略》仕事中であること。「―とオフ切り替える」⇔オフ

他の外来語の上に付いて上にある接している、その状態にあるなどの意を表す。「―ザロック」「―ライン

[補説] 3日本語での用法


おん【御】

読み方:おん

接頭《「おおん」の音変化名詞に付いて尊敬相手への尊敬を含む)の意を表す。「お」よりも敬意強く、やや改まった場合用いられる。「―身」「―礼」

[補説] 中古の「御」は「おおん」と読むのが妥当とされる中世ごろには「御所ざまの御やうも御(おん)ゆかしくて」〈とはずがたり・五〉のように形容詞(さらに形容動詞など)に付くこともあった。→おおん


おん【怨/×苑/園/遠/×厭】

読み方:おん

〈怨〉⇒えん

〈苑〉⇒えん

〈園〉⇒えん

〈遠〉⇒えん

〈厭〉⇒えん


おん【恩】

読み方:おん

[音]オン(呉)(漢)

学習漢字6年

めぐみ。いつくしみ情け。「恩愛(おんあいおんない)・恩恵恩師恩賜恩赦恩情恩人恩寵(おんちょう)・恩典感恩旧恩君恩厚恩高恩鴻恩(こうおん)・謝恩重恩大恩朝恩仏恩報恩忘恩

名のり]おき・めぐみ


おん【恩】

読み方:おん

人から受ける、感謝すべき行為恵み情け。「―を施す」


おん【温】

読み方:おん

[音]オンヲン)(呉)(漢) ウン(唐) [訓]あたたか あたたかい あたたまる あたため ぬくい

学習漢字3年

たたかい。「温気(おんき・うんき)・温室温泉温暖

あたたかさ度合い温度。「気温検温高温常温水温体温地温低温適温保温

顔色や心がおだやかである。「温顔温厚温情

大切にする。「温存

おさらいをする。「温故温習

名のりあつ・あつし・いろ・おつ・すなお・ただす・なが・ならう・のどか・はる・まさ・みつ・やす・ゆたか・よし

難読温州(うんしゅう)・温明殿(うんめいでん)・微温湯(ぬるまゆ)・微温(ぬる)む


おん【穏〔穩〕】

読み方:おん

常用漢字] [音]オンヲン)(呉)(漢) [訓]おだやか

落ち着いている。おだやか。「穏健穏和安穏(あんおんあんのん)・静穏不穏平穏

名のり]しず・とし・やす・やすき


おん【陰/飲/隠/×蔭】

読み方:おん

〈陰〉⇒いん

〈飲〉⇒いん

〈隠〉⇒いん

〈蔭〉⇒いん


おん〔をん〕【雄】

読み方:おん

おす。お。⇔雌(めん)。

「―はいないのだが、どこかで子種もらって来たよ」〈志賀暗夜行路


おん【音】

読み方:おん

[音]オン(呉) イン(漢) [訓]おと ね

学習漢字1年

[一]オン

おと。「音響音質音波擬音跫音(きょうおん)・玉音高音轟音(ごうおん)・雑音消音心音騒音低音爆音美音防音録音

音楽のふし。ねいろ。「音頭(おんど)・音符音律楽音主音半音和音

言葉の音声的な要素。「音韻・音声唇音清音舌音促音濁音短音長音同音発音撥音(はつおん)・鼻音表音拗音(ようおん)」

漢字の読み方の一。中国語音に由来するもの。「音訓漢音呉音字音唐音和音

たより。「音信

[二]イン

おと。「余音

音楽。「知音

言葉の音声的な要素。「子音母音

たより。「音信音物(いんもついんぶつ)/疎音訃音無音(ぶいん)・福音

[三]〈おと〉「足音雨音(あまおと)・羽音(はおと)・水音物音

[四]〈ね〉「音色遠音初音本音(ほんね)・弱音

名のりお・と・なり


おん【音】

読み方:おん

【一】[名]

おと。ねいろ。「ドの―」

人の口から発せられる言構成する一つ一つのおと。「『ひ』と『し』の―を混同する

漢字の読み方の一。日本に伝来して国語化した漢字の発音伝来した時代や、もとになる中国語の方言などにより、一つ漢字数種の音をもつこともある。呉音漢音唐音などが主なもの字音漢字音。「―で読む」⇔訓(くん)。

【二】接尾助数詞

言葉構成する一つ一つのおとを数えるのに用いる。「俳句5・7・517からなる

音楽で、全音または半音数えるのに用いる。「1―下げて歌う」


おん 【恩】

漢字の恩は心と因の会意兼形声文字で、「心の上にのしかかって何かの印象を残すこと。恵み与えてありがた印象を心にしるしたこと」と説明されるが(藤堂明保編『学研漢和大字典』)、仏教説く四恩父母の恩衆生の恩国王の恩・仏法僧三宝の恩)や、キリスト教説く恩恵(英Grace神の人間に対す働きかけ)は、能動態ではなく受動態としてのものであって人間に恩の思想出てきたのは、宗教的感情によるとみてよいであろう。恩は初め自然の恵みに対する感謝の気持ち感知され、やがて部族抗争助け英雄などに意識されていき、さらに神・仏といった形而上無形)の世界求められるようになったと考えられる中国では、親の子に対する慈愛に恩を感じ、恩の原義は「恵」なりとするが(『説文解字』)、親の恩も自然恩・英雄恩の範疇に属すものといってよいであろう仏教に「棄恩」の思想があるが、それは「恩愛」を棄てること(出家)であり、恩愛純粋な「恩」とは異なるとみてよいであろう正しく恩を知ることを知恩という。→ 恩愛

~おん

方言 意味
~おん ~ですよ、~だよ(終助詞)、「~もの」の転訛 「聴いでらおん」=聴いているんですよ


おん

甲州弁意味用例
おん

おん

品詞名詞
標準語》(家畜などの)おす【雄】
反対語》めん(「めんた」とも)。

読み方:おん

  1. 検事。〔第二類 人物風俗
  2. 検事
  3. じけん(※「じけん」)の条を見よ。〔犯罪語〕
  4. 検事を云ふ。告訴する権利あるより。

分類 犯罪犯罪

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

読み方
おん

読み方
おん

おん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/04 19:26 UTC 版)

「御」の記事における「おん」の解説

平安時代までは、ま行音の前以外では「おん」(古い表記では「おむ」)という語形一般的だった

※この「おん」の解説は、「御」の解説の一部です。
「おん」を含む「御」の記事については、「御」の概要を参照ください。


おん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/08 07:34 UTC 版)

「あずみ」の記事における「おん」の解説

西国領地暮ら孤児少年幹太らと一緒に暮らす知恵遅れなせいで幹太以外の他の子供たちからよくいじめられており、親方のぺっ熊からもよく殴られる。ぺっ熊に殴られているところを助けてもらったをきっかけに千代蔵仲良くなる。あずみにとっても一緒に暮らした孤児たちの中でも特に思い入れある子供になった。あずみはおんが他の子供いじめられているのを目撃した時、あえて助けずいじめっ子たちが帰っていった後におんを抱きかかえて褒め教育をしていた。

※この「おん」の解説は、「あずみ」の解説の一部です。
「おん」を含む「あずみ」の記事については、「あずみ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「おん」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

「おん」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「おん」の関連用語

1
100% |||||


3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

おんのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



おんのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2023 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
津軽語辞典津軽語辞典
Copyright (C) 2023. All rights reserved.
うっち~の甲州弁研究所うっち~の甲州弁研究所
Copyright(c) うっち ~の甲州弁研究所 All rights reserved.
鳥取弁辞書鳥取弁辞書
Copyright (C) 1996-2023 gonbe007
皓星社皓星社
Copyright (C) 2023 株式会社皓星社 All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの御 (改訂履歴)、あずみ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS