視覚 視覚の概要

視覚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/17 14:14 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
マカルト五感フランス語版』より『視覚』

概説

視覚とは、いわゆる五感のひとつであり、エネルギー網膜上の感覚細胞に対する刺激となって生じる感覚のことである[3]。「視覚」という言葉は、形態覚、運動覚、色覚、明暗覚などの総称として用いられている[3]

視覚によって、外界にある物体の運動テクスチャ奥行きなどについての情報、物体のカテゴリーについての情報[要出典]、物体の位置関係のような外界の空間的な情報などが得られる。また、自己の運動に関する情報も視覚から得られ、時に視覚誘導性自己運動感覚などを引き起こす原因ともなる[4]

「したがって、視覚は光情報をもとに外界の構造を推定する過程とみなせる」と言われる[誰によって?]脊椎動物神経系では、可視光は網膜において符号化され、外側膝状体 (LGN) を経て大脳皮質において処理される。[5]

本稿ではヒトを中心に、動物の視覚のみを扱う。脊椎動物(ヒトを含む)、節足動物昆虫甲殻類)、軟体動物タコイカ)など、多くの動物が視覚を持つ。

なお、視覚を用いて認識することを「見る(みる)」といい[6]、転じて、「読む」「会う」「試す」などの意味もある(「試す」の意味での「見る」は、一般的には仮名書きされる)。遠くから大局を眺める、というニュアンスや、あるいは、深い認識の過程(いわゆる「心の目」)のほうを積極的に使う、といったニュアンスを含む場合は「観る」とも書く。

視覚の研究史

前史

古代ギリシアエンペドクレス[7]は、目の中にのようなものがあって、その火から発射されたビーム英語版が外界の物にぶつかることにより物が見えるのだと考えた[8]プラトン[9]は、目から放出される射線が日の光と一体化して、対象物に届くとした。この他、ガレノスやプトレマイオスを含め、眼からの能動的な働きかけで視覚が生じるとする考えを外送理論(英語版)という[10]。これに対して、古代原子論者アリストテレス、中世イスラム圏イブン・ハイサム、近世ヨーロッパのケプラー等は、内送理論、すなわち外界から飛んできた何かを目が受容することにより物が見えるのだと考えた[10]。後述する近現代の神経科学は内送理論にあたる。

プラトンはまた、視覚を聴覚とともに、対象から離れても成立するため、他の感覚より優れたものと位置付けた。西洋ではこの見解が継承され、伝統的に、視覚および聴覚に関わるもののみが芸術とみなされてきた。

イギリス経験論では、視覚は他の感覚入力との連合によって説明された。経験論哲学における有名な問題として、「球体立方体触覚的に判別できる先天盲者が開眼手術を受けたとき、盲人は視覚的に球体と立方体を判別できるか」というモリニュクス問題がある。経験論によれば、視覚は他の感覚と連合されていないため、開眼時点では視覚的な判断はできないと結論された。ヘルムホルツは視覚を感覚入力をもとにした無意識的推論の過程であると見なした。例えば、小さなものや遠くにあるものは、網膜上では同じように小さく見える。しかし、我々は小さな顔を見たとしても、顔が小さいと知覚することはなく、顔が遠くにあるように知覚する(大きさの恒常性)。このことは、「顔というものは実際にはこの程度の大きさのはずだから、網膜上で顔が小さいということは遠くにあるのだろう」という推論を我々が無意識的に行っているのだと解釈された。

神経科学

1866年にシュルツ固定染色法により、形態的に異なる2種類の光受容器(桿体錐体)があることを確認した。1930年代にハートラインは単一視神経の光応答をカブトガニより初めて測定し、受容野の概念を提唱した。1950年代にクフラー網膜神経節細胞が拮抗的受容野を持つことを発見した。1950年代後半にヒューベルヴィーゼルは、大脳皮質の神経細胞は線分などの特徴を持つ刺激に対して選択的に応答することを報告した。また、発達期に視覚刺激の入力が遮断されると、遮断された刺激に対して選択的応答を示す神経細胞の数は減少することを報告した。1970年代後半になりパッチクランプ法が開発されると、視細胞の光受容機構の研究が進んだ。1990年代には脳機能イメージング技術が進展した。


  1. ^ 文部省学術用語集 心理学編』日本心理学会日本学術振興会、1986年。ISBN 4-8181-8602-3
  2. ^ 文部省『学術用語集 動物学編』日本動物学会丸善、1988年、増訂版。ISBN 4-621-03256-9
  3. ^ a b c 広辞苑』新村 出、岩波書店、1998年、第5版、1141頁。ISBN 978-4000801119
  4. ^ 日本認知科学会編『認知科学辞典』共立出版 ISBN 4-320-09445-X p.54 北﨑充晃「ヴェクション」
  5. ^ コンピュータビジョンでは、光センサーからの光情報の入力をもとにした処理が行われる。
  6. ^ 『広辞苑』新村 出、岩波書店、1998年、第5版、2582頁。ISBN 978-4000801119
  7. ^ アリストテレス感覚と感覚されるものについて』に引用される。DK.B17
  8. ^ Finger, Stanley (1994). Origins of neuroscience: a history of explorations into brain function. Oxford [Oxfordshire]: Oxford University Press. pp. 67-69. ISBN 978-0-19-506503-9. OCLC 27151391 
  9. ^ ティマイオス』45b-46b
  10. ^ a b 持田辰郎 (2009). “アルハゼンとケプラーにおける視覚像 : ケプラーの残した問題とデカルト・1”. 名古屋学院大学論集 人文・自然科学篇 45-2: 12. https://doi.org/10.15012/00000412. 
  11. ^ (科学の扉)光もたらす人工視覚/網膜を刺激 脳に画像情報■「顔判別」めざす朝日新聞』朝刊2018年11月26日(扉面)2019年9月23日閲覧






視覚と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「視覚」の関連用語

視覚のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



視覚のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの視覚 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS