the GazettEとは? わかりやすく解説

the GazettE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/04/28 09:20 UTC 版)

the GazettE(ガゼット)は、日本ヴィジュアル系バンド[3]。所属事務所は株式会社HERESY。


  1. ^ a b c d e f g Buchanan, John D.. the GazettE | Biography & History - オールミュージック. 2021年3月19日閲覧。
  2. ^ Daisuke Kikuchi (2012年10月18日). “Fans of the GazettE spread news abroad”. ジャパンタイムズ. オリジナルの2013年12月28日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131228063558/http://www.japantimes.co.jp/culture/2012/10/18/culture/fans-of-the-gazette-spread-news-abroad/#.WCXwPiTXg2w 2017年2月2日閲覧。 
  3. ^ the GazettE、20周年ライヴ目前に最新ヴィジュアル公開!”. 激ロック (2022年2月10日). 2022年2月13日閲覧。
  4. ^ a b the GazettE、ベーシストのREITAさん死去「所属メンバーや社員は未だ戸惑いの中」【報告全文】”. ORICON NEWS (2024年4月16日). 2024年4月16日閲覧。
  5. ^ 皆様へ大切なお知らせ”. The GazettE オフィシャルサイト. 2024年4月18日閲覧。
  6. ^ 『REAL READ』Vol.001、224-225頁より。
  7. ^ 『Neo genesis』2005年Winter、89頁より。
  8. ^ a b c d 『REAL READ』Vol.001、228頁より。
  9. ^ a b c 『FOOL'S MATE』2006年10月号、12頁より。
  10. ^ 『ROCK AND READ』Vol.005、167-168頁・『FOOL'S MATE』2006年10月号、12頁より。
  11. ^ 『FOOL'S MATE』2010年9月号、157頁より。
  12. ^ 『FOOL'S MATE』2010年10月号、9-10頁より。
  13. ^ 『FOOL'S MATE』2010年11月号、23-25頁より。
  14. ^ 『ROCK AND READ』Vol.033、10頁より。
  15. ^ 『FOOL'S MATE』2010年12月号、15頁より。
  16. ^ 『FOOL'S MATE』2010年12月号、16頁より。
  17. ^ 『FOOL'S MATE』2010年12月号、19頁より。
  18. ^ FAN’S VOICE!>>>the GazettE 十五周年記念公演 大日本異端芸者「暴動区 愚鈍の桜」 3/10(金)国立代々木競技場第一体育館”. DI:GA ONLINE (2017年4月6日). 2022年2月13日閲覧。
  19. ^ 9年ぶりに開催する野外公演へ向けて絶賛準備中のthe GazettEが、野外ライヴの想い出、富士急への意気込みを語る!”. DI:GA ONLINE (2017年6月1日). 2022年2月13日閲覧。
  20. ^ 【ライブレポート】the GazettE、特別な記憶を焼き付けた<BURST INTO A BLAZE 3>”. BARKS (2017年8月26日). 2022年2月13日閲覧。
  21. ^ the GazettE、NEW AL『NINTH』決定。序章となる新曲「Falling」MV公開”. BARKS (2018年3月10日). 2022年2月13日閲覧。
  22. ^ the GazettE、ロングツアーとなった『NINTH』を最高の形で締めくくる!ワールド・ツアーから帰国したばかりの麗(Gt)と葵(Gt)、戒(Dr)にインタビュー!”. DI:GA ONLINE (2019年8月9日). 2022年2月13日閲覧。
  23. ^ the GazettE、結成19周年記念日に3年ぶり新曲「BLINDING HOPE」をサブスク配信&MV公開 10枚目ニューアルバムの情報も解禁”. SPICE - エンタメ特化型情報メディア スパイス (2021年3月10日). 2022年2月13日閲覧。
  24. ^ the GazettE、10thアルバム『MASS』の最新アーティスト写真解禁 アルバム・トレーラー映像も公開”. SPICE - エンタメ特化型情報メディア スパイス (2021年5月10日). 2022年2月13日閲覧。
  25. ^ the GazettE、5/26リリースに先駆けてアルバム『MASS』から2曲のラジオOA解禁が決定!”. 激ロック (2021年5月13日). 2022年2月13日閲覧。
  26. ^ the GazettE、過去ライブ映像作品をYouTubeで3夜連続限定公開 ニューアルバム『MASS』リリースを記念して”. SPICE - エンタメ特化型情報メディア スパイス (2021年5月23日). 2022年2月13日閲覧。
  27. ^ the GazettE、2020年3月10日以降の日々を語る”. BARKS (2021年5月27日). 2022年2月13日閲覧。
  28. ^ the GazettE、ニューAL『MASS』世界8つの国・地域でiTunesアルバムチャート1位獲得”. BARKS (2021年5月28日). 2022年2月13日閲覧。
  29. ^ the GazettE、アルバム『MASS』国内サブスク配信”. Rolling Stone Japan (2021年9月17日). 2022年2月13日閲覧。
  30. ^ the GazettEが2年ぶりライブ開催、東名阪3会場で”. 音楽ナタリー (2021年7月26日). 2021年12月24日閲覧。
  31. ^ 【インタビュー】the GazettE、2年ぶりのライブ開催「ファンに自分達の居場所が戻ってきたなと思ってほしい」”. BARKS (2021年10月15日). 2022年2月13日閲覧。
  32. ^ the GazettE RUKI(Vo)に聞く、2年ぶりのライブで感じたものと「BLINDING HOPE」に込めた想い”. SPICE - エンタメ特化型情報メディア スパイス (2021年10月15日). 2022年2月13日閲覧。
  33. ^ the GazettE、メンバーの体調不良により本日開催予定だったライブの中止決定”. 音楽ナタリー (2021年11月1日). 2021年12月24日閲覧。
  34. ^ the GazettE、20周年記念公演<20th ANNIVERSARY -HERESY->開催決定”. BARKS (2021年12月23日). 2021年12月24日閲覧。
  35. ^ the GazettE、2022年3月10日に20周年記念公演『20th ANNIVERSARY -HERESY-』開催決定”. SPICE - エンタメ特化型情報メディア スパイス (2021年12月23日). 2021年12月24日閲覧。
  36. ^ the GazettE、3/10に20周年記念公演"20th ANNIVERSARY -HERESY-"開催決定!”. 激ロック (2021年12月23日). 2022年2月13日閲覧。
  37. ^ the GazettE、「18TH ANNIVERSARY『DAY/6576』」開催&ライブDVDリリース!!”. DI:GA ONLINE (2020年2月15日). 2022年2月13日閲覧。
  38. ^ the GazettE live09 A HYMN OF THE CRUCIFIXION 12月24日 at 東京ビッグサイト 東棟屋内展示場”. musicJAPANplus (2010年1月22日). 2010年1月26日閲覧。


「the GazettE」の続きの解説一覧

the GazettE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/08 00:55 UTC 版)

「the GazettE」の記事における「the GazettE」の解説

2006年2月2ndアルバムNIL』をリリースそれに伴いロゴ一新され表記も"the GazettE"に変更される(後にインタビューで"この頃早く大日本異端芸者捨てたかった"と語っている)。同アルバム引っ提げて開催され全国ツアーNameless Liberty.Six Guns...」のファイナル公演にて自身初の日本武道館でのワンマンライブ成功させる同年11月10thシングルFilth in the beauty』のリリースに伴いテレビ番組HEY!HEY!HEY!」にゲスト出演自身初のゴールデン番組出演となった2007年7月3rdアルバムSTACKED RUBBISH』をリリースしツアーPulse Wriggling To Black」を開催。同ツアー01(ホールツアー)/1.5(ヨーロッパツアー)/02(スタンディングツアー)/03(ファンクラブ限定ツアー/04(ホールツアー)/GRAND FINALE区切りおよそ1年かけて敢行され、全72公演におよぶバンド史最長ツアーとなった01ファイナル自身2度目となる日本武道館GRAND FINALE大阪城ホール代々木第一体育館(2デイズ)で開催2008年2月上記ツアー(「Pulse Wriggling To Black」)の最中に12thシングル紅蓮』をリリース同時期にジェムケリーとのコラボレーション・アクセサリーを限定発売し、そのテレビCM表題曲使用された(のち2010年末に18thシングルPLEDGE』で再びジェムケリーとのコラボレーションを行う)。同年11月12日に13thシングルLEECH』をリリースし、初のオリコン・デイリーチャート1位を記録15日新宿ステーションスクエアにてシークレットライブ行ったところ約7,000人のファン殺到し、2曲を演奏したところで中止となったこの様子はネット生中継されると共に後日めざましテレビ内で特集された。 2009年3月25日に14thシングルDISTRESS AND COMA』をリリース発売日にはSHIBUYA-AXにて1,700限定抽選参加ライブ中心にSHIBUYA‐BOXXでの抽選会前述ライブ抽選)、渋谷PARCOでの映像放映と、渋谷3会場でのイベント開催した同年7月には4thアルバムDIM』をリリース10月には15thシングルBEFORE I DECAY』を発表し表題曲映画ワイルド・スピード MAX」の日本版イメージソング日本語吹き替え版エンディング、およびCM曲)に起用された。 2010年7月21日リリースの16thシングルSHIVER』より、キングレコードからSony Music Recordsレコード会社移籍シングル表題曲バンド初のアニメタイアップ「黒執事II」のオープニングテーマ曲起用された。その後Red』、『PLEDGE』とシングルコンスタントリリースし同年12月26日全国ホールツアー「TOUR 10 NAMELESS LIBERTY SIX BULLETS」の最終公演として「TOUR 10 NAMELESS LIBERTY SIX BULLETS FINAL [THE NAMELESS LIBERTY]」を自身初となる東京ドームにて開催した2011年東北地方太平洋沖地震の影響により3月23日予定されていたライブDVD『THE NAMELESS LIBERTY AT 10.12.26 TOKYO DOME』と『TRACES BEST OF 2005-2009』のリリース延期となる。同年8月の「SUMMER SONIC 2011」を皮切りに9月には「イナズマロックフェス 2011」への出演と、国内大型ロックフェス参加するうになる2012年5月ライブDVD「TOUR11-12 VENOMOUS CELL FINAL OMEGA LIVE AT 01.14 YOKOHAMA ARENA」をリリースしオリコンDVD週間チャート総合部門と音楽部門で1位を記録2013年6月25日オフィシャルYouTubeチャンネルを開設Sony Music Records移籍後MV一挙公開した2013年9月、初のワールドツアー「the GazettE WORLD TOUR 13」(全7か国9公演)を敢行2014年、「再定義」と題し過去6作のアルバムのリバイバルツアーをファンクラブ会員限定開催リリース順に2作品ずつで分け、「NAMELESS LIBERTY DISORDER HEAVEN」、「PULSE WRIGGLING TO DIM SCENE」、「GROAN OF VENOMOUS CELL」と題した3ツアー1年かけて行った2014年9月14日氣志團主催する音楽フェスティバル氣志團万博2014房総パニック!激突!!~」に2度目となる出演2014年10月19日日本最大のメタルフェス「LOUD PARK 14」に出演2015年3月10日日本武道館にて「13TH ANNIVERSARY[13-T H I R T E E N-]」を開催。翌3月11日19:00 より「PROJECT:DARK AGE」と題されプロジェクトの開始告知された。この「PROJECT:DARK AGE」は8thアルバムDOGMA』のリリースに伴いバンド支え13人のクリエイターフィーチャーする企画として発足し、『DOGMA』のMVではスタッフクレジットが入るなどした。(2017年現在特設サイト消失している。) 2016年9月18日氣志團主催する音楽フェスティバル氣志團万博2016 ~房総ロックンロール・チャンピオン・カーニバル~」に3度目となる出演2016年11月6日Slipknot主催する音楽フェスティバルKNOTFEST JAPAN 2016」の2日目出演2017年3月10日国立代々木競技場第一体育館にて初期コンセプト大日本異端芸者」を掲げた十五周年記念公演暴動愚鈍」を開催2014年開催した「再定義ツアー」にて対象外だった楽曲フォーカスされ、2005年までリリースされバンド初期の曲のみでセットリスト組まれた。同公演ソールドアウトを受け、4月から同コンセプトでの追加公演HERESY LIMITED TOUR17」を東名阪行った2017年8月11日、「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017」の3日目出演2017年8月19日、およそ9年ぶりとなる野外ワンマンライブBURST INTO A BLAZE 3」を富士急ハイランド・コニファーフォレストにて開催1万動員2017年12月29日、「COUNTDOWN JAPAN 1718」の3日目出演2018年6月13日9thアルバムNINTH』を発売2018年8月12日、「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018」の4日目出演2018年9月16日氣志團主催する音楽フェスティバル氣志團万博2018房総爆音爆勝宣言~」に4度目となる出演2019年4月自身度目となるワールドツアーWORLD TOUR 19 THE NINTH PHASE #04 -99.999-」を北米南米EUアジア全世界12か国(地域16公演開催2019年8月10日、「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2019」の3日目出演2019年9月23日、全61公演に及ぶツアーファイナル公演横浜アリーナにて開催2020年3月10日18周年記念公演 「18TH ANNIVERSARY DAY/6576」を自身初となる武蔵野の森総合スポーツプラザ メインアリーナでの開催予定していたが、2月26日新型コロナウイルス影響による中止発表2021年3月10日バンド10作目となるニューアルバム「MASS」のリリース先駆けて、 約3年ぶりの最新曲「BLINDING HOPE」がデジタルダウンロード及びストリーミング配信された。 2021年5月26日10thアルバムMASS』を発売2021年9月全国3会場にて「LIVE 2021 -DEMONSTRATION EXPERIMENT- BLINDING HOPE」を開催2022年3月10日国立代々木競技場第一体育館にてバンド結成20周年記念公演20th ANNIVERSARY -HERESY-」を開催。。

※この「the GazettE」の解説は、「the GazettE」の解説の一部です。
「the GazettE」を含む「the GazettE」の記事については、「the GazettE」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「the GazettE」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「the GazettE」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

the GazettEのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



the GazettEのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのthe GazettE (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのthe GazettE (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS