長久手の戦いとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 長久手の戦いの意味・解説 

小牧・長久手の戦い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/12/09 19:19 UTC 版)

(長久手の戦い から転送)

小牧・長久手の戦い(こまき・ながくてのたたかい)は、天正12年(1584年)に、羽柴秀吉(1586年、豊臣賜姓)陣営と織田信雄徳川家康陣営の間で行われた戦い。名称に関し、江戸時代の合戦記では「小牧」や「長久手」を冠したものが多く、明治時代の参謀本部は「小牧役」と称している。ほかに「小牧長久手の役」、さいきんでは「天正十二年の東海戦役」という名も提唱されている[3]




  1. ^ 岩澤(2000)p.38
  2. ^ 小和田(2006)p.133
  3. ^ 長久手町史編さん委員会(1991)、参謀本部(1908)、花見(1942)、白峰旬「小牧・長久手の戦いに関するデータベース ――城郭関係資料を中心として――」p.42(『小牧・長久手の戦いの構造 戦場論 上』)。記事名に関し議論がある。ノート参照のこと。
  4. ^ 家康と信雄の小牧山進出(部隊が占領していないという意味ではない)に関し、参謀本部、花見、岩澤は3月15日のこととしている。しかし谷口は29日とする。参謀本部(1908)p.17、花見(1942)p.25、岩澤(2000)p.39、谷口央「小牧・長久手の戦いから見た大規模戦争の創出」p.115(『小牧・長久手の戦いの構造 戦場論 上』)
  5. ^ 参謀本部(1908)p.21。谷口は3月11日近江国坂本、21日美濃国池尻、24日岐阜、29日楽田とする。谷口央「小牧・長久手の戦いから見た大規模戦争の創出」pp.94-5
  6. ^ 参謀本部(1908)pp.24-5、花見(1942)pp.33-36
  7. ^ 参謀本部(1908)p.25
  8. ^ 参謀本部(1908)p.34
  9. ^ 日本戦史(1908)pp.35-37
  10. ^ 参謀本部(1908)pp.37-39、花見(1942)p.44
  11. ^ 武田茂敬『蟹江城合戦物語』武田茂敬、2008年(原文献『浅野家文書』)
  12. ^ 長久手町史編さん委員会(2003)p.40の文書100、あるいは愛知県史編さん委員会(2007)p.164の373
  13. ^ 岩澤(2000)p.40
  14. ^ 長久手町史編さん委員会(2003)pp.276-278
  15. ^ 谷口央「小牧・長久手の戦いから見た大規模戦争の創出」p.97
  16. ^ 参謀本部(1908)pp.56-60、花見(1942)pp.62-67
  17. ^ 跡部信「秀吉の人質策」pp.201-230(『小牧・長久手の戦いの構造 戦場論 上』)
  18. ^ 高橋修「尾張・紀伊徳川家における『小牧・長久手合戦』の研究と顕彰」pp.267-279(『近世成立期の大規模戦争 戦場論 下』)


「小牧・長久手の戦い」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「長久手の戦い」の関連用語

長久手の戦いのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




長久手の戦いのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの小牧・長久手の戦い (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS